カードローンのアラカルトはどんな商品?

キャッシングベスト3

アラカルトというカードローンを勧められたけど大丈夫?

聞いたこともないような消費者金融や銀行系カードローンに手を出すのはかなり勇気の必要なことですが、銀行系カードローンでも消費者金融なのかもわからない、アラカルトというカードローンを友人に薦められました。友人は昔使っていてよかったというのですが、このアラカルトというのはどういうものなのでしょう?

まだ詳細がわからないので使いづらいのですが、もし使えるならば使いたいと思っています。アラカルトはどういうカードローンなのでしょうか。

カードローンのアラカルトは地方銀行の扱う商品だ

聞いてことがないような中小の業者を使うというのはほんとうに怖いことで、絶対に有名業者しか使いたくないという人も少なくないと思います。それは悪くはないのですが、アラカルトのようなカードローンもあるということは知っておいたほうがいいでしょう。あまり知られていない名前ではありますが、実はこれは地方銀行の出しているカードローンなのです。

岐阜商工信用組合という信用組合が扱っているカードローンがアラカルトなのです。あまり有名ではない信用組合ですし、そんなに使えないと思うかもしれません。確かに大手や有名業者に比べるとネームバリューはありませんが、利用条件などを見てみると以外に驚いてしまうかもしれません。このアラカルトの年利は平均的な銀行系カードローンよりも1%は低くなっています。

これだけ低いのも驚きですが借り入れできる限度額も300万円までありますから、それだけの借入ができれば十分なくらいの限度額でしょう。ネットからも申し込みができるし、ネットからファックスからも申し込みできます。かなり便利な業者であることは間違いありません。ほとんど知らないという人の方が多いと思いますが、アラカルトは使えるのです。

こういうアラカルトのような業者というのは少なくありません。名前はあまり知られていないのに調べてみると実は地方銀行や信用金庫などが扱っている商品で、信用できるどころか条件もかなりいいというものもあるのです。ですからかなり知らない業者を薦められても最初から拒否をせずに一度調べてみたほうがいいでしょう。
(⇒カードローンを利用できる会社名を一挙に紹介!

【参考ページはこちら】
カードローン選びに重要な審査基準

信用組合系カードローン:アラカルトも人気です

自営業者は、景気の浮き沈みが直接生活に反映します。政府や日銀の景気判断を発表する前から、自分の生活感覚で景気が上がっているか、下がっているかが判断できると言います。個人タクシーを運営している人なども、そのようなことをよく言いますね。
(⇒個人事業者向けの消費者金融カードローンはどこ?

しかし、景気には必ず波があります。周期によってそれぞれ名称は違いますが、悪い波だけが永遠に続くことはありません。悪い波の後は、良い波が来ます。この繰り返しです。悪い波のときでも十分やっていけるような預貯金を持っていれば良いのですが、なかなかそううまくはいきません。

生活費に少しだけ困った、などというときは、カードローンがあると便利です。カードローンとは、借り入れの限度額までならば、いつでも、何度でも、再契約が必要なく借りられるローンのことです。ATMで引き出し可能です。返済もATMで大丈夫です。事業資金の借り入れなどとは異なり、金額もさほど大きくはありません。本当に、ちょっとした生活費や急な出費などに使えるカードです。

カードローンは、あらゆる金融機関から出されています。銀行、消費者金融、信用組合、信用金庫などです。申し込む場合は、それぞれの金融機関の条件を比較してみましょう。そのうえで、一番自分に合ったものを選びます。単純に金利を比較するだけではなく、借り入れ上限額や、返済方法なども比較してみましょう。

また、申し込むと必ず審査があります。信用審査ですね。借入れたお金を、きちんと計画的に遅滞なく返済してくれる人かどうか、を審査されます。この点で考えれば、縁もゆかりもない金融機関にカードローンを申し込むよりは、これまで長く付き合いのある金融機関に申し込んだほうが、信用はすでに構築されているので有利になる可能性があります。

長く付き合いのある金融機関という意味で、地元密着の信用組合系カードローンなども、自営業者などには人気です。信用組合系は、アラカルトという名称のローンを出しています。該当する人は、こちらも一度調べておいたほうが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.