みずほ銀行のカードローンの解約方法は?

キャッシングベスト3

カードローンの中でもみずほ銀行は解約方法が簡単?

カードローンの解約方法ってだれでも知っているわけではないと思いますが、どの業者が簡単というのはありますか?みずほ銀行なんかは結構カードローンの利用者が多いんですけれども、解約方法っていうのは簡単なのでしょうか。

最近ネットのサービスなどではかなり解約までに時間がかかるよなもの増えているので、できるだけ使わなくなったら簡単に解約できるようなものがいいと思っています。

解約方法は簡単。みずほ銀行カードローンは窓口へ行こう

最近のインターネット系のサービスというのは変わってきているらしく、アカウントを削除することすら出来ないようなものも増えてきていると聞きました。そうなると面倒だと考える人も多いでしょう。カードローンでも同じようなもので、解約方法というのはわかりにくい物が多いでしょうが、みずほ銀行カードローンならば窓口へ行くだけで大丈夫なので簡単でしょう。

いちいち窓口に行くことすら面倒だという考え方もあるでしょう。なんといっても申し込みの時には窓口に行ったという人は少ないでしょうし、ほとんどの人がネットであるとか無人契約機を使っているはずです。であれば、ネットで申し込みをしてローンカードを返せばそれでいいじゃないかと思いそうなものです。

しかし残念なことに、ローンカードをそのまま返すということは出来ずみずほ銀行カードローンでは窓口での対応ということになっています。解約方法自体は単純で一つしかないので分かりやすいと言えるでしょう。その時には銀行員とローンカード、そして自分のことがわかる身分証明証を持って行くとスムーズに手続きをしてもらえるでしょう。

解約方法がわかって窓口に行く前には「もう使うことはないのかどうか」や「他の業者への借り換えをするなら先に借入の申込をしなければならないのかどうか」などのチェックをしてから行くようにしましょう。みずほ銀行カードローンはその場で解約することになりますから、解約をしたらもう一度一から審査を受けることになります。解約してからすぐに審査を受けると印象は悪いでしょうから慎重にしましょう。

【参考ページ】
みずほ銀行のカードローンを解約したい方はこちらへ

みずほ銀行のカードローンとその解約方法について

給料日前やボーナス前など、お金があまりないときに、どうしてもまとまったお金が必要になったら、困ってしまいますね。海外旅行の旅費、引っ越し代、お子さんの大学への進学費用、結婚資金など、もちろん、ある程度予想していれば予めためておくことが多いでしょうけど、予期せずそのようなお金が急に必要になってしまうこともあります。

そんなときには、カードローンを利用して、銀行などの金融機関から借りるという手もあります。このローンは、個人向けの無担保ローンの一種ですが、利便性に大変優れています。ローン契約会社から発行されたローンカードをATMで使用して、ATMで普通にお金を引き出すような形で借り入れができます。また、店舗などでの借り入れと違い、人と対面することもないので、気兼ねなく借り入れすることができますね。

カードローンは、現在、多くの銀行や信用金庫などで取り扱われています。しかし、あまりにも多くの金融機関があるので、どこのローンを利用するのが一番いいのか、初めて利用される方は迷ってしまいますね。そんなときには、みずほ銀行など、信用力のある大手銀行グループのローンに申し込むことをおすすめします。
(⇒カードローンを利用できる会社名を一挙にご紹介

みずほ銀行のカードローンの特徴としては、他の金融機関のローンと比べて金利が低い点が挙げられます。現在、実質年率4.0%~14.0%であり、業界内での最低水準の金利となっています。また、利用限度額は最大で1000万円であり、他のローンの限度額が500万円程度であるのと比べれば驚きの額です。

なお、カードローンは、限度額の範囲内でいつでも借り入れができる反面、他のローン(例えば、住宅ローンやマイカーローン)の申し込みの際に、カードローンで実際に借り入れを行っていなくても、限度額満額まで借り入れを行っていると判断されて、審査で落とされてしまうことがあります。(こちらもご参考に→審査が簡単なカードローンと言えば?

そのため、しばらく利用しない場合は、みずほ銀行に連絡してローンの解約を申し込むことも検討しましょう。みずほ銀行の店舗で解約できますので、詳細な解約方法については店舗で尋ねられるとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.