時効で消費者金融の借金を踏み倒せる?

キャッシングベスト3

時効が成立すれば簡単に消費者金融の借金は踏み倒しできる

消費者金融から借金をしてしまいました。毎月の返済が負担になって生活が苦しくなってきました。周囲に相談したら、消費者金融からの借金なら時効が成立すれば簡単に借金は踏み倒しできると友人は言っていますが、どこまで本当なのですか?

最悪の事態よりもマシ。という意味では本当

借金を支払わないまますますことができるか?という相談ですね。消滅時効は5年です。ただしお友達のお話のように時効を成立させるためには単に待っているだけでは、時効は成立しません。日本の法律は弱者保護を前提に立法されています。借金に苦しむことになった場合、あなたが法的に弱者になります。そして踏み倒しを意図した場合、消費者金融などの債権者が弱者になるからです。

貸借契約が不履行になった時点で、債権者である消費者金融は法的に保護される立場になります。ですから、返済を延滞すると督促できたり、また一括請求ができますし、連帯保証人に対して請求できたりするわけです。あるいは訴訟を起こすこともありえることになります。

何より消滅時効は強力な法的保護ですから、あなたが友人の勧めに従って行動を起こした場合、債権者である消費者金融は法的救済を求めた処理を進めることになります。幾つかの手続きを経て訴訟を起こした場合、消滅時効は延長されることになり10年になります。つまりあなたは時効が成立したと思っていたとしても、そうではない場合があることになります。

つまり消滅時効が成立するためには、消費者金融が前述した権利の数々、督促、一括請求、連帯保証人への請求、そして訴訟手続きなどを行使しない状態が一定期間継続する必要があることになります。これらの処置を講じることで消滅時効のための計算機間は停止、あるいは中断します。

このような諸々の手続きを債権者が執行しないことが前提ですから、消滅時効の成立は相当ハードルが高いことになるはずです。お友達はそれらの手続きを十分に考慮された上でお話されているのでしょうか。事態はあるいはご自身だけの問題ではなくなるかもしれず、周囲の人たちを巻き込んで消滅時効を目指される必要があるかも知れません。

そして幸運にして債権者たる消費者金融が一切の権利と期間利益を放棄して消滅時効の期間が満了したとき、あなたは最後の手続きを執行できることになります。それが消滅時効の援用という手続きになります。この消滅時効の援用の手続きを行なっていなければ、時効は適用されず債務は残ったままになります。

消滅時効による借金の踏み倒しは相当に大変、長期間にわたる作業になります。ですから、ほとんど全ての人はその手段以外の方法をお勧めすることになります。新たな収入の確保、公的機関の支援など、生活に困窮されているのなら、生活の立て直しのための支援システムが自治体に用意されているからです。あるいは支払い利息の再設定、支払い期間の再調整といった弁済方法の相談には消費者金融は乗ってくれるはずです。

追い詰まった生活の中で、前門の虎後門の狼といった気分で日々を送られているかも知れませんが、命を落とすよりもマシ、そして長年にわたって人生を無駄にするよりも遥かに良い方法はきっとあるはず。慎重に検討をしていただくことをお勧めします。

踏み倒して時効を迎えれば消費者金融の返済は必要ないという考え

テレビである人がインタビューをされていました。その人はある罪を犯していたのですけれども、それが時効を迎えたので結局罪に問われることなく、普通に暮らしていました。その普通に暮らしている状況をマスコミが嗅ぎつけて、どう思うのか?事件に対して何か反省はないのか?などをしつこく聞いているというものでした。

なかなかセンセーショナルなニュースだなぁと思う反面、時効を迎えて罪に問えないとしてもこのようになるんだなというのがよく分かる瞬間でもありました。すなわち、ニュースで捉えられているように、消費者金融で時効を迎えて借金を踏み倒しても、それは毎日楽しく暮らせるものではないということです。

消費者金融や銀行系カードローンで借り入れをしたお金というのは、債務と呼ばれていて、この債務には時効が存在します。この時効を迎えるまでの数年間、返済をせずに逃げまわっていれば踏み倒すこともできるかもしれません。しかし踏み倒す事ができたとしても、このように穏やかな暮らしができるわけではないのです。

ということ一番いいことは踏み倒すようなことや時効について逃げまわるということを考えずに、コツコツ消費者金融のお金を返済していくことです。コツコツ返済すればそこまで厳しい金利では最近は貸し出ししないようになっていますし、必ず返済できます。そして数十万円程度の借り入れのために人生を無駄にする必要はありません。

ちなみにたとえ逃げたとしても、この時効というのは非常にややこしいルールになっているのですぐに時効がストップしてしまうことになります。そうすると時効にはならないですし、場合によっては延長してしまうこともあります。そうなったらまた踏み倒すまでの間逃げ回らなければならないということになり、結局楽しい人生を送れないのです。

簡単に時効なんて言うものは消費者金融を使うときには考えない方がいいでしょう。そんなことよりも自分たちがどれだけコツコツ返済をしていけるか、そのための返済計画を考えていたほうがよほど賢いと思います。未来や将来のためにも踏み倒しは絶対にやめておくべきです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.