カードローン借り入れは年収か手取りか?

キャッシングベスト3

カードローン借り入れは年収か手取りか?間違ってたら詐欺?

収入年300万円以上という条件のカードローンがあり申し込みをしました。結果はOKだったので無事に契約となったのですが、ちょっと不安になった事があります。年収(額面)は月25万、ボーナス50万の350万円になるのですが、手取りだと月15万、ボーナス40万の220万円になってしまいます。カードローン借り入れは年収か手取りか?手取りだったら詐欺になってしまうのでしょうか?

大丈夫ですよ♪間違ってても問題ないです!!正しくは?

まず、年収を申告する際に手取りの金額と額面の金額を勘違いして申告してしまった事は、誤魔化しでもなんでもありませんので、故意に年収を多く見せたわけではないですし、詐欺にもなりません。年収を重視しなければいけないような高額融資をする場合は収入証明も必要になりますし、そこで気が付いてくれると思います。収入証明も必要ないような少額融資を希望していたら、特に年収を重視する事もないので大丈夫です。今回の場合、収入額が条件にあるカードローンのようなので、収入証明は必須だったでしょうから、それを見て審査を通しているのですから問題ないでしょう。

さて、カードローンなどを申し込む時に申告する年収は、正しくは手取りと額面のどちらなのでしょうか?答えは額面です。年収とは、何も引き出されない状態の収入の全体を表します。手取りになった時点で、税金やら保険やら引かれているかと思いますが、この引かれているお金も働いた収入である事には変わりありません。
(⇒年収が下がったら今利用しているカードローンはどうなる?

もし、手取りが正しいと言われたら損をする人はたくさんいると思いますよ。会社にもよると思いますが、組合費などの積み立て金が必要な会社、社内預金がある会社もあります。積み立ても社内預金もない人はそれだけ手取りが多いですが、社内預金を月に10万円していたとしたら、手取りになると10万円損する事になります。免許がなければ自動車保険も引かれません。車を持っている人はそれだけ手取りが少なくなります。

誤魔化しは厳禁ですが、収入を申告する時は1円でも多い金額の方が有利なのは間違いないです。年収100万円の人より、年収500万円の人の方がより融資してもらいやすいのは当然です。それを手取りで審査してしまうと、保険にたくさん加入している人ほど、社内預金を多くしている人ほどに、収入が少ないと思われてしまって損です。あなたの場合も手取りの220万よりも、額面の350万円の方が収入があって良いイメージですよね。

特に収入証明も必要ない融資を受けようとした時、年収を申告する際に、だいたい毎月貰っている手取りを単純に12か月分計算して申告する人が多いです。あなたなら220万円と申告します。すると貸金会社は220万円だと思って審査してしまうでしょう。本当は350万円なのに。例えば総量規制の最大まで融資できるとしたら、手取りだと約70万円の融資が可能です。しかし、正しく申告していれば110万円の融資が可能だったのです。40万円も損する事になります。

多く融資してもらいたいと考えている時ほど、手取りと額面を間違って年収を申告すると損してしまう事もあるんですね。でも、手取りを申告したからと言って詐欺にはなりませんのでご安心ください。少なく言う分には罪もなんもないでしょう。損するだけです。自動車ローンや住宅ローンなど、カードローン以外にも融資を受ける事があるかもしれません。これからはどんどん額面で年収を申告していきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前にQ&Aをチェック!

カードローン借り入れは年収か手取りか?迷いますよね

カードローン借り入れは年収か手取りか?

カードローンの借り入れの申し込みをする際には名前、住所、年齢、電話番号、勤務先などいろいろなことを書類に書かなければいけませんが、その項目の一つに年収があります。この年収というのは総支給額なのか手取り額なのか迷うと思います。

ズバリ総支給額です。社会保険料や所得税を引かれる前の金額です。

例えば月20万円の給料で社会保険料25000円、所得税5000円引かれた場合手取りは17万円になります。この場合の年間の手取り額は17万円×12ヶ月で204万円になります。しかしこの204万円を年収として申告するのは間違っています。

正確には月の総支給額20万円×12ヶ月の240万円。この240万円を年収として申告することが正解です。またボーナスがある場合はボーナスも所得税を引かれる前の総支給額を足し合わせて年収として申告してください。また給与とは別に年金などの支給がある場合もその金額を足し合わせた額が年収額となります。

月々の総支給額が20万円ボーナスが年間で80万円あった場合、20万円×12ヶ月+80万円で300万円が申告すべき年収額となります。

借り入れ(キャッシング)には総量規制というものがあります。これは2010年6月18日に施行された制度で年収の3分の1を超える借り入れがある場合新たな借り入れができないというものです。上記の例の年収300万円の場合ですと、借り入れが100万円を超えたら新たに借り入れることができなくなりというものです。

この総量規制の対象となるのは「貸金業法に基づき営業を行う貸金業者」からの借り入れについてのみです。

つまりクレジットカードを使用したキャッシングは総量規制の対象となりますが、クレジットカードを使用したショッピングについてはこの対象とはなりません。また銀行のカードローンでの借り入れ、住宅ローンなどもこの総量規制の対象とはなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.