みずほ銀行のカードローンで解約するには

キャッシングベスト3

みずほ銀行のカードローンを解約したいのですが…

私の諸事情により個人的にみずほ銀行のカードローンを解約したいと思っています。なかなか人気の業者ということもあって、解約したいとか解約したことがあるという声がほとんどなく、どうしたらいいのかがわかりません。

普通、銀行系カードローンというのは特に何もしなくても解約になるのでしょうか。それともみずほ銀行のカードローンはなにか特別なことをしないと解約できないような制約があるのでしょうか。やり方がわからないのでぜひ教えて下さい。

みずほ銀行のカードローンは解約するなら窓口へ行くべし

カードローンの解約というのはあまりされることはないんですけれども、もしローンカードを手放したい、カードローン口座を無くしたいというのであれば、まずあみずほ銀行の窓口に行きましょう。残念ながら今はネット上で解約をすることはできないのでローン対応をしてくれる専用の窓口に行って、解約を行うしかありません。

「なんだかみずほ銀行のカードローンは解約するのが面倒だな」と思うかもしれませんが、これは何もみずほ銀行だけが特殊なわけではなく、他の業者でも同じようにネット上では解約をすることができないのです。ローンセンターであるとかローン窓口に行って解約をするしかほとんどの業者ではできません。基本的に解約はしないもの、というふうに考えているからでしょう。

みずほ銀行のカードローンの場合、解約するならまずはローンカード、返済用口座の銀行印、そして免許証などの身分証明証を持ってきてください。そして窓口に行って「カードローンを解約したいのですが」と話をすれば解約の手続きを行ってくれます。解約手続き自体はその場で終えてくれるでしょう。申込時の審査よりも圧倒的に早いです。

以上の方法でみずほ銀行のカードローンは解約をすることができます。意外に簡単な方法なのですが、この方法を教えてくれるところというのがすごく少ないのはその通りです。他の業者でも似たようなものですから、まずは解約をするなら電話をしてやり方を聞くか、窓口に必要な物を持って行って訪ねてみてください。

みずほ銀行のカードローン解約方法について

みずほ銀行のカードローン解約方法について、銀行を始めとして金融機関や消費者金融からカードローンを借りていた場合におけるそのカードローンの解約方法ですが、まずはローン額をすべて返済し、借りているものがない状態にする必要があります。

借りているものがなければ、そのカードローンを借りていなければならない理由もなければ、みずほ銀行を始めとして貸す側の金融機関や消費者金融なども当然ではありますが、そのまま貸しておいても仕方がないわけですし、解約を申し込まれれば自然と解約に応じてくれる運びになります。

あとはそれぞれの窓口に行って、みずほ銀行であればその借りた時の窓口で契約を解除したいと申し出れば、契約解除に必要な書類や説明を金融機関側からしてくれますので、その説明に従って書類の準備を行っていくことになります。もし、まだ数百円であるとか数十円であるとか微細な端数分が残っている場合には、その端数分をその場で返済して処理が進められる流れになります。

不要なカードなどは原則として解約をしておく方が望ましいと言えます。なぜならば、そういったカードが手元にあるとつい借りてしまう人がどうしても出てきてしまいます。あらかじめ借りることができない状態にしておけば、借りてどうこうするといったこともなくなります。

また、契約の解除をしておけば、その他の必要なクレジットカードなどの更新時に限度額を増額してもらえたりする可能性もありますので、不要なカードで特に年会費などを支払わなければならないものなどは契約を解除することも考えておく必要があります。

なお、自己破産や民事再生などの裁判所に申し立てる類の法的債務整理を行った場合には、契約を強制的に解除されることになりますが、万が一裁判所での手続きが不調になった場合は、残りの債務をしっかりと払い続けていく必要がありますし、一度こうした法的整理を申し出たことは、信用情報会社に履歴が残ります。

【参考ページはこちら】
初心者には安心・安全のカードローン情報を

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.