みずほ銀行カードローンの位置づけは?

キャッシングベスト3

銀行系の中でみずほのカードローンはどのくらいの位置?

銀行系カードローンってかなりたくさんあると思うんですが、その中でも有名業者っていうのはいると思います。例えばみずほのカードローンなんて銀行系カードローンの中でも有名ではあると思います。ただ有名であることと条件面での優劣というのはちょっと違うんじゃないかと思います。

実際多くの人にも利用されているであろうみずほのカードローンというのは銀行系の中ではどういう位置づけになっているんでしょうか。「こういう人がよく使う」というような特徴等があるんでしょうか?

銀行系カードローンの中ではみずほは利用しやすいとされる

みずほ銀行カードローンというと知らない人はいないくらいのいい業者、そういうように思われているでしょうが大手の他の業者と比べて何か特徴があると思われているのか?というと、実はみずほの場合は大手の中でも使いやすいというイメージを持たれている人が多いかと思います。理由も簡単で、かなり幅広い人が使っているからです。

普通、大手の銀行系カードローンだったら使える人は限られていると思うかもしれません。しかし、大手の銀行系カードローンの中でもみずほは使いやすいとして、多くの人に好まれて使われているようです。かなり幅広い層に使われているので、例えば消費者金融をメインで使っていたというような信用が低い人も、みずほのカードローンなら使えたりするようです。

理由としてはそんなにも審査が厳しくない、というのがあるようです。大手の銀行系カードローンはみずほ以外だと結構厳しいというイメージが有るようですが、今のところみずほだとかなり緩いようです。増額申請なども通りやすく、他の借り入れをせずにみずほだけを使い続ければ十分、そう思って使っている人も少なくないようです。

ですのでみずほの銀行系カードローンの特徴としては幅広い人が使うくらい、審査も緩いということが言えると思います。審査も緩いとなると、借り入れが出来る人も増えて、しかもみずほのカードローンに頼り切りになる人も増えるでしょう。そして満足度も上がっていくというわけです。大手の中ではかなり利用率の高い銀行系カードローンではないでしょうか。

低金利・大きな融資枠・利便性の高いみずほ銀行カードローン

近年カードローンの利用者が増えている中、数多くの会社が参入してきており、どこを選ぶのが賢い選択なのか分かりにくくなっています。ここでおすすめのカードローンはどういったところか紹介しまーす。

2010年に総量規制が制定され、貸金業者は年収の3分の1以下しか融資ができなくなりました。総量規制が制定されるまでは、低所得の利用者が年収の半分以上借り入れ、返済が追い付かなくなってしまうとう事態が多発していました。

しかし、銀行はこの総量規制の対象外ですので、最高融資額が貸金業者よりも大きく設定しているところが大半です。また、銀行は資金集めを預貯金からもできますので、利率が比較的低めに設定されています。そのため、貸金業者よりも今は銀行系のカードローンがおすすめといえます。

その中でも、特にみずほ銀行カードローンは、年利が4.0%?最大でも14.0%と最低水準であり、安心です。これは最大金利で比較しても、貸金業者より4%程低い利率です。また、最高融資額が1,000万円と非常に高額で、これはメガバンクの中でも飛び抜けて高額です。そのため、高額融資を希望する方やおまとめローンを利用したい方にとっては特に魅力的です。

しかし、実は高額融資を希望しなくても、安定した職業と年収、これまでの他社の借り入れ状況から審査を受けて通るようであれば、最高融資額を高めに設定しておくとお得です。みずほ銀行カードローンは、借り入れる金額に関わらず、利用者が設定している限度額によって金利が決まるからです。

ですので、限度額を高く設定すればするほど、少額の借り入れも低い金利で融資を受けることができるのです。高額に設定することに抵抗がある方もいるかと思いますが、自分が借り入れるのはいくらまで、と初めにしっかりと決め、返済計画を立てて利用すれば、低金利は結果的にお得になるはずです。

そして、メガバンクということで、全国に支店が多いこと、全国の多くのコンビニエンスストアのATMで取扱いがあることで、借り入れ・返済がどこでもでき、非常に利便性が高いことも魅力的です。
ぜひ、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.