破産してカードローン作るのは可能か

キャッシングベスト3

破産したカードローン作りたいです!これって可能ですか?

破産してまだそんな経ってないです。でも、破産してお金がなく、困っているので借りたいんですが、カードローン作ることできますか?一応、派遣で仕事してます。

破産してすぐ借金を考えるのは、やめてください!

破産してすぐに借金したいという方もいますし、実際、そういうケースもあります。けれども、破産した後の借金は、非常に危険です。

破産した場合、次に債務整理ができるようになるまでに、時間がかかります。もちろん、ブラック扱いになっているため、大手や銀行でローンを組むことができません。とりあえず、まずは別の方法を考えてください。たとえば、生活保護の申請をするとか、ハローワークに通って、お金を受け取りながら職業訓練を受け、正社員の仕事を探すか、といった方法です。

あるいは、借金をしなくてもできそうな仕事を探す方法もあります。誰か近くにいる人の役に立つことをして、お金を求めるというような生き方です。これが一番難しいですが、破産以前にビジネスを経験した方なら、手段を探すことくらいは可能でしょう。

いずれにしても、この状態で借金をしようとすると、たいてい、失敗します。闇金融で借りてしまい、再び返済ができず、弁護士に、闇金は犯罪だから返済義務がないと訴えるような状況に陥ったり、金利の高い中小のカードローン会社で、同様に返済できず、債務整理もできずに苦しむということが考えられます。

セーフティーネットを利用できるのは、本当に困ったときの1回だけだと覚悟して、自己破産する必要があります。自己破産したのであれば、家財道具などもほぼなくなりますから、実家に帰るか、最悪、ネットカフェに泊まるか、安い4畳半生活をするか、というような話になります。子どもがいるのであれば、簡単に生活を変えるわけにはいかないかもしれませんが、役所に相談し、受け取れるお金は受け取るという方法を取るしかありません。

とにかく、1度破産したら、すぐに借金を考えるようなことはしないでください。破産のダメージは大きいですが、生きることができないところまで追い詰められることはないはずです。必要なら、役所はどんどん利用したほうが良いです。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する時はQ&Aもチェック!

破産したカードローン作りたいときに備える方法

自己破産をすると、その情報がブラックリストとして流通しますから、新たに契約をしようと思っても審査には通りません。審査の過程では信用情報を調査しますから、それによって自己破産の情報についてはすぐに知られてしまうのです。ですから、新たにカードローンの契約をするのは非常に難しいです。しかし、破産したカードローン作りたいと思う人は多いですから、その前に対策を打っておきましょう。

自己破産をしてから新たにカードローンを作るのは非常に難しいことです。また、自己破産をした時点で借り入れをしていたカードローン会社については、その後は利用できなくなってしまいます。これは当然のことと言えば当然のことだと言わざるを得ないでしょう。しかし、借り入れがない場合には、その情報が届かないことがあります。

自己破産をした情報は信用情報機関が管理をしていて、信用情報の調査をするときに金融機関は信用情報機関で情報を集めます。ですから、信用情報機関が情報を保存している限りは、新たに借り入れをすることはできません。最大で10年間は情報が保存されますから、10年過ぎれば新たに借り入れができるようにはなります。

基本は10年待つしかないのですが、自己破産をした時点ですでに契約をしていて、そして借り入れのないカードローンについてはそのまま使うことができるケースがあります。借り入れがなければ、カードローン会社は自己破産したことをすぐに知ることができない場合もありますから、そのために使い続ける事ができる場合があるのです。

ですから、破産した後にカードローンを利用するかも知れないと思っているのであれば、破産する前にカードローンの契約をしておき、そしてそこから借り入れをしないようにしてそのままにしておくのが良いです。あるいは、自己破産をする前に、一つだけでも完済をして残高がないようにしておくことで、自己破産後も使える可能性がでてくるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.