カードローンを年収以上の借入にするには

キャッシングベスト3

年収以上の借入をするにはどうする??カードローンの選び方

ある450万円の商品の購入を考えているのですが、とても現金で買う事はできません。そこでカードローンで借入しようと思ったのですが、年収は400万円しかありません。カードローンで年収以上の借入をする事は可能なのでしょうか?どうにかして年収以上の借入をする方法があれば教えてください。

総量規制を上手に利用しよう!でも正直、厳しい!?

カードローンを組む主な利用先としてあげられるのは、消費者金融と銀行だと思います。他にも融資を受けれる貸金会社はありますが、ここでは消費者金融と銀行の2種で考えていきたいと思います。まず、この2種の違いですが、消費者金融は総量規制の対象であり、銀行は総量規制の対象ではありません。

という事で、総量規制の対象である消費者金融から年収400万円では、ご希望の450万円を融資してもらうのは絶対に無理です。最大でも133万円までしか借りる事はできません。ですが、銀行の場合は総量規制の対象外ですので、総量規制の133万円以上を借りれる可能性は高いです。返済能力があると判断されれば450万円だって不可能ではないでしょう。ただ、総量規制の対象外と言っても、返済能力を考えると150万円前後になる事は多いようです。

方法としては、総量規制の対象外である銀行に相談して、カードローンでなくても、何か450万円の融資も可能になるであろうローンはないかを相談するのが良いでしょう。購入する商品が何かにもよると思いますが、例えば自動車なら自動車ローン、資格を取る・学校に通うなどに必要なものを購入するには教育ローンなどなど、銀行によりますが、様々なローンがあります。場合によっては年収以上のローンを組まなければいけないものもありますよね。カードローンに絞らずに幅広く考えてみてください。

どうしてもカードローンでどうにか賄いたいのであれば、1つ提案があります。銀行と消費者金融のダブル利用です。消費者金融で総量規制の最大分の133万円が借りれるとします。となれば後は317万円ですよね。銀行で317万円のカードローンを組む事ができれば、450万円借りれるかもしれません。

例えば、他の消費者金融で50万円借りていたとします。別の消費者金融に申し込みをすると、総量規制により、最大である133万円から50万円を引いた金額が融資可能最大金額になります。他社から133万円借りていたら、その時点で消費者金融から借りる事はできなくなるのです。

しかし、銀行は総量規制の対象外ですよね。実は、消費者金融がどれだけ貸す事ができるかを考える時、総量規制対象外の銀行からの借入分は計算に入らないんです。つまり、銀行から317万円借りている状態での消費者金融の申し込みは、一見、総量規制以上の借入を既にしているので不可能に思いますが、銀行は対象外なので総量規制最大の133万円を借りれる可能性が残っているのです。なので、銀行から317万円借りる事ができれば、消費者金融で133万借りて450万円を借入する事が可能になるのです。

この方法は不可能ではありませんが、かなり大変だとは思います。まず、銀行が317万円を貸してくれる保証などありません。不可能ではありませんが、厳しいと思います。更に、総量規制対象外の銀行の借入は計算に含まれないものの、やはり他社からの借入があるというだけで、消費者金融での審査も厳しくはなると思います。上記の方法が成功する確率は高いとは言えません。返済も大変になりますからね。よ~く考えてみてください。

【参考ページはこちら】
年収で決まるの?カードローン利用限度額?

カードローンで年収以上の借入をすることはできるの?

事前に定められた金額の中で借り入れを行い、期限内に利息をつけて返済をしていくカードローンは非常に便利な存在です。それまでの借入・返済の状況や就労状況などに合わせて限度額が定められることになりますが、突然の出費であっても対応をできるようにするため、カードローンの審査を事前に通しておくということは非常に有効なことといえるでしょう。

ですがここで気をつけなくてはならないのが、「利用できる金額は限られている」ということです。カードローンでの借入は無限にできるものというわけではありませんから、収支のバランスのみではなく、現在借りている金額についても知っておかなくてはなりません。

それぞれの消費者の信用がどれだけ優れていたとしても、借入できる金額には制限がかかるのが一般的です。特に年収以上の借入ということは、ほぼ不可能といっていいでしょう。これは現在の日本に存在する「総量規制」によって定められるものです。

総量規制においては個人向け貸付の限度額は最大でも年収の三分の一ということにさだめられていますから、年収以上どころか、年収の半分以上という借入も、基本的にはできないのです。
(⇒銀行のカードローンは総量規制が関係ない?

ですがこれは、どのようなカードローンであっても不可能であるというわけではありません。その例外となるのが「経営母体が銀行の場合」です。ここまでに述べた総量規制は、あくまでも「貸金業法」という法律に基づいて経営をしている金融機関にのみ発生するものです。

そして銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて経営を行っています。銀行法においては個人向け貸付の限度額というものは定められていませんから、銀行から借入を行うというのであれば、年収以上の借入ができる場合もあるのです。

とはいえいくら経営母体が銀行であったとしても、年収以上の借入は返済不能に陥るリスクが非常に高いものですから、何らかの特別な事情が無くてはできないと考えておくべきといえるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.