カードローン審査とおるポイントがあったら教えてください!

カードローンを利用しようと思っています。初めてなので、まったく見当がつかないのですが、やはり収入が重要なのでしょうか。審査とおるポイントがあったら、教えてください。

大手の場合、ネックは信用情報、他社借入、安定収入が主です

まず、カードローンを借りる上で最も重視されるポイントが、信用情報です。これは、あなたの収入とは関係なく、あなたが過去にクレジットカードを使った履歴、携帯電話を購入した際などの支払い履歴、他の借金の履歴など、様々な形で借金をした際の履歴です。日本には、3つの信用情報機関が存在していて、その信用情報機関で、カードローン会社が情報を照会します。

もし、過去に滞納暦や債務整理暦などがあって、そうした履歴が残っていると、お金を借りるのが難しくなります。カードローンが初めてだとしても、携帯ブラック、クレジットカードでのブラックなどがあると、カードローンはなかなか借りられません。

次に、他社借入が重視されます。カードローンが初めてで、多重債務ということは、まず、ほとんどないと思いますが、クレジットカードでキャッシングを利用している場合や、他の人があなたの名義で借金をしている場合などは、影響します。多重債務は嫌われますから、今後も、複数社で借入をすることは、できるだけ避けてください。

そして、あなたがおっしゃる、安定収入です。これは、あなたの仕事が安定しているということが1つと、あなたの年収額がある程度一定であるということが1つです。仕事が安定しているかどうかは、たとえば、勤続年数や、連続経営年数で知ることができますから、カードローン会社は、勤続年数等を聞いてきます。

そして、収入の安定性については、会社員、公務員などの職業であれば、普通、ある程度安定していると見ます。但し、消費者金融では、50万以上の貸付など、一定の条件においては、収入証明書の提出を求めてきます。これは、主に、法的な問題です。事業主については、収入証明書を提出する必要がある場合に、少し長めの期間の書類提出を求められることがあります。
(⇒自分の職業でカードローンが利用できるか気になったら

これらは、主に大手カードローン会社、銀行などが求めてくる条件ですが、中小カードローン会社などは、別の要素を重視している場合もあります。実際に面接して、その人の人となりを審査したり、在籍確認で電話の取り方を審査したりということがありますが、初めてでブラックもないのに、こうしたところを利用するのは、やめておくほうが良いでしょう。

必ずカードローン審査とおるステータスの基準

カードローンの審査に関しては経済力が乏しい人は、誰もが審査に通るか不安に感じています。この審査は厳正に行われており、もし嘘を記載した場合においては、しばらく再申込みが出来なくなってしまいます。そうならない為にも嘘の記載は絶対にしてはいけません。

信用情報というものが存在しており、そこには本人の全ての経済的情報や信用度が掲載されています。金融機関はそういった情報を閲覧して、その情報の信憑性を確認する事になります。つまり、嘘を記載しても絶対に発覚してしまうという事です。

嘘がいけないという事は、経済力を身につけてから申請しなくてはならないということになります。必ずカードローン審査とおるステータスとしては、まず年収300万円です。基本的には200万あれば審査に通るところがほとんどですが、一部の金融機関においては300万円を基準としています。

次に勤続年数ですが、これは利用希望者の年齢や年収に大きく関係してきます。例えば25歳で勤続年数が3年であれば、新卒入社して3年間働いてきたと考えられて高評価を得る事が出来ます。しかし、年齢が35歳で勤続年数が1年であった場合には、転職が難しい年齢であるのにも関わらずに職を転々としていて安定していないと判断されます。

実際にこれだけで審査に落ちる事は中々ありませんが、他の項目で多少の不備があったときにはこういったステータスが合否を分ける事になります。そして借入額については確実に0にしておきます。他社から少しでも借金をしているのであれば、それだけで審査を通過させない場合もあります。これは他社の借金と合わせて、自社の借金まで返済する事が出来るのかという保証が無いからです。

要するに更なる借金を重ねる人物は、計画性が無いと判断されます。今借りているお金を完済してから申請する事が大切であり、その審査をスムーズに通過する為にも滞納をせずにしっかりと返済する事が大切です。

【参考ページはこちら】
カードローンの申込みをしただけで信用情報が知られる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.