青銀のカードローンはどのくらいの実力?

キャッシングベスト3

審査が緩いようにみえる青銀のカードローンの実力は?

青森銀行こと青銀のカードローンというのを知ったのですが、色々と見ている限りではかなり審査のゆるい、いいカードローンのように思えました。私の素人目で見るとそう見えるだけなのかもしれませんが、実際には審査が緩い、いいカードローンなのでしょうか。

審査は緩めで金利も低い、いいカードローンを持つ青銀

青銀は青森銀行の略で地域に密着している地方銀行ですけれども、この青銀のカードローンが審査が緩いかどうかといえばそれなりに緩い方に入ると思います。もちろん地方銀行であると言っても銀行系カードローンですから消費者金融のように簡単に借り入れできるというものではありません。審査はちゃんとありますけれども、大手と同じくらいではないと言えるでしょう。

青銀の場合は審査がある程度緩いという以外にも金利が低めに設定されているという特性を持っています。例えばですが借り入れをどんなに少なくして信用が低い状態であっても、だいたい銀行系カードローンの平均値よりも低くなっています。少額で借りても低めというのはちょっとだけしかつか予定がない人にとってみるとすごく助かると思います。

また青銀の場合は所得確認というものも不要になっています。パート・アルバイトや正社員だったら給料明細を持ってきたり、源泉徴収票を持ってきたりしなければなりませんが、そういうものは必要ないのです。自営業者や会社経営をしているのであれば確定申告書を持って行くことが多いでしょうが、そういうものは必要ありませんから審査は楽だと言えます。

他にも自動融資もありますしサービスとしては申し分ない業者ではないかと思います。青銀のカードローンはどうしても地元の人が中心になってしまウノは仕方ないことだとは思いますが、青銀のカードローンはダメで大手の銀行系カードローンのほうが確実に使えるということはありません。ちゃんと借り入れができるのであれば、審査の緩さから金利の低さまでを比較すると、青銀は全く劣っていないのです。

実力的に言えば大手の銀行系カードローンよりも上、といえるかもしれません。
(⇒カードローンが利用できる会社名を一挙大公開!

【参考ページはこちら】
一般的に利用されているカードローンの申込み方法

新しい商品も誕生!青銀のカードローンのラインナップとは

青森県青森市に本店を置く青銀こと青森銀行では、各種ローン商品とともにカードローン商品の提供にも力を入れています。なかでもあおぎんカードローン「あおたす」は、平成26年3月1日より取り扱いが開始された新しいローン商品で、東京支店を除く全店舗で提供されています。

この「あおたす」はあおぎんカードサービス株式会社との提携によって誕生した商品で、極度額は最大で500万円という設定になっています。申し込みできるのは満20歳以上満65歳未満の人で、担保や保証人は必要ありません。使途についても自由です。金利は年率4.8%から14.5%に設定されています。

「あおたす」の特徴は、希望すれば自動融資サービスを利用することができることです。このサービスは公共料金などの引き落としの際に、預金残高が不足していれば自動的に不足分が融資されるサービスです。うっかり入金するのを忘れていた場合や、どうしても資金繰りができなかった場合などに活用することができます。

また青銀には消費者金融大手アコムとの提携によるカードローン商品も用意されています。この商品は「Aキャッシング」といい、極度額は「あおたす」と同じ500万円となっています。金利の設定も現在のところ同じ年率が適用されています。この商品の特徴は主婦やパートでも利用可能なところにあります。また審査の結果「あおたす」の利用が叶わなかった場合に、この「Aキャッシング」についての審査をおこなうことも可能です。

このほかにも青銀ではWEB専用のカードローンとして「ポチカ」という商品を提供しています。この商品はインターネットや郵送のみで取引が完結するというのが特徴で、最大で300万円の融資を受けることができます。自宅に居ながら全ての手続きが完結できるというのが魅力ですが、青森銀行に口座を有していることが条件となっており、もし口座が無い場合は店舗を訪れて口座を開設する必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.