カードローン申込みに関わる信用情報は何か

キャッシングベスト3

カードローン申込みに関係あるらしい、信用情報って何ですか?

カードローンの申込みをしようと思うのですが、信用情報とかいうものが関係あると聞きました。ただ、私は信用情報が何なのか、よくわかっていません。申込みに影響がありそうなので、信用情報について、教えてください。

信用情報は、これまでの借金取引履歴が該当します

信用情報というのは、それまでにあなたが借金をした取引履歴の情報です。ここには、携帯電話購入の分割料金や、クレジットカードなどのサービス利用も含まれます。

信用情報は、日本に3箇所ある、信用情報機関というところで、それぞれ、種別ごとに分類され、保管されています。あなたがもし、順調にすべての支払いを行っているのであれば、何の心配も要りません。ただ、携帯代を滞納していたり、クレジットカードで滞納していたりすると、その取引履歴に、「A」というマークが表示されます。

滞納した場合、すぐに支払ってください、と催促の電話などが来るはずです。この催促に従って、すぐに返済すれば、それほど大きな問題にはなりません。けれども、これが頻繁に繰り返された場合や、催促されているのに、3ヶ月以上、支払わなかった場合などには、「異動」といって、ブラックリスト扱いになってしまいます。こうなってしまうと、新たに借金をしようとしても、借りられないということが起こってきます。

カードローンを申込む上で影響があるのは、このブラック扱いになっている信用情報です。あなたがもし、まったく滞納など経験がないのであれば、一切、気にする必要はないのですが、たまに、自分が滞納したつもりがなくても、ご両親があなた名義で借りていて、ブラックになっていた場合などには、問題になる場合があります。

信用情報が心配なら、日本に3つある信用情報機関のそれぞれから、信用情報の照会を行ってください。そうすることで、あなた自身の状況がわかるはずです。ブラックになっている場合、銀行などで借金をするのが難しくなりますから、知っておいて損はないでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する時はQ&Aをチェック!

カードローン申込み時に利用される個人信用情報とは?

カードローン申込みの時には審査がありますが、この時に利用されるのが「個人信用情報」と呼ばれるものです。

個人信用情報にはその人の氏名や住所、生年月日などの基本情報のほか、各種ローンやクレジットカード、分割払い、カーリースなどの利用状況や返済履歴、金融事故情報などが記録されています。金融事故情報というのは、契約通りに支払いができなかったという記録のことで、長期間の延滞や代位弁済(保証人による代理返済)、債務整理(自己破産など法的な借金の整理)などがあったかどうかが記録されます。
また、各種ローンやクレジットカードをしたかどうかなども記録されていきます。

つまり、個人信用情報とは、その人がいくら借りていてちゃんと返せているのかを把握するための情報で、その人に返済能力があるのか、お金の貸し借りについて信用できるかどうかの判断材料になる情報とも言えます。

個人信用情報は3つの機関で管理されており、カードローン会社や銀行などは必ずそのいずれかの機関に加盟しています。そして、3つの機関は情報の一部を交流させており、特に事故情報については専用のシステムを導入して共有できるようにしています。金融事故のせいでローンの審査に通らなくなってしまうことを俗に「ブラックになる」「ブラックリストに載る」と言いますが、実際には金融業者はブラックリストではなくこういった情報を共有しているのです。

なお、この個人信用情報は、手数料がかかりますが開示請求をして個人で取り寄せることも可能です。また、何故か同姓同名の他人の情報が参照されていたり、事実と違った情報が登録されていた場合には、それらの調査依頼をすることもでき、間違いがあれば内容の訂正をしてもらうこともできます。

カードローンの申し込みを行う前、またなかなかカードローンの審査に通らない場合は、一度開示請求をして、自分の情報がどうなっているか確認してみてはいかがでしょうか。
(⇒審査の甘いカードローンなら誰でも使える?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.