消費者金融に対する緩和は利用者のためか

キャッシングベスト3

消費者金融の上限金利、規制緩和がなぜ利用者のためになるの

しばらく前に会社での雑談の中、話題になったのですが、消費者金融の上限金利、規制緩和の噂がありましたよね。でも上限金利を引き上げることが利用者にとって良いことだとは思えません。どうして上限金利を引き上げることが利用者のためになるのでしょう。

増えた資金供給量を背景にヤミ金から利用者を守るためです

確かに、上限金利の設定が緩和されたら、消費者金融でのキャッシングの金利が上がるだろうことは容易に想像できます。キャッシングの金利が上がってしまうなら、私たちが利用できるキャッシングのコストが上がるということであり、まったく喜ばしいことではないでしょう。現在の消費者金融の金利は大体20%以下に抑えられており、銀行系のキャッシングであれ、消費者金融系のキャッシングであれ金利にあまり高低はありません。

2010年6月にいわゆる消費者金融が貸付けを行なう際の金利の上限が完全施行されました。これによって改正前は一律29.9%であった出資法上の上限金利は、貸付額に応じて20%、18%、15%という3段階で貸付けを行なうことになったのです。

消費者金融はこの貸金業法の施行に合わせて各々、上限金利を設定したのですが、この制限によって会社の利益が圧迫されることになったのです。この利益圧迫は消費者金融の利用者の質を求める傾向に拍車をかけることになり、キャッシングの申込みに際しての審査基準を厳しいものとすることにつながったのです。

条件が厳しい状況下でのキャッシングに迫られた消費者は結果として消費者金融業者から資金繰りをできなくなったわけです。このような背景に、資金繰りに困った消費者をターゲットとした金融業者が現れることとなりました。このような業者は消費者金融として正規に登録することなく営業する(ヤミ金と呼ばれます)ことになります。

貸金業者として登録せず、貸金業法に縛られない高利を設定したヤミ金たちの営業に、資金繰りに追い込まれた消費者たちが犠牲になることが新たな社会問題となったのです。資金繰りに追い込まれた消費者は上限金利が高かろうが、低かろうが関係なく資金繰りが必要なのですから、ある意味このような状況は、正規の登録消費者金融の上限金利を低く設定することで生じた事態であるともいえるわけです。

このようなことから、政府主導の実質無期限0金利政策による資金流動が高まる期待を前提に、消費者金融の上限金利設定を法的に緩和することで消費者に対する資金供給量を増やし、資金繰りに追い込まれている消費者を救済することが可能ではないかという議論になったわけですね。

同時にまた、このことによって法外な金利を設定しているヤミ金を消費者金融のマーケットから排除することが期待できます。このことは、私たちが消費者金融からキャッシングを受ける際の安全性にも大きく寄与することではありませんか?このような意味で上限金利を引き上げる規制緩和は利用者のためになるといえるのです。

どうして国の政策である金融緩和で消費者金融が注目されているの?

国の大きな政策の一つとして、金融緩和があげられます。日本でも金融緩和は当たり前のようになっていて、今では緩和をしすぎているのか、ほとんど金利がつかないくらいになっています。ただ、金融に関する政策というのは難しいですから、金融緩和って一体何なのか?わからない人のほうが多いでしょう。

しかもニュースでは「金融を緩和していけば、消費者金融や銀行系カードローンが関係してくる」という話が行われています。これはどういうことなのか、関係を知らなければわからないと思います。そこで簡単な説明をしてみるので、参考にしてみてください。

まず金融緩和というのは簡単にいえばお金をたくさんばら撒くという方法です。我々庶民に直接ではなく、銀行を通してということになります。銀行がお金をたくさん手に入りやすい常居にするのです。そうすると貸出なども活発に行えて、景気が上がるということを狙っているのです。日本は金融緩和があって今の契機があると考えても過言ではないでしょう。

金融緩和が進んでいけば、銀行からお金を借りて貸出をしている消費者金融も、どんどん貸出をしやすくなるのです。だから、貸出をしやすくなる消費者金融が低い金利で多くの顧客を獲得できるだろうという予測があるために、ほとんどのアナリストなどが消費者金融に大きな影響が出ると言っているのです。ここで言う影響はいい方の影響ですけれどもね、

金融緩和が進んでいけばもしかすると消費者金融の金利も今以上に安くなる可能性もあります。金利が低くなれば借入をしやすいでしょうから、消費者金融が銀行系カードローン並みに借り入れしやすく、返済もしやすくなる可能性もあるでしょう。このような関係性になっているというわけです。

もちろん金融緩和というのは別に消費者金融や銀行系カードローンだけに影響をあたえるものではありませんし、そのためにやっているものではありません。あくまで景気を回復させるためのものですから、景気が回復したら元に戻ってしまうということも、忘れ手はいけません。元に戻ればそれで金利も高くなるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.