伸さ緩い、消費者にはメリットがある?

キャッシングベスト3

伸さ緩いカードローンって消費者にはメリット?デメリット?

伸さの緩いカードローンって消費者にとって、味方?敵?なんかカードローンで伸さが緩いというのは二つの意味があるような気がするよね、メリットとデメリットを教えてもらえないかな。

まず「伸さ」じゃなく「審査」ね、借りられるけど高金利ってだけ

審査が緩いというのは、もちろん消費者にとっては自分の金銭にまつわる過去の事にも目をつぶってくれるということだからメリットなんだろうけど、これって、「貸して貸して貸してー!」という消費者側からみるメリットね。それを客観的に見る人がいるとすれば、「あの人また借りてる、これで借りられなかったらまともな仕事探したかもしれないのに…」ということかもしれない。だから、客観的な人からの意見があれば、審査が緩いのは消費者にとってデメリットと言うでしょうね。
(⇒審査なしカードローン、メリットやデメリットはある?

麻薬と考えてみればどお?本人は欲しがるけど、他人から見ればもう止めなさいって事になるよね、それと一緒だ。借金も依存性があって、借金に借金を繰り返す人って、借りて借りて、もう借りられないという時に、どこかで貸してくれたら、その喜びが「これで子どもにご飯が食べさせられる」などの理由では無くて、「これでまたお金が使える」という方向なんだよね。借りることができた瞬間にアドレナリンが出る感じ。お金イコール欲求が満たされるというイメージ。

依存っていうのは恐ろしくて、それが負の連鎖だとしてもその関係性で生きてきてるから、それが幸せな錯覚に陥るんだよ。夫や妻にDVを受けてる配偶者が、本当は優しいあの人だけど自分が悪いから殴られてるんだと思い込むのと一緒。あの人たちって、引き離そうとしてもなかなか引き離せないんだよ。それが依存関係の恐ろしさなんだ。その典型が改正賃金業法ができる前の日本だったね。特にバブルがはじけた後は消費者金融の天下のようになったね。

高すぎる金利でもお金を借りて、激しい取り立てに合う、でもまたお金を使う行為がしたくて借りる。取立てに合う、まさに借金依存による負の連鎖そのものだったと思うよ。その負の連鎖を消費者が経ち切ったんじゃなくて、国が手を差し伸べたのが改正賃金業法だった。本当の事をいえば、消費者たちが、これではいけないと立ちあがってこそ、自立の道へ入るんだけど、国が手を差し伸べたから守られる方になっちゃって、本当に自立には向かえなかったんだよ。

消費者一人一人が自立できれば、国が自立できるんだけど、それはもう少し先になりそうだね。もちろん国が手を打つことが国の自立でもあると思うけど、国の子育てと考えると、これでよかったのかなって思うね。自分たちで解決していないから今でもやっぱり闇金がじわじわと出てきて、それを求める消費者もかなりいて、結局同じことで苦しむんじゃないかって思うんだよね。

消費者にとってカードローンがメリットになるのは、本当に必要な時に必要な分だけ借入ができる人。デメリットになるのは、そうじゃない時にどんどん借りて快楽のために使う人たちの依存が深まるということ。かな。

伸さ緩いカードローンはどこでしょう?銀行?消費者金融?

バイクや自動車が趣味の人って、多いですよね。老若何女、休日にもなると、気持ちよさそうに大型バイクやオープンカーで颯爽とドライブする姿。見ているほうが羨ましくなります。

さて、バイクや自動車に限らず、何らかの趣味を持っている人というのは、お金がかかるものです。お金がかかるといっても、新規でバイクを購入するといった大きな出費については、前もって準備をしているため、さほど問題もないでしょう。

問題なのは、例えばバイクが趣味の人などにおいては、修理の費用です。長時間エンジンに負荷を与えていれば、時にはバイクも疲れてしまいます。メンテナンスが急きょ必要になることもあるでしょう。趣味を持つ人は、こうした急な出費がつきものなのです。しかも、この出費は、かなり痛いのです。

そのような人たちの間で人気なのが、カードローンです。カードローンさえあれば、急なバイクの故障などに、すぐに対応できます。北海道をツーリング中にバイクが故障してしまった、などというときでも、近くのコンビニに行けばATMからすぐに修理代を引き出すことができます。あとは翌月から、無理のない金額で少しずつ返済していけばよいのです。

カードローンは、申し込めば誰でも契約できるというものではありません。審査があります。あなたの過去に、借金の著しい滞納歴などはありませんか。自己破産などはありませんか。そうした大きな金融上の自己でもない限り、特に審査は問題ないでしょう。もちろん、現在安定した収入があることが前提ですが。

ところで、伸さ緩いカードローンといえば、どこがあるのでしょう。審査自体は、どこの金融機関でも同じようなことをやります。その審査の内容をどう考えるかが、金融機関によって異なってくるのです。あるところでは大丈夫だと考えても、別の金融機関では返済能力なしと考えることもあります。銀行よりは消費者金融のほうが、伸さ緩いカードローンと言われます。また、銀行系では、楽天銀行が緩めともいわれます。いずれにしても、過去の事故がなく、現在安定収入があれば、審査とは無縁と言っても良いでしょう。

【参考ページはこちら】
審査の緩い銀行カードローンなんてありませんよね?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.