勤続年数短くても審査通るカードローンは

キャッシングベスト3

勤続年数が短くても審査の通るカードローンってあるの?

勤続年数が短くても、審査の通るカードローンってありますか?稼ぎ始めてからの期間が短いですが、ちょっと急な用があって、お金を借りたいと思っています。勤続年数が短くても可能なカードローンがあれば、知りたいです。

消費者金融なら、勤続1年未満でも借りられる場合があります!

通常、銀行などでカードローンをつくろうとすると、勤続年数2年以上など、勤続年数に関する条件がつくのが一般的です。これは、勤続年数が長いほうが、より安定して就労しており、給料等も一定で、返済可能性が高いと見なされているためです。

けれども、勤続年数が短くても、どうしても今、お金を借りないといけない状況にある、という方もいらっしゃると思います。もし、あなたが今、そのような状況に陥っているのであれば、仕事をしている、その仕事を続けるという前提で、消費者金融を利用されると、勤続年数が1年未満でも借りられることがあります。

もちろん、一言で消費者金融と言っても、勤続年数1年未満がOKの消費者金融もありますし、そうでない消費者金融もあります。あなたが知っている消費者金融を検索して、条件の欄に勤続年数に関する条件がないかどうかを調べることや、関連サイトで紹介されているリストを見て、ここで申し込もう、と思う場所を選んでいただくと良いでしょう。

できる限り、知っている金融会社で借りるようにしてください。名前も知らないところで借りる場合には、先に、その金融会社が本当に信頼できるのかどうか、登録金融機関の検索サイトで調べてください。「登録貸金業者検索」などで出てきます。電話で申込む場合は、電話番号が合っていれば、問題ありません。一応、大手の消費者金融でも、勤続年数が短いことだけで切られない金融会社があることは、知っておいてください。

【参考ページはこちら】
カードローンを申込む時にはこの記事をチェック!

勤続年数が短くても審査の通るカードローンはあるのか?

多くのカードローンの審査では年齢や収入の他に「安定した収入のある方」という条件をあげています。安定した収入とは一定以上の収入が継続的に得られていることをさしています。これらによって確実に返済してもらえるのかかどうかを判断しているのです。

勤続年数が長ければ継続的に収入を得ているということになりますが、勤続年数が短かったり転職が多い場合には安定した収入が見込めないため返済のリスクが高まり審査が通りにくくなってしまいます。では勤続年数が短くても審査の通るカードローンはあるのでしょうか。(こちらもご参考に→カードローン審査に通るポイントとは

就職・転職後、急にピンチになることもないとは言い切れませんが、勤続年数が短いことは審査するうえでかなり不利になってしまいます。最低ラインは1年と言われており、半年未満であれば審査はほぼ通らないと思っていた方がいいでしょう。

CMなどでも有名なアコムや武富士、レイク、アイフルなどの消費者金融は就業日数1日からでも利用可能ですが、取り立てが厳しかったり金利が高かったりするなどデメリットが多く借りづらいと思います。勤続1年以上であればJCB、イオンクレジット、三井住友VISA、ジャパンネット銀行などのカードローンを利用することができます。他にも金融機関によっては勤続年数以外の項目が満たされていれば審査に通るものもありますので探してみてください。

審査に通らないのではないかと不安に感じ、一度に複数の機関に申し込みをしてしまう人もいます。しかしこれはお金に困っていると思われる原因になるため、ますます審査に落ちやすくなってしまいます。申し込みは多くても1か月に3つまでに抑えるようにしましょう。また電気代や水道代などの公共料金や携帯電話の通信料などを滞納している場合にも返済能力は低いと判断されてしまい審査に通りづらくなりますので気をつけましょう。未納分はあらかじめ支払ってからカードローンを申し込むようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.