カードローン申し込みにおける注意点

キャッシングベスト3

カードローンの申し込みにおける注意点を教えてください!

初めてカードローンを申し込みます。カードローンを申し込む際に、注意しておくべき点など、事前に知っておけると、助かります。どんなことに注意すれば、失敗せずに借りられるでしょうか。

どこから借りるのか、ということが非常に重要です!

まず、どこから借りるのか、ということは、しっかり検討しておく必要がありますね。あなたは、お金を借りるというときに、誰から借りることを思いつくでしょうか。友人から借りて、返せないと、相手の信用を失ってしまう危険性がありますから、借りるとしても、家族や業者から借りたいものですよね。金融会社から借りる場合も、銀行、信用金庫、消費者金融、信販会社など、お金を借りられる場所は複数あります。

さらに、銀行でもどの銀行から借りるのか、ネット銀行が、審査が緩めで低金利だから良いのか、多少厳しくても地方銀行のほうがより低金利だから良いのか、すぐに借りられそうな大手銀行で申し込むほうが良いのか、判断するのは、あなた自身です。個人的には、審査に通る自信があるなら、地方銀行や信金が、低金利なのでおすすめですが、大手のほうが安心できるという人もいるでしょう。

また、会社員であれば、労金という手もありますし、公務員なら共済という手もあります。これらも金利が低いですね。事業主なら公庫を利用するという方法もあります。さらに、もし何か財産があるのであれば、有名な質屋などもお薦めできます。低金利で、危険性が低いからです。

それから、あなたがまだ会社に勤め始めて間もない場合、借りようとして申し込んでも、借りられない場合があります。これは、収入が安定しているということが、金融会社にとって重要な判断材料になるためで、勤続年数という形で問われることになります。

一部の消費者金融では、アルバイトや派遣社員でも貸してくれるところがあります。こういうところでは、比較的、勤続年数の審査が甘い可能性がありますので、どうしてもすぐにお金が必要な場合は、そうしたところを検討してみるのも、1つの方法です。

年収は150万以上が基準です。専業主婦なら、一部の銀行で、収入不問で借りられますが、それ以外の方は、基本的に、年収に縛られる形になります。なお、学生の場合、必ずしもこの限りではありませんが、20歳未満の方は、お借り入れできません。(こちらもご参考に→18歳なんだけどカードローン借りられる?

初めての方の場合、多重債務ということはないはずですが、最初から複数の金融会社で借りようとしないでください。これは、危険な借り方です。また、どんなに条件が悪くても、最初から中小金融会社に申し込むとか、闇金融から借りることがないよう、ご注意ください。少なくとも、名前を知っている会社から借りるほうが安心です。

カードローンの申し込みをするときに覚えておきたい3つの注意点

カードローンには、申し込みをするときに注意点が3つあります。注意点を守ることができないと、申し込んだ本人の属性に関係なく審査に落ちてしまうので、必ず気を付けてください。どれも少しのことで気を付けられますから、難しいことではありません。

まず最初の注意点は、申込書に記入する内容に嘘を書かないことです。申込書に嘘を書くと、それだけでカードローンの審査で落とされてしまいます。バレないだろうと思い、審査を有利にするために嘘を書こうとするかもしれませんが、絶対に止めてください。また、嘘を書くつもりがなくても、記入する情報を間違ってしまうのもいけません。最後まで書き終えたら、必ず一度申込書を位置から見直してから提出しましょう。

2つめの注意点は、同時に何社も申し込みをしないということです。同時に申し込んでしまうと、よほどお金に困っていると思われてしまい、返済ができなくなると判断されます。そのため審査で落とされてしまうことがあるので、絶対にやってはいけません。これもバレないだろうと思い同時に何社も申し込みをしても、信用情報を照会したときに必ずバレますからやめておきましょう。

また、間隔を開けずに連続で申し込みをしてしまうと、同時に申し込んでいると判断されます。カードローンの審査で落ちたらすぐに別のところに申し込みたくなりますが、ある程度の間隔は開けてください。間隔が一定期間以上開いていたら、同時に何社も申し込んでいると判断されることはありません。少なくとも1か月程度間隔を開けると、何社も申し込んでいると思われることはありません。

また同時に申し込んでも審査に影響がない数は、2社までです。2社までならカードローンによっては審査に影響ないので、何社も申し込むなら2社までにしましょう。これら3つを守ることができれば、不注意で審査に落ちることはありません。カードローンを利用したいなら、ぜひ覚えておきたい3つのことです。

【参考ページはこちら】
カードローン選びに重要な審査基準

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.