カードローンを使いながらフラット35は…

キャッシングベスト3

フラット35の審査はどこまでカードローンを見てる?

フラット35を使いたいと思っているんですが、今ちょっとした悩みがあります。それはカードローンを使っているということです。カードローンを使っていることでフラット35が使えなくなってしまうんじゃないか、というような心配があります。

実際の審査をするときにはどの程度カードローンというのは影響をされるのでしょうか。フラット35を利用している人にとってみれば、カードローンの借入をしすぎている場合には審査に落ちるとか、使っていても問題がないなど色々な話を聞きますので、情報を整理させてください。

フラット35とカードローンの関係なら利用額がポイントだ

まずフラット35を使っている人の中にはカードローンを組んで使っているという人は少なくありません。実はそれなりの人数がカードローンも使いながらフラット35を組んでいるのです。逆にフラット35を使おうとしたけれども銀行系カードローンなどを使っていたために、審査に落ちてしまったという人もいたりします。

この時同じようにカードローンを使っているのにフラット35の審査に通る人もいれば落ちる人もいます。ポイントはその金額にあるのです。フラット35をどの程度借り入れするのか、そしてカードローンをどの程度使っているのかによって、審査に落ちたり通ったりすることになるのです。つまりあまりにも使いすぎていなければカードローンは使ってもいいのです。(こちらもご参考に→カードローン申込みにおける注意点とは

他にもフラット35ではなくあえて銀行のカードローンと住宅ローンを使うという方法もあります。こちらであれば銀行系カードローンの中には住宅ローン契約者専用のものもあり、これならば金利が低くしかも借入のハードルも低くなっているのです。こちらを利用する人も少なくないので、フラット35が組めないかもしれないと心配になるなら、銀行に相談するのも1つです。

カードローンを使っていても基本的には住宅ローンを組むこと自体はできますから、まずは住宅ローンを組むことそしてカードローンをある程度使っているということを住宅販売会社の人に言ってみるといいでしょう。それによって借入しやすくしてくれる可能性もありますから。

カードローンでの借り入れがあっても、フラット35は借りられる

カードローンで借り入れをしていると住宅ローンを借りることはできないと思っている人もいるようですが、これは正しくはありません。もちろんですが、借り入れをして滞納したり、あるいは返済ができないくらい借りてしまっていたりすると、それによって審査には通らなくなることがあります。返済ができない状態の人に貸し付けるほうが不自然ですから、これは当たり前のことです。

しかし、普通に借り入れをしてきちんと返済をしている程度であれば、借りることができる場合があります。例えば、公的な住宅ローンであるフラット35の場合には、いろいろな基準はありますが、カードローンの返済中であっても借りることができるケースもあります。ただ、何もない人よりも不利になることはあります。

不利になるというと、借りるべきではないと考えるのは自然な事ですが、どれくらい不利になるのか、あるいはどのような点で不利になるのかを把握しておくと、必要なら借りるという方法をとることもできます。では、不利とはどういったところなのでしょうか。

当たり前のことなのですが、人には返済できる金額に限界があります。収入から生活費を差し引いた金額が最大の返済金額です。この金額は人によって異なるのですが、金融機関側がある程度の基準を定めています。これくらいの収入ならこれくらいの返済までしかできないだろうという基準を定めていますが、その金額にはフラット35の返済だけではなくて、他のローンの返済も考慮しなければなりません。

このようになっていますから、カードローンに月々返済をしなければならない状態であれば、その分はフラット35に返済をすることはできず、そのために借りる事のできる金額が小さくなることがあるのです。少しくらい小さくなっても問題はないのなら良いのですが、必要な資金を十分に調達できない場合もあります。その場合には、カードローンを完済してからもう一度申し込むのが良いです。

【参考ページはこちら】
誰でも審査に通るカードローンを探しています

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.