複数のカードローン、申込場合の注意点とは

キャッシングベスト3

ふくすうのカードローンを申し込む場合、気をつけることはなに?

自分は仕事もしていますが、母親の入院にも付き添っていて、夜は定時制高校に通っています。母親の入院に付き添わなければならない状況ではないのですが、母親がしっかりした子どもがいることを医者や看護婦に見せておかないと、年寄りだと思ってバカにされる。という母親自身がバカな持論を展開するので、しょうがなく時間のある時は付き添っているんです。

そんな状況で時間があまりない生活なんですけど、少しお金が必要になったので、カードローンを利用したいと考えてます。時間があまりないので、でも確実にお金は必要なので、ふくすうのカードローンに申し込もうと思っています。そのために動けるのは1日だけなんです。その場合に気をつけることがあれば教えてもらえませんか。

まずは複数のカードローン申し込みをしないことですよ

カードローンを複数社同時に申し込むのは、一社なら審査に取ってたのにという後悔が付きまとう結果になると思います。カードローンを複数同時に申し込むことは、それほどタブーな事なんです。どこかで聞いたことないですか?あなたの場合、忙しくて時間が無いから一気に複数社の申し込みをして、どこかで借りられたらいいなということですよね?その場合は、自動審査を導入している大手消費者金融があるので、そこの審査をまず受けてみれらてはいかがでしょう。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、自動審査で、回答が早く、その後正式な契約可能額が決まります。一日に何社も申し込もうと思っているのなら、まずはプロミスで早い回答を待ってから、審査に落ちれば次の審査と考えてみてはどうかな。申し込み事情としては、複数申し込みたい場合は、多くても一ヶ月に三社まででしょうね、という情報が多いんです。一ヶ月にですよ?一日にではありません。とにかく複数社同時申し込みは、良いイメージは持たれません。

貸金業者は、多重債務者やその予備軍からの申し込みを警戒します。同時申し込みは、かなりお金に困ってるな、かなりお金が必要だと焦ってるな、どこかでひっかかればいいくらいにお金が必要なんだなと考えます。絶対にこの人返済能力があるんだなとは考えてもらえません。複数社の申し込みで、審査に通るものも通らなくしてしまうより、まずは結果が早いといわれている場所で一社だけ申し込んで、その結果が出てから次を考えたらいいじゃないですか。

複数社の申し込みで気をつけておくことといえば、複数社申込まない事としか言いようがありませんよ。このような時に、銀行と消費者金融一社ずつなら見つからないだろうと思うう人がいるようですが、それも無駄です。信用情報は銀行系のKSCと消費者金融系のJICCと信販会社系のCIC、その他信販系と消費者金融の一部が共同している全情連など、すべての信用情報期間と情報を共有してるんです。しかもリアルタイムです。

ですから、金融に詳しい人は、銀行は銀行法が適用されるし、消費者金融や信販会社は貸金業法が適用されるから、情報の交流は無いだろうなんて考えることもあるようですけど、そこもぱっちり交流がありますから、分けて申し込んでも無駄なんですよ。お母さんが病院でバカな持論を展開されているように、それでも複数申し込むとすれば、あなたも人の意見が聞けない人バカな人ということです。

お母様のことでもわかるように、視野を広く持つと全く違った人生が見えてきます。病院では、本当にそのようなことがあるのかもしれません、ないのかもしれません。だけどそうさせてしまうのは視野が狭く考えが偏っているからですよね。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前にQ&Aをチェック!

ふくすうのカードローンを申し込むのはあまり得策ではない

消費者金融やクレジット会社、信販会社を対象とした総量規制が施行されて以降、これらの貸金業者を利用してお金を借りる人の数は減少傾向にありますが、それとは対照的に利用者が増加しつつあるのがカードローンです。カードローンはキャッシングと同じように専用のカードを使用してお金を借りることのできるサービスですが、これを提供しているのは銀行であるため、総量規制の影響を受けることはありません。

総量規制では消費者の年収に応じた貸付額の制限を受けることになっていますが、カードローンではそのような制限を受けることがないため、条件次第ではかなりまとまった額の貸付を受けることが可能となっています。しかしながらカードローンを利用して貸付を受けるためには審査に通らなくてはなりません。

カードローンへの申し込みの手続き自体は特別複雑なものではないため、初めてカードローンに申し込みをする人でも迷うことなく手続きをすることができますが、キャッシングと比べて審査がやや厳しく行われている点には注意が必要となってきます。

カードローンの審査に通るためにはまず、安定した収入があることが求められます。その条件を満たすためには定職に就いている必要がありますが、同じ職場で一定の期間、働いているのであればたとえアルバイトや派遣社員などの非正規雇用の人でも特に問題はありません。過去に滞納の履歴や現時点で多重債務を抱えている人でない限り、審査に落とされる心配はないでしょう。

カードローンの申し込みの手続きはとても簡単ですが、だからといってふくすうのカードローンを申し込むのは避けておきたいことです。なぜならば、同時期にふくすうのカードローンを申し込みをした場合、そのことが審査の担当者に知られることになってしまうからです。お金の貸付を行う金融機関側としては、貸付けたお金が必ず戻ってくることを前提として融資をしています。そのため、同時期に複数のカードローンを申し込むような人物については将来的に多重債務を抱える危険性がある人物として審査に通さない可能性があるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.