銀行カードローンの年収の誤魔化しOK?

キャッシングベスト3

銀行カードローンの年収の誤魔化しは通用する?借りる為に…

銀行のカードローンって年収の最低金額を条件に出している事が多いと思うのですが、ボーナスなしの私の年収は300万円程度しかありません。利用したいと思っていた銀行の条件が350万円以上の年収でした。あと50万円だけだと思うと諦めきれません。それほど多額の融資を希望しているわけではないので、返済はキチンとできると思います。少し年収を誤魔化して銀行カードローンを組むのは通用しますか?

正直に申告した方が良いかと…ダメ元で相談しよう!!

確かに銀行のカードローンは最低年収を条件に出している事が多いです。金額は銀行によりますが300万円前後である事が多いかと思います。就職していない方や、ボーナスなしの会社にお勤めの方なら条件を満たせてない事も多いでしょう。質問のように350万円が最低条件で300万円という事は、50万円足りませんので、この銀行では基本的にカードローンは組めないという事になります。(こちらもご参考に→誰でも審査に通れるカードローンってあるの?

年収の金額を条件に出している銀行の場合、収入証明の提出は絶対でしょう。単純に誤魔化して申告しても、収入証明でバレてしまいます。収入証明さえも偽造でもして誤魔化せば借りれる可能性はありますが、他社から融資を受けている(申し込み履歴がある)などあれば過去の申告や提出書類と違うと疑われるでしょうし、もしバレた時には「誤魔化してでも借りたかったんです。仕方なかったんです。」では済まない事もあります。簡単に言えば詐欺なので、警察沙汰になる覚悟も必要ですよ。

銀行もお金のプロです。簡単な誤魔化しくらいは見抜いてしまうでしょう。申し込みの時点で見抜かれると信用も大きく下がり、カードローンを組む事は誤魔化す前よりも厳しくなってしまうかもしれませんよ。誤魔化すなどは考えないようにしましょうね。

提案としては、消費者金融なども良いでしょう。ただ、イメージや金利を考えると銀行が良いと思うかもしれません。年収の条件のない銀行を選択すればOKです。他県の銀行でもOKな事もありますし、店に行く必要もない銀行ならネットから手続き可能です。選択肢は大きくなるかと思います。

どうしても自分の年収以上の年収が最低条件である、その銀行が良いというのならば、正直に年収を話して相談してみてはどうでしょうか?返済も便利になるように普段利用している銀行でなければイヤだなんて事もあるでしょうしね。それほど高額な融資を希望しているわけではないようですし、あなたの年収の範囲での融資をもしかしたら考えてくれるかもしれません。(必ずとは限りませんが、ダメ元で相談する価値はあるのでは?)

銀行にはカードローン以外にもローンや融資関係のサービスが揃っています。あなたが希望しているカードローン以外にあなたにピッタリな融資サービスがあり、そちらをおススメしてくれるかもしれません。窓口で直接相談してみましょう。

たった50万円だから誤魔化せるんじゃないか?という考えではなく、たった50万円だと思うなら正直に50万円少ない事を話して、その範囲で融資してもらえるようにする方が絶対に良いでしょう。諦めるしかない結果になる可能性もありますが、詐欺みたいな事をして問題になるよりはマシでしょう。検討を祈ります!!

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前にQ&Aをチェック!

銀行系のカードローンにおける年収の関係について

銀行系カードローンが人気です。銀行が持つ安心感と銀行の他の融資を受ける際にカードローンは利用実績としてカウントされることが多いためです。しかし、銀行系カードローンは審査が厳しく、年収がある程度ないと審査が通らないと言われてます。実際には収入には関係なく、収入と借入状況のバランスがよければアルバイト・パートのような不安定な月収の方でも、自営業者、年金生活者でもカードローンは通るようです。
(⇒自分の職業でカードローンが利用できるか気になったら?

重要なのは年収の額ではなく、借入とのバランスです。バランスを考えるための基準は消費者金融の現金貸出の際の法的制限です。消費者金融は現金を貸し出す際、総所得の3分の1までにしなくてはならない制限があります。借入については他の金融機関や消費者金融を含めた金額であり、情報管理会社のデータが使われます。

銀行系のカードローンは適用されませんが目安として審査の際に利用しているローンが多いようです。年収が少なくとも年収に合わせた利用可能額を設定されますので金融機関のローンだから審査が厳しいということは特に無いようです。

また、ローンについては担保が必要なく、保証人もいらないケースがほとんどです。そのため、ローンが厳しい場合、例えばおまとめローンなどを組む場合には、通常の融資の形をとり、保証人や担保を付けることで組むことは可能ですし、法的制限はありません。金融機関のローンと年収の関係は借入状況を無視した検討はできません。収入と借入のバランスが取れているからこそ審査が通ります。

また、借入件数が小額ローンなどで多い場合も月々の返済が厳しいと判断されて審査が通らないことが多いようです。借入金額が収入の3分の1を超えていないのにキャッシングやローンが通らない場合には小額ローンや残債について計算してみることをオススメします。小額ローンや残債の少ないローンは完済するなり、おまとめローンでまとめて借入件数、月々の支払を減らすことが重要です

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.