年齢20歳なら消費者金融のカードローンに

キャッシングベスト3

年齢20歳なら消費者金融のカードローンに親の承諾はいらない?

詳しい方、教えてください。年齢20歳なら消費者金融のカードローンに親の承諾はいらないのでしょうか?現在20歳なんですが、お金が必要で消費者金融に借り入れをしたいと思ってます。

出来れば親や兄弟にはバレないように借りたいので親の承諾が必要となるのならば借りることが出来ません。でもどうしてもお金が必要で出来れば10万円前後の借り入れが出来れば嬉しいです。現在、会社員で勤続年数は2年になります。詳しい方、教えてください。

二十歳ならば親の承諾は必要ない筈です

消費者金融の借り入れの時に親の承諾が必要となるのは二十歳未満の方です。原則として二十歳を迎えられているのならば親の承諾は必要ありません。しかも貴方の場合は立派な社会人できちんとお勤めのご様子。ならばなにも問題なく借り入れの申し込みが出来る筈です。今では消費者金融もネット経由で申し込みが出来る場合が多いので、誰にも知られたくないのであれば夜中にネット経由で申し込みをすると申し込みがバレません。

消費者金融側もその旨、よく理解していると思うので家族バレはまず安心して良いと思いますよ。ただし、返済に遅れたりしてそれを放置していると家に督促状などの書類やハガキが届く場合があるので、延滞だけは絶対に避けましょう。親や兄弟にバレたくないと思って借り入れしている人が大半だと思うので、その辺りは問題なく申し込めるはずですので安心してください。

ただ、忘れてはならないのが、仕事場に確認の電話が入る場合があるので、それだけは了承しなければならないことが多い筈です。ただし、個人名でかけてくることが殆どですので、まずそこからバレることは無いと思いますよ。

消費者金融のカードローン年齢20歳以上で利用できる理由

消費者金融のサービスの中心は、個人の利用を目的として用意されたカードローンの提供です。担保や保証人は不要であり、申し込み時に用意しなくてはならないのは身分証明書だけです。即日融資が期待できるスピード審査が行われているので、お金が足りなくて困っている場合に便利な内容です。

個人の利用を目的としているという意味は、事業の経費としては利用できないという事です。審査は個人の利用履歴が対象であり、他社借入残高が重視されています。他社借入残高が少ないほど利用できる可能性は高くなります。希望額が少額の場合は収入を証明するための書類の提出も不要であるので、他社借入残高により利用可能額が決定されていると推測されます。

消費者金融のカードローン年齢20歳以上であれば利用できる理由は、成人は単独で法律行為を行う事が出来るからです。本人の意思決定のみで契約が有効となるので、インターネットや自動契約機等からの申し込みも可能となります。法定代理人の同意が必要となる未成年者の利用が認められない事と関係しています。

消費者金融のカードローンといっても業者ごとに商品内容は異なっています。ただし、申し込み条件の下限年齢が満20歳としている点は共通しています。ただし、20歳を超えていれば誰でも利用できるというわけではなく、安定した収入を得ているという事が条件とされています。

カードローンは、使用した金額に利息を加算した指定の金額を約定返済日までに返済するというのが利用上のルールです。このルールを守るためには継続的に収入を得ている必要があるので、収入を得ていない場合は対象からは外れています。継続して収入を得ている場合でも生活保護や年金受給等の場合は、安定した収入を得ているとはみなされない可能性があります。

申し込み条件の下限年齢は共通していますが、上限年齢は商品ごとに違っています。申し込む前には、条件を満たしているかを確認しなくてはなりません。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前にQ&Aをチェック!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.