年収1000万円!!銀行カードローンならいくら借りれる?

年収1000万円を超えています。500万円借りたいと思ってるのですが、利用したい銀行カードローンの最大融資額は個人の人には300万円だと言われました。年収が1000万円もあるのに500万円借りれないのでしょうか?他の銀行カードローンなら年収1000万円でいくら借りれるのでしょうか?

年収が多くても銀行の最大以上は無理ですよ~

ご利用したいと思っている銀行が300万円までしか貸し出さないと決めているなら、年収が100万円でも1億でも300万円を超える融資はできないでしょうね。あなたが年収1000万円を超えているから「特別に多く貸しますよ~。」的な事を期待していたのかもしれませんが、あなただけ特別にするわけにもいきません。他の個人のお客様と同じです。年収で客に格差はつけないですよ。

他の銀行でも同じだと思います。多くの銀行は最大融資額を設定しています。大体は500万円~800万円くらいですね。ご利用になりたい銀行は少し低めですね。最大融資額が500万円以上の銀行を選びましょう。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、限度額の制限はありません。なので、あなたが500万円を借りれる可能性は充分にあります。

他には500万円もの大金なので、何か利用目的があるのでは?目的によっては専用ローンがあり、こちらの方が金利がお得だったり、大金が借りやすかったりする事もあるので、検討してみてくださいね。利用目的を言いたくない、複数あって総額が500万円だとかならカードローンでもOKだと思います。

一般的に年収1000万円だといくら借りれるのか?と聞かれると、やはり総量規制の約330万円程度が最大になると思います。総量規制対象外の銀行などなら330万円以上も可能ではありますが、総量規制を超える借り入れは返済するリスクが大きくなるのであまりおススメできません。貸す方も返ってこないリスクが大きくなるので慎重になると思います。

ですが、住宅ローンなど年収がいくらであっても高額を借りるしかない事も多いですよね。なので総量規制以上の融資が不可能なわけではありません。あとはご自身でしっかり計画を立てて、銀行にキチンと返済を続けて、信用を繋ぎ続ける事が重要です。

銀行カードローンなど使い道が自由なローンには上記にも書いたように上限がある事も多いです。この場合は、総量規制対象外であっても、どんな理由であっても上限を超える融資をしてもらう事はできません。上限を超える融資を希望しているならば別のローンを探しましょう。銀行などのローン説明会や相談に参加してみるのも良いかもれませんね。ピッタリのローンを教えてもらえるでしょう。参加できるようなイベントがなくても、窓口で相談すれば相談にのってもらえますよ。

年収の多い方は、年収が多いだけに楽に融資してもらえると勘違いしている事が多いです。年収の多さだけがカードローンの全ての基準になるわけではありません。500万円の融資も充分可能だと言いましたが、場合によっては1円すら無理だと断られる事もあります。年収が多いから銀行最大融資額を必ず借りれるわけでもないので気をつけてくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローン選びに重要な審査基準

年収1000万なら銀行カードローンでいくら借りれるか

年収1000万の方が銀行カードローンを契約する場合いくら借りれるか興味がある方が多いようです。結論から言えば借入上限は各金融機関次第です。しかし、消費者金融向けの現金を貸し出す際の法的制限に準拠した審査をする銀行カードローンも多いので300万円が目安になると考えられます。

消費者金融の現金の貸出の際の法的制限は総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。金融機関には適用されませんが、銀行カードローンの中にも消費者金融の保証を受けている場合は消費者金融向けの法的制限が適用されます。

また、銀行が扱っているカードローンでも消費者金融のカードローンを代行販売していることも少なくないので保証会社がどこなのかチェックしておくことをオススメします。また、1000万の年収がある場合、500万とか800万円とか多額の貸出制限を付ける銀行系カードローンも存在するようですが、一般的には消費者金融向け制限を踏まえた300万円が多いと思われます。

ただし、これは借入が無い場合です。他の借入状況は自己申告と情報管理会社からのデータを元に審査されますが、他社からの借入が多ければ1000万円の年収があっても審査が通らないこともあります。情報管理会社には本人の同意を持って各社の借入、返済情報が保存されます。保存期間は約5年と言われていますが長期化する傾向があります。自己申告とデータとの差が大きい場合にはデータが優先されるだけでなく、審査が不利になることもあるので出来る限り正しく記載することが重要です。

また、借入が少なくとも借入件数が多い場合にも審査が不利になることがあります。小額ローンなど月々の返済に影響が大きいローンが多数ある場合は返済が困難な状況にあると判断され、消費者金融向け制限以下出会っても審査が通らないことも多いようです。そのような場合は借入件数をまとめるおまとめローンを活用することをオススメします

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.