カードローン複数申し込みで考えられる事は

キャッシングベスト3

カードローンの複数申し込みについて、どんな事が考えられますか

カードローンを複数申し込みするのは、万が一審査に落ちた時のための保険と考える人って多いと思うんですよ、だけど人に相談すると複数申し込みはダメっていうじゃないですか、でも申し込んで、審査に落ちて、また申し込んで、を繰り返す時間がもったいなくないですか?審査に落ちる人間が偉そうなことをいうようですけど…。どんなダメな事が考えられるからダメなのですか?

カードローンを複数同時に申し込むと、審査に落ちやすくなるの

カードローンという借入れ方法は、銀行と消費者金融とクレジットカード会社の3つが主に展開してるものですね、そしてそこにはそれぞれ信用情報機関というものがあるんです。たとえば、クレジットカード会社ならシー・アイ・シー、消費者金融ならジェイ・アイ・シー・シー、クレジットカード会社と消費者金融の一部のシー・シー・ビー、銀行系のケイ・エス・シーと、それぞれが、それぞれの消費者の金融情報を保管してるんです。カードローンやクレジットカードに申し込んだ時点で、審査が行われます。その審査でそれぞれの場所に確認が行き、消費者本人の金融にまつわる事故や過去を調べられるようになってるんです。

ですから、複数のカードローンを同時に申し込むと、リアルタイムでその様子が全部で共有されるので、いろんなところに申し込んでることが全部のカードローン会社にわかって、悪い印象を与えるんです。悪い印象とは、同時に何社へも申し込むほど”お金に困っている”数撃ちゃ当たるで、何社も申し込んでる”じゃあ、うちじゃないところで借りてくれ”、さらに”誠実性に欠ける”イコール、貸したとしても返済も誠実性に欠けるのではないか等々の理由です。もっと専門的な分析の上での審査落ちかもしれません。しかし一般的に言われているのはこれらのような理由ですね。

さらに、その複数同時に申し込んで、複数審査に落ちたという情報もそれぞれが送る信用情報でわかるようになっています。ということは、その次に申し込んだ場合、そのカードローン会社が、以前複数に申し込んで、全部の審査に落ちてる経緯がある。と見られます。新たなカードローン会社は、少し前に複数社の審査で落ちている消費者をどんな理由で審査に通すのかな?すごく年収がいいとか?自社がとても顧客獲得に伸び悩んでいるとか?普通は、こんなに落とされたんなら、何かある人だったのかもな、”うちも落としておこう”ということになりますよね。

カードローンに申し込んだというだけでも信用情報機関に報告が行き、その情報は約6ヶ月残ります。申し込んだカードを利用しようとしまいと半年は残るんです。安易に申し込みを連発してはいけないと思いませんか?貸金業者は、無保証で無担保でお金を貸してくれる場所です。少しでもリスキーな人には貸したくないのが当然ですよね。少々金利が高めでも何の保証もない人に現金を貸してくれるのですから、自分たちの消費者は貸金業者に信頼されることが大事なんですよ。

当たり前のようにある貸金業者で、ともすれば「借りてやってる」くらいに思う人もいるかもしれませんけど、会社名や年収などの個人情報程度で貸付けてくれることをありがたいと思う行動じゃないと、信頼は獲得できないと思いますね。

カードローンの複数申し込みについて注意しておきたいこと

カードローンは低金利である程度まとまったお金を借りられることから、近年では利用者の数が増加しています。その理由としては、貸金業者を対象とした総量規制が施行されて年収による貸付の制限が設けられたことから、キャッシングを利用してお金を借りられなくなってしまった人が増えたことによります。そのため、総量規制の影響を受けない銀行のカードローンの利用者が増加しているのです。

銀行からの融資を受けるにあたっては、審査が厳しいのではないかと不安に感じてしまう人も多いかもしれませんが、カードローンの場合、基本的に定職に就いており、安定した収入がある人であれば審査の結果をそれほど心配する必要はありません。ただし、キャッシングと比べてカードローンではより高額の融資を低金利で借りられることから、消費者金融などの審査と比較した場合、審査は厳し目に行われていることについてはある程度の覚悟が必要となります。(こちらもご参考に→審査に甘いカードローンは絶対借りれる?

前述したように消費者金融などと比較してカードローンの審査はやや厳し目に行われますが、その結果として審査に落とされてしまう可能性もあります。そのような場合に備えて保険としていくつかの銀行に申し込みをしておきたいと考える人も多いでしょうが、そのような複数申し込みについてはできる限り避けておくほうが賢明です。場合によっては収入などの面で何の問題にもないにもかかわらず審査に落とされてしまう可能性があるからです。

複数申込みについては、審査をする段階で審査の担当者側にその情報が知られることになり、複数の申し込みをしているという事実は将来的に多重債務者となってしまうのではという懸念を与えることになります。万が一、融資を行った相手が多重債務の状況に陥ってしまった場合、融資をしたお金が戻ってこなくなる可能性が非常に高いものとなります。そのため、将来的に多重債務者になる可能性の高い人物に関しては融資を行わない決定が下されてしまうことになります。

どうしてもお金を借りたい場合、もしも審査に落とされてしまったときのことを考えて複数申し込みをしておくことは否定できませんが、そのような場合でも同時期に申し込みをする数についてはできるだけ少なく抑えておくほうが賢明です。

【参考ページはこちら】
カードローン選びに重要な審査基準とは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.