70歳で年金生活、カードローン契約出来る

キャッシングベスト3

70歳で年金生活、カードローンって契約出来る

教えてください。実は70歳で年金生活、カードローンって契約出来るものなんでしょうか?ちょっとお金の工面が必要となりまして、困っております。誰にも借りられるアテもありませんし、出来れば消費者金融なり、銀行なりに年金担保で借り入れを申し込みたいと思っております。

ただ、年金生活ですので、借りられるのかどうかが心配で夜も眠れません。出来ればカードローンの契約が出来れば有難いのですが……。手っ取り早く借りられて、その後、煩わしさの無い金融会社にお世話になりたいと思っております。どなたかその辺りに詳しい方は居られませんでしょうか?

消費者金融で年金担保の貸し付けは違法行為です

お金がどうしても必要とのことですが、基本的に消費者金融が年金を担保にお金を貸し付ける行為は違法行為となっていますので、出来ないのが普通です。ただ、どうしてもお金に困ったら年金を担保に貸し付ける金融会社と契約を結びがちですよね。ただ、ちょっと待ってください。年金を担保にお金を借りるのであれば、年金担保貸付事業の融資制度というのがありますので、そちらで借りることが可能です。低金利で借りることが出来ますよ。

詳しい内容についてはインターネット等で調べると簡単に出てきます。確かに消費者金融のカードローンなどは即日融資が出来るのでとても便利ですよね。便利なのはわかるのですが、年金を担保ということになれば違法行為とみなされるので注意が必要です。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる会社名を一挙に紹介!

なぜ70歳以上でカードローンの申し込みは難しいのか

多くのカードローンは、20歳以上から申し込むことができます。70歳以上の年金受給者でもカードローンが作れるのかということですが、金融業者によっては作ることができます。現在では総量規制というものがあるため、消費者金融から年収の3分の1以上の融資を受けることはできなくなりました。これによって収入のない人は消費者金融からの借り入れができませんし、退職して年金のみで生活している場合は借り入れが難しくなってきたと言えるでしょう。

金融業者によっては年金を安定した収入と認めているところもあり、年金のみで生活している人に対して貸し付けを行っている業者もいくつかあるのです。しかし、実際には年金を安定した収入と認めていない業者も多くあるため、利用できる業者は限られてくるということです。カードローンなんて利用する機会がないと考えている人もいるかもしれませんが、万が一の時のためにチェックしておいて損はないでしょう。

年金受給者は高齢者であり、高齢になるにつれて死亡リスクも高まってくるため、返済できる期間が限られてしまいます。そのため無担保を基本とするカードローンの場合、申込者の上限年齢を69歳以下などとしている金融業者が多く、70歳になったら新規の申し込みできないということがほとんどです。
(⇒70歳以上でも使える消費者金融カードローンはある?

既に契約している場合でも、追加融資を打ち切られてしまうことがあるので注意が必要となっています。銀行系は年齢制限を65歳未満にしているところが多く、消費者金融系は69歳未満に設定しているところが多いので調べておくと良いでしょう。

実は年金収入のみでも借り入れができるのかどうかは、ホームページにも記載されていないことが多いため、金融業者に電話して確認するのがオススメです。年金収入のみでも借り入れが可能な業者はあるのですが、高齢者だけでなく、障害年金受給者や生活保護者も定期収入があると見なされるため、借り入れできる場合が多くなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.