年収1000万ならカードローンも低年利?

キャッシングベスト3

年収1000万あればカードローンも低年利で借りれるの!?

ある時の友人との集まりの会話の中に「借金してでも手にいれたい物があるけど、利息が勿体無いよね。」というものがありました。この時、ある友人が「じゃあ、一生懸命働いて給料アップすればいいじゃん。」と言いました。この友人によると、年収が多い程に金利が安くなるとか…。本当ですか?ならば、年収が1000万円もある人ならば、カードローンの金利はかなりの低年利が期待できるのでしょうか?

いくら稼いでいるかよりも、いくら借りる事ができるかだ!!

友人さんが言っている事は、ある意味では正しいのかもしれません。でも、間違いですね。年収が1000万円でも金利が低いとは言い切れません。逆に年収がいくらであっても、実際に1000万円を融資してもらう事ができれば、金利は低くなるでしょう。いくら稼いでいるかというよりも、いくら借りる事ができるのかという事の方が低年利には繋がるかと思います。

よくあるカードローンの年利ですが、○%~○%という表記になっているかと思います。例えば4%~18%としましょう。実際に審査を受けてみなければ自分がこの範囲でとの金利になるのかは分からないですが、一般的にカードローンを組んだ場合は、最大金利である18%になる事が多いです。

一般的というのは難しい目安かもしれませんが、いざという時の出費の為や、ちょっとローンを組んで買いたい物がある程度のカードローンなら10万円~50万円程度の枠になる事が多いでしょう。余程の目的がない限り、自分から何百万もの枠を希望する事もないでしょうし。カードローンを組む会社によりますが、だいたい数十万円程度の融資枠であれば、最大金利を設定される事がほとんどです。例で言うと18%ですね。

利用するカードローンの会社が、個人への融資は最大500万円までだったとします。最大500万円を何らかの理由で必要になり審査に通り、借りる事になったとすれば、最大の18%の金利が設定される事はまずないでしょう。1番低い4%を設定されるかどうかは分かりません(最低金利になるには、他社からの借り入れがない、滞納など履歴がないなどなど、会社によって基準がある事も多いです。)が、少なくとも最大の18%よりは低い金利になる事でしょう。

このように借りる金額によって金利が変わる事はあります。中には何円~何円までは何%と金利をすでに決めている会社もありますよ。この場合も、やはり多く借りれる人の方が金利は低くなっています。10万円程度のキャッシングと何千万も借りる住宅ローンが同じ18%の金利だとイヤでしょ?

友人さんが言う、年収が多い方が低金利という意見ですが、年収が多い方が多く借りれる可能性も高くなりますよね。単純に総量規制で考えてもお分かりかと思います。年収の3分の1と考えて、年収300万円の人と1000万円の人ならどうでしょう?1000万円の人は300万円の人の年収分借りれるわけですから…。

でも、100%ではないですよ。年収300万円でも過去に一切の事故がなく、100万円借りる事ができた場合と、年収1000万円あるけれども他社からの借り入れも多く、更にブラックになるような事故も多発しているようであれば、100万円も借りれないかもしれないですし、場合によっては300万円の人よりも金利が高い事も。下手すれば融資すらしてもらえない可能性もあります。まぁ年収がいくらであっても審査次第ですね。

年収1000万以上なら低年利のカードローンを狙え

旅行へ行きたい、おいしいものを食べたい、買い物を楽しみたい時に、現在手元にあるお金だけでは足りない時に便利なのが、カードローンやキャッシングです。

基本的にカードローンは月々のリボルビング払い、キャッシングは一括払いによる返済が主な方法ですが、支払い方法はどちらもさほど変わらないサービスを提供している貸金融業者が増えており、その違いは徐々に薄くなってきています。

しかし、キャッシングの方が急な利用に臨機応変に対応してくれることもあり、契約する際の審査や返済方法がやや厳しく設定されている場合が多いので、その辺りの特徴を見極めながら利用したいものです。

これら融資を受ける際に気を付けたいものとして、「利息」が挙げられます。貸金融業はお金を貸してあげる代わりに、この利息を加算した元金を回収することで、収益を上げ、経営を維持しているわけです。

ですから、サービスを利用するには必ず利息分も払わなければなりません。ですが、借りる方としてはできるだけ余分なお金を支払いたくないというのが正直なところです。数多くの貸金融業者を比較しながら、利息の安い業者を選択するようにしましょう。

利息はいわゆる金利で、カードローンやキャッシングを提供している業者では「年利」として計算している場合が多くあります。年利は金利の支払い期間を1年とした時に、元金に対する金利の割合になります。支払い期間が1年に満たない時は、もう少し複雑な計算になります。

どこの貸金融業者を見ても年利は数%~十数%としていることが多いですが、これは利用限度額の設定によって変動する仕組みになっているからです。基本的に限度額が低いほど高年利で、限度額が高くなるほど低年利です。

それなら、限度額を高く設定すればよいと考える人もおられるでしょうが、高い限度額で申し込む時には収入証明書が必要になるケースがとても多いです。よって年収1000万以上といった高額所得者ほど低年利の限度額設定がしやすくなります。所得の高い人はお得に利用するためにも、できるだけ高い限度額に申し込んでみましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの借り入れ金額は年収か手取りか?どっちで決まる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.