カードローン年収ごまかし多めに契約可能?

キャッシングベスト3

総量規制のあるカードローン年収ごまかし多めに契約できる?

車のローンや銀行のカードローンは審査に落ちてしまったので、総量規制の対象になる消費者金融のカードローンを申し込もうと思っています。目的は車の購入なのですが、総量規制になると車が買えません。年収をごまかして多めに借りたいのですが、カードローン年収ごまかし多めに契約する事は可能なのでしょうか?

見逃してくれれば可能!?でも、高額融資となると…!?

年収をごまかしても必ずバレます。銀行や消費者金融が、どこまで調べるかは分かりませんが、基本的な情報はごまかしてもバレると思っておきましょう。特に、既にクレジットカードを持っていたり、他社のカードローンを利用していたり、過去に契約や申し込みをしているならば、情報を共有する事が可能です。

銀行であっても、消費者金融であっても、貸金業務を行っている会社は情報を共有する事ができます。使用しているカードがあるなら5年は情報が消えずに見放題だと思っておきましょう。例えば、A社に申し込みをした時に本当の年収300万円と申告してカードを作ったとします。それが今回はB社にごまかして年収600万円と申告しました。いきなり年収が300万円も増える時代ではありません。疑われるでしょう。

B社がそれほど調べもせずに年収を信じてくれたとすれば、単純に200万円までの融資が可能になります。ただ、本当の年収ならば100万円までしか融資してもらえません。本来よりも100万円多く融資してもらえる可能性ができたのです。ごまかしによって。総量規制は年収の3分の1までしか貸してはいけないという決まりです。でも貸してしまった事により、いつかバレた時にB社は罰を受ける事になるでしょう。さらに、最悪の場合、詐欺として、ごまかした人が罰を受ける事になるでしょう。

ごまかした本人だけでなく、貸す会社側も罰を受ける事になるかもしれないのですから、そう簡単にごまかしも通用しないでしょうね。そんな事にならない為にも、一定の金額以上の融資を希望してくる人には収入証明を出すように言ってきます。多くは50万円以上や100万円以上の融資希望ですね。収入証明を出さなければ、一定金額以上の融資はしてもらえません。また、この収入証明をごまかすと完全に詐欺罪になるのでご注意を。

総量規制の対象であってもなかっても、高額融資の場合には収入証明が必要になります。なので、普通の方はこの時点でごまかせないと諦めるでしょうね。また、年収をごまかして申告したのがバレた場合ですが、信用がないと契約を断られてしまう事もありますので気をつけましょう。中には優しい会社もあります。バレても契約してくれる会社です。しかし、バレた後の正しい年収の範囲での契約になるでしょう。契約してくれるだけ有難いですね。

総量規制以上の融資を希望しているならば、また目的がハッキリしているならば、銀行や目的別ローンを利用するのが1番です。その審査に落ちてしまったからと詐欺的な事はしない方がよいでしょう。様子を見て、しばらくしてからもう1度申し込みをしてみる、昇給したタイミングで申し込みをしてみるなど、今は我慢して再チャレンジという事を考えてみては?

【参考ページはこちら】
年収とカードローン借入金額に関するオススメ記事

カードローン年収ごまかしはしないほうが得する

カードローンを利用する人は、増加傾向にあります。日本では、5人に1人の割合で利用をする人がいるのです。利用をする理由は、海外旅行の資金を確保したい、生活費が苦しいので来月まで借り入れをしたい、上司からの誘いが断れないといったケースが多いようです。緊急で必要な人もいれば、将来的に必要と思っている人も多いです。現金を調達することができれば、ある程度の問題を解決することができるので利用者も増えています。

初めてカードローンを利用する人は、不安を抱えている人もいます。本当に借りることができるのか、審査に通過することができるかといった悩みです。それに関しては、実際に利用をしてみるのが一番手っ取り早いです。ある程度の知識を持っていれば、利用者にとって有利になるような借り入れをすることができます。企業の選び方としては、毎日テレビコマーシャルを行っている企業が良いです。大手企業は、安心感と信頼があります。この二つはおおくの実績からもわかっていますし、利用者が多いということはサービスが充実していることでもあるからです。

申込みをする方法は企業によってことなります。人気が高いのは、インターネットと無人契約機を利用したものです。特にインターネットを利用したものは、いつでもどこでも申込みができるので利便性が高いです。若い男性を中心として、利用者が増えています。必要な情報と書類を提出することで、企業の審査を受けることができます。情報を提出するときにカードローン年収ごまかしをすることもできます。

しかし、これは審査に悪影響しか与えないのでしないようにしましょう。企業は、個人情報信用機関から利用者の情報を参照することができます。その情報があれば、年収のごまかしはすぐにばれてしまいます。

きっちりと審査に通過したいと考えている人は、正確な情報と書類を提供するようにしましょう。そのなかで、改善ができることは改善していきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.