年収嘘でもカードローンは組めるのか

キャッシングベスト3

収入証明不要なカードローンなら年収嘘でも借りれるの?

収入証明がいらないというカードローンに申し込みをしたいのですが、確実に審査に通る為にも年収を誤魔化して多く書こうか悩んでいます。収入証明がいらないならバレる事もないと思うのですが、収入証明不要なカードローンの場合は年収嘘でも借りる事はできますか?

借りれると思います!!けど、不審に思われるかもよ!?

収入証明が必要ないという事は、審査をする事に対して、年収はそれほど気にしていないという事です。収入を気にしていないという事がどういう事なのかを考えてみましょう。わかりますか?そんなに多く貸すつもりはないという事です。平均的な収入以上があれば、ある程度の融資は可能であろうという推測だけです。

例えば社員として働いている方。特殊なお仕事をされている方は違うかもしれませんが、一般的な社員の方は1日8時間労働の22日出勤です。社員はバイトよりも人件費がかかる=時給にするとバイトより良いという事なので、時給を900円として単純に計算すると年収は約190万円になります。ここに社員ならではの残業や休日出勤、住宅手当、職能給やボーナスがプラスされます。なんやかんやと社員であれば最低でも平均300万円くらいの収入の見込みがあるんですね。
(⇒自分の職業でカードローンを利用できるか気になったら

総量規制が年収の3分の1までの融資しかダメという事で、上記で考えると100万円まで融資ができる事になります。収入証明がなくても、社員として働いている方ならば100万円までの融資に問題はない事が多いという事です。多くの貸金会社は収入証明不要の融資額を100万円までとしています。100万円を超える融資を希望する場合は収入証明が必要になるという事が多いです。

年収を嘘ついて言うのは構いませんが、例えば年収400万円なのに1000万円と言ったとします。銀行でカードローンを組むとして、銀行は1000万円も収入のある人ならばもっと融資をして利益が欲しいと願います。最初は収入証明不要な100万円程度の融資でしたが、銀行から「収入証明を出してくれたらもっと貸せるようになりますよ。」とお誘いがあったとします。でも、嘘をついているので収入証明は出せません。怪しいですよね?なんで出せないの?となるでしょう。

他社からの借り入れや申し込み歴がなく、完全に新規申し込みだったならば、年収を嘘で言ってもバレないかもしれません。でも、収入証明を出せと言われた時に出せないというのはとっても不審な行動です。ちなみにですが、収入証明が不要という場合でも、なんらかの理由で収入証明の提示が必要だと判断された場合は提示しなくてはいけません。いつ、収入証明を求められても大丈夫なようにしておかなければいけないんですね。

最後に、年収を嘘で多く言ったからと言って、確実に審査が有利になるわけではありません。年収1億の人でも審査に落ちる時は落ちます。逆に年収が100万円しかなくても審査に通る人もいます。年収がある方が返済に関して安心ですが、だから絶対というわけではありませんので注意しておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの借り入れ金額と年収の関係

カードローンの審査において年収嘘を書いてもバレないのか

カードローンを利用する為には、審査を通過しなければなりません。この審査においては、個人情報から経済力から社会的信用度まで全ての項目において基準が設けられており、それらを全てクリアしなければカード発行はしてもらえません。自分の経済力に自身が無い人は、この審査が最大の難関という事になります。そういった人が考えてしまうのが、嘘の情報を書くということです。例えば年収が200万しかないのに、300万と嘘を書いたり勤続年数を長く書いたりするというものです。
(⇒年収が下がったらカードローン利用はどうなる?

ではこれらの情報はバレる事は無いのかというと、場合によってはバレます。勤続年数は間違いなくバレます。会社に勤めた時に、会社は役所に従業員の情報を渡す事になります。その時期から勤務年数が発覚する事になります。では年収嘘を書いた場合はどうでしょう。この場合においてはあまりにも金額を増やした場合にはばれます。毎年の源泉徴収や所得証明等により、その人物の年収がどれぐらいかという事も信用情報に記載されています。

多少の誤差であれば大目に見てもらえますが、50万単位で誤差が生じてしまった場合には虚偽の申告をしていると判断されてしまいます。こういった場合の処置としては、今後一切申し込みを受け付けないという風にされる場合もあり、たとえ本当に年収が大幅にアップしたとしても審査に即落選してしまう事になります。いざという時にカードローンを使用できなくなるという事であるので、そういった事態を引き起こさないようにする為にも嘘の記載はしない事が大切です。

また、借入額に関しても嘘はバレます。お金を借りた時点で信用情報にどこからいくら借りているのかを書き込まれる事になります。それらを参照すれば全てわかってしまうので、嘘を書く時点で上記のような処置を取られる事になります。今後の自分の人生においてローンを利用する時に困らないようにする為にも、嘘の記載だけは絶対にしてはいけません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.