大口顧客のカードローン借りやすさはどう

キャッシングベスト3

大口顧客だと、カードローンの借りやすさは変わるのかね?

大口顧客だと、カードローンの借りやすさは変わるのかね?

私は、今自分のメインバンクに余剰資金をプールしているんだ。定期預金もしっかりとかけてあるし、投信だって使っている。

正直なところ、この銀行にはかなりの金をプールしているので、いわば私は大口顧客の一人だ。いろいろと融通してもらうことだってある。

そんな生活を送っていて、丁度また資金に余裕ができたので新しい銀行に口座を開こうと思ってね。気になったのが、大口顧客だと、カードローンの仮やすさは変わるのかね? ということさ。

丁度いま、プールできる金も手元にあるし、大口顧客になる前と後でどうなるか実験もできるのだが、やはり気になってね。ぜひ、教えてくれたまえ。

正直なところ、変わると言えます

お話ぶりを聞いていると、かなりの資産をお持ちのようでうらやましいばかりです。さて、いつまでもうらやましがっていては仕方がないのでさっくりと話を本題に戻しましょう。

銀行にたくさんのお金を預けている、お金やサービスを使っている。そんな大口顧客であるかどうかによって、カードローンの借りやすさは変わるのか。

明確に言うことはできかねますが、変わると言えます。これはなにも難しい話ではありません。銀行も客商売です。できればたくさんお金を持っていて、どんどん投資してくれるような人に集まって欲しいと思っています。

特に、金回りの良い人なら一度に使う額も大きく、ふつうの人よりも破産する可能性も低いので、がんがんお金を貸してガンガン利子をかけ、どんどん返済してもらうことで儲けたいと思っています。

やはり、貸すお金の元本が大きければ大きいほど利子もつきますから、当然ですよね。

どこの世界でも同じですが、たくさんお金を持っていたり、素晴らしいスキルを持っていたりすると優遇されます。そうとははっきり言わなくても、そこには確かに少し特別な扱いがあるのです。

ちょっとした例を考えてみましょう。もし、大口顧客でもなんでもない人がカードローンに申し込んできた場合、審査をする銀行側は、その銀行に口座がなければどれだけ資産を持っているか判断しようがありません。

だからこそ、収入や職業、これまでの信用情報を頼ります。(こちらもご参考に→自分の職業でカードローンを利用できるか気になったら)ですが、もし大口顧客で、口座にうなるような金額をプールしているならどうでしょう。

ある程度お金を持っていることはわかっているのですから、その分審査も楽になりますよね。お金を持っているかどうかわからない人、からお金を持っている人、という扱いに変わることで、得をする部分は確実にあります。

それが直接借りやすさにつながるかというと微妙なところもありますが、影響はあるのかと聞かれたら、ないわけがない、と答えられるのです。

実際に大口顧客の方ならわかるかと思いますが、ある程度以上お金を使っている人には、ばんばん宣伝というか営業がかかります。やれこちらの新しい投信が、定期預金がといった具合にです。

同じように、カードローンについても勧誘されることがあるでしょう。こちらの財務状況を知っているだけに、安心して営業をしかけてくるわけです。

ですから、もし面倒な場合は先にお金をプールしてしまって、それからカードローンのお申込みをした方が良いでしょう。わざわざ試してみて、審査に落ちたりする必要もないかと思います。

とはいえ、実験するかどうかはご質問者様の自由意志ですので、もしよければぜひ結果をまたお知らせください。

【参考ページはこちら】
確実にカードローンで借入をする方法ってある?

大口カードローンの借りやすさについて知りたいなら

カードローンはとても借りやすい融資のサービスとなっており、初めての人でも気軽に利用することができるのです。基本的に誰でも融資の申請を行うことができ、申請の時に行う審査に関しても難しいものではありません。消費者金融系の場合は年収の3分の1以上の借り入れを行うことはできませんが、銀行系の場合は主婦や学生・パート・アルバイトなどの人でもお金を借りることができます。(こちらもご参考に→主婦が作る銀行カードローン、安全に使える?

具体的にどのような審査が用意されているのかということですが、この時に大切となるのは年収と勤続年数となっています。特に勤続年数が重要なポイントとなっており、働き始めてから1年未満の人などは審査に通るのが難しい場合もあります。一般的にカードローンは少額融資のサービスなのですが、融資に関する上限額は法律によってしっかり決まっているため、後で追加融資を受けることもできます。
(⇒カードローン選びに重要な審査基準

融資上限額は本人の収入に対して設定されるようになっており、カードローンの時に必要となる年収は、それほど大きくなくても構いません。融資の総額は自身の収益を超えることがないように設定されているため、安心して借り入れを行うことができるのです。このような融資のサービスでは、直接利用者に対してお金を貸すことになるため、業者と利用者との関係性がより強いものになります。そのため万が一のトラブルなどが発生しないよう、いくつもの法律的な保護がされているということです。金融業者もそれをしっかりと守ってサービスを提供しているため、安心して利用できると言われています。

大口のカードローン利用をする時は、一度に大きなお金を借りることになるため、返済までの期間も長くなります。利息の負担というのは返済が長引くほど大きくなってしまうため、消費者金融よりも金利の低い銀行を選ぶようにすると良いでしょう。カードローンの借りやすさについて比較したいという場合、インターネットで調べてみるのがオススメです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.