確実に銀行カードローンを利用できる方法は

キャッシングベスト3

確実に銀行カードローンを利用できる方法があれば教えてください

銀行でもカードローンという商品があることに気がついたのは最近です。だけど、繰越貸付けを知らず知らずのうちに利用していたことがわかりました。バカみたいですよね、繰越貸付けの営業をされたのはもう10年以上前だったと思います。

そんなの利用しないけど、行員さんが困ってるなら付けといてもいいよ。という感じで了解した覚えがあります。それを利用すると通帳に繰り越しているという記号のようなものが出てくるんですけど、その時はマイナスになった原因を探す程度で、それが今のカードローンと同じだとは全く気がつかなかったんですよね。

そして今、少しお金が必要なのですが、繰越貸付けの銀行では知り合いがいるので借入れしたくないのです。別の銀行で、しかも絶対銀行で、カードローンが利用できる所ありますか?繰越貸付けの契約は2年ほど利用していませんが、そのままです。

他に借入がなければ、銀行カードローンが利用できるでしょう

過去に繰越貸付けを利用していて、ここ2年ほどは利用していない。そして他社にも借入が無くて、2年前と経済状況に変化がなければ、銀行のカードローンは新しく利用できます。経済状況の変化というのは、転職や年収減少、雇用形態の変更などです。繰越貸付け契約の営業に来られていたということは、それ相応の信頼があったということですよね、ですから、それまでと同じ状況なら、他銀行のカードローンは十分利用できるでしょう。

ただし、クレジットカード利用が多い場合などは無理です。収入に対して利用範囲が多いと、返済にまわせないという判断が下ります。その辺も確認しておくといいですね。当時カードローンという名称だったかは不明ですけど、若い行員を使って営業展開していたのを記憶しています。私の夫も新入女子行員におずおずと営業されたのでホイホイと契約していました。それがどういう意味かがあまり分かってなかったんだと思います。

でも、その後も車のローンや歯の矯正のための医療費ローンなども組めてますから、環境が変わっていないのなら大丈夫だと思います。ただし、今現在は通帳に繰越貸付けがついていると認識できているということなので、他行のカードローン申し込み時は、その旨申請してくださいね。信用情報ではそのようなこともわかりますから、自覚していなくても虚偽の申請をしたと思われるのは心外ですからね。

もうすでに銀行カードローンの契約が1つあると判断されます。なぜその繰越契約分があるのに、別の契約が必要なんだ?と思われる可能性もありますけど、その分借入枠が低くなっての審査通過だとは思います。確実に銀行カードローンを利用したいのなら、現在の繰越貸付け分を利用するのが一番確実ですけどね。それは通帳繰り越しですから、キャッシュカードで借入れという形で現金を引き出すこともできます。

何より一番便利なカードローンをお持ちだと思います。そして、知人の勤める銀行といえども、一個人のカードローン利用履歴が行員全部に知れ渡ることは考えにくいですけどね。それも嫌なのですね。銀行のカードローンといえども、複数持つことは、その次のローンの時に足かせになる可能性もあります。住宅ローンなどはもう契約済みですか?両親のリフォームローンなどを自分名義で契約する可能性はありませんか?少し先のことも考えて、行動されることをお勧めします。

【参考ページはこちら】
消費者にとってカードローンが便利な理由とは

銀行カードローンは信用力が確実にあります

かつてはカードローンというと独立系の消費者金融会社が運営するものが大半を占めており、借り入れる人の返済能力を超えた貸し付けがなされることがあり、また、金利も高利のものが少なくなく、カードローンを利用した人が返済不能に陥ったり、カードローン会社自体が不良債権を抱え、社会問題になった時代もありました。

そうした時代を生きてきた人たちの中には、カードローンというと負のイメージを抱いてしまう人が少なくないというのも事実です。

しかし、それらを契機として、貸金業法が改正され、収入等の一定の割合までしか貸し付けることができない、いわゆる総量規制が改正されカードローンは現在では健全なものとなっています。

カードローンの口座を作ろうとしたときは、一定の利用限度額を超える場合には審査の段階で収入証明書の提出を求め、返済能力や他の借り入れ状況を審査の上、融資可能かを決定しています。

急なお得意先との接待や上司、同僚との飲み会や親戚の結婚や葬儀などのご祝儀や不祝儀など予期しなかった急な出費に対してはカードローンは、次の給料やボーナスが出るまでのつなぎ融資として確実に頼れる存在となっています。

最近では、かつては個人のカードローンに消極的であった銀行が、長引く不況の中で設備投資を控えがちな企業への融資に代わるものとしてリテール部門の強化を図っており、いまでは、日本を代表するメガバンクや地域で名の通る地方銀行などもカードローンに参入しています。

これら銀行カードローンの特徴としては、銀行として長い間培ってきた信用力にあります。また、金利水準も銀行ならではのリーズナブルなものに設定されています。

カードローンを始めて作る人にとっては、カードローン会社の信用と金利が一番大事なことであり、銀行カードローンは十分に検討の対象となるということができます。

また、銀行カードローンの特色としては、豊富な支店網や提携金融機関のATMで簡単に融資や返済ができることがあげられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.