銀行系のカードローンで審査の緩いところは

キャッシングベスト3

銀行系のカードローンで審査の緩い所があると聞きます、どこ?

銀行系?って銀行と同じ扱いということであってる?ママ友の間でもカードローンはいつも話題なんだけど、話の内容は○○万円借りただけなのに、まだ返済が続いてるとか、やっと完済したけど次借りなきゃなんなくなったという感じ。

どうしても子どもがいると働きたくても働けないし、小さな子どもを預けて仕事に行っても、よけい自分がバタバタするんだよね、結局子どもの世話と家庭のことと仕事と3つを背負うことになる。

そうなると体がしんどいことは後回しだったり、そうなると結果子どもに八つ当たりとかしちゃって、自分が落ち込むの。そんな悪循環にハマって行くくらいなら借入でゆっくり子育てしてる方が自分のためにも子どものためにも精神が落ち着いていいだろうって考えなの。

旦那の給料で返済もするから、大して子どもの世話も家のこともしなくてもなんとか我慢の範囲にはいるってね。それで、銀行系のカードローンで審査にゆるいところがあるって聞いたんだよね、どこのことかな?

銀行系は銀行ではない、審査のゆるさは個人差がある

銀行系と銀行は全く違ってて、銀行系は消費者金融と提携してるとか、銀行のグループ会社の一つになったという場合に「銀行系」と呼ばれるんです。ですが、消費者金融です。銀行系消費者金融にどんな所があるかと言えば、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、ここは三井住友銀行グループとなります。そして、三菱東京UFJ銀行系列の三菱東京UFJファイナンシャル・グループのアコム、WEB完結で有名なモビットも三井住友銀行グループね。ホームページでいうと、トップ画面に消費者金融名があって、その上か横に銀行名や銀行グループ名が入っているから、それがあれば銀行系消費者金融となるの。
(⇒カードローンを利用できる会社名を一挙に紹介!

もっといえば、銀行は銀行法が適用されて、銀行系でも銀行系でなくても消費者金融は貸金業法が適用されるから、そもそもの根本がお互いに違うということ。その中で審査のゆるい所というのは、もう本人との相性の問題だと思うのよ。そして、ネット申し込みの方が意外と審査に通りやすいと思う。だけど、必要な部分の入力漏れや適当な事をするのは厳禁。郵送資料があるなら、手早く郵送したり返送したり、印鑑の漏れは無いように、記入漏れは当然のこととして、してはいけない。

自分の審査に落ちる要素、を考えてみると、どこに申し込めばいいかがわかって来ると思うわよ。だけど銀行系のなかではそう変化は無いと思うけど、初回限定無金利などのサービスを利用しながらの返済計画も立てる余裕があるといいわね。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンを利用したい方にオススメ記事

銀行のカードローン。ほとんど審査は緩いと考えて良いでしょう

住宅ローンなどの高額な借り入れの場合は、身を引き締めて銀行と交渉にあたります。審査で落とされることも珍しくありません。事業者ローンなどは、むしろ審査で落とされることのほうが普通ともいわれます。ローンを組むというのは、返済との戦いというよりも、審査との戦いと言って良いでしょう。

では、最近話題のカードローンですが、これもまた審査は必要です。債務整理や自己破産の経験者は、ブラックと言われて一定期間、お金を借りることが難しくなります。クレジットや携帯代の悪質な滞納歴などがあっても、カードローンの審査で引っかかる場合があります。こうした情報が多く出回っていることから、申し込みたくても審査が怖いといった人たちが大勢います。やがて申込みすること自体を諦めてしまう人も多いとか。

では、いったい本当にカードローンの審査は厳しいのでしょうか。あなたはクレジットカードを持っていますか?会社員でも個人事業主でも、現金より便利ということでクレジットカードを持っている人は多いでしょう。専業主婦でも大学生でも、多くの人が持っています。(こちらもご参考に→自分の職業でカードローンが利用できるか気になったら

クレジットカードを申し込みするとき、審査があることをご存じですよね。その審査に自分が落ちる可能性がある、と考えたことがありますか。このクレジットカードの審査と、カードローンの審査とは、ほとんど同じと言っても良いでしょう。違うところとすれば、個人の審査内容によって借り入れ限度額や金利が異なる、といったところぐらいでしょうか。少なくとも、クレジットカードの審査に通った人ならば、カードローンの審査にも通る可能性が非常に高いでしょう。

したがって、審査を怖がっている人は、ちょっと考え過ぎとも言えます。どの金融機関の審査が緩いだろうか、などとネットでいろいろ検索するよりも、まずは自分の身を振り返ってみることです。特に信用に傷のない人であれば、大丈夫でしょう。過去の信用に自信がない人でも、クレジットを持っていて、その後の支払いにも著しい滞納が認められないならば、これも大丈夫でしょう。

情報に踊らされて、あまり大げさに考え過ぎないほうが良いですよ。よけいな心配をするよりも、どこが一番自分にあっているか、金利や上限額などを比較していたほうが楽しいですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.