年収100万円のカードローン限度額は?

キャッシングベスト3

年収100万円!!これでもカードローンはOK?限度額は!?

勤めていた会社を辞めなくてはいけなくなり、現在はフリーターのようにアルバイトをしています。アルバイトも目一杯働かせてもらえるわけではなく、年収は100万円しかありません。年収100万円という定収入でもカードローンは可能でしょうか?また銀行など総量規制対象外のローンであれば限度額も多くなるのでしょうか?

可能でしょう!!でも、アルバイトだと期待はできません

最近は銀行であっても消費者金融であっても、アルバイトでもOKという事が増えています。中にはダメだというものもありますが、そこらへん探せばOKなとこはすぐに見つかるかと思いますよ。パートのみの主婦OKっていうのを売りにしているとこでも相談してみたらOKの可能性あると思います。

ただ、融資してもらえる金額は厳しくなる可能性が高いです。アルバイトでも「5年くらい続けている。」とかになると、勤続年数も長いし、安定した収入も見込めるかもしれません。また、そのまま社員に昇格なんてパターンもあるかもしれない。長く勤めているほど、毎月、同じくらいの給料を貰い続けている事を証明できれば良いのですが、基本的にアルバイトは安定しているとは言えません。

社員は余程の事がない限り、そう簡単に辞めるという事は考えられませんよね。また、確実に8時間は勤務する事がほとんどです。休みも特殊な仕事でない限り、週休2日がほとんどです。そして、時給に換算してもバイトよりは良いですよね。最低限の収入は安定していると思われます。アルバイトの人よりも勤続年数が少なくても、安定という面では社員の方が上になります。

ローンの融資枠が大きくなればなるほど、また収入が少ない人ほど、毎月の返済額は少なくなってしまうでしょうし、それだけ返済にかかる期間も長くなります。それだけ安定して収入を続けて入れてもらわなければいけないのです。ですが、アルバイトはこの安定が不安です。多くの場合、数か月で完済できるくらいの金額しか融資してもらえないようです。例外はありますが…。あまり期待しない方が良いでしょう。

銀行でもアルバイトOKなカードローンが増えていますが、確かに総量規制の対象外ですが、やはり期待はできないと思います。総量規制の場合、多くが10万円単位での融資枠になる事を考えると30万円が最大融資枠になります。そして、総量規制の対象外と言っても、貸し過ぎは返済できない原因にもなるので、かなり慎重な審査を行います。そして、対象外と言いながらも、対象なのでは?というくらいの融資しかしてもらえない事も多いです。

総量規制対象外の銀行を利用したとしても、30万円程度が限界になると思っていた方がよいでしょう。場合によっては、もっと下回る可能性も充分にあります。総量規制はそれ以上に貸してはいけないラインを示すだけで、それ以下ならいくらでも下げる事は可能ですから。アルバイトってだけで下げる事もあるでしょう。

今は我慢して社員になってからカードローンを申し込む方が有利は有利だと思います。もしくは、他にもバイトをして収入を少しでも増やす。結局アルバイトを増やしただけなので、これが好印象になるか、悪い印象になるかは賭けですが(掛け持ちだと辞めやすい事もある。)、収入という面では多少なりプラスになるでしょう。まぁ、現段階でも金額を選ばなければカードローンは可能ですので、銀行に相談してみては?

【参考ページはこちら】
自分の職業でカードローンが利用できるか気になったら

年収100万でカードローンを利用した場合の限度額

カードローンは一度利用許可が降りれば、いつでも近くのコンビニATMからお金を引き出す事が出来る便利なシステムです。カードローンを利用したいと考えれば、成人しており一定の収入があれば誰でも申し込む事が可能となっています。まず審査を受ける事になります。会社によって独自の基準を設けているので、会社によって審査に通る年収や勤続年数の数値は変わってきます。

まず年収100万の場合には作れるところがあるのかというところから話が始まります。年収100万という事はアルバイトである事がほとんどであるので、この時点で安定しているとは言えません。しかし、近年では消費者金融においては収入が少なくても作れる場合がほとんどです。
(⇒年収ゼロの人のカードローン審査ってどうなる?

しかし、この場合には利用限度額を大きく制限される事になります。利用限度額は年収の3分の1までとされています。つまり年収100万円の場合においては利用限度額は30万円という事になります。この3分の1までという取り決めは非常に理に叶っている決め方となっています。

例えば年収よりも多くの借金を抱えてしまったとします。借金は借りた分だけ返せばいいという訳ではありません。借金には金利が付く事になり、その金利分を上乗せした金額を返済する事になります。つまり、借りた額よりも多くの金額を返済しなければならないという事になります。それなのに年収以上の借金をしてしまえば、返済に苦労する事になると共に、時間をかけて返済すればする程に金利がかさ増しされていくことになります。

そうなればどうあがいても返済出来ないという事態になってしまいます。この事態は利用者にとっても利用している金融機関にとっても大きな損失となってしまいます。その様な事態にならないようにする為にも年収の3分の1までしか借入出来ないように設定されています。しかし、纏まったお金が必要になった時には、一時的に限度額を増やせる場合もあるので問い合わせてみる事が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.