プロミスキャッシング。コンビニのコツは

キャッシングベスト3

プロミスでのキャッシング。コンビニATMの使いかたのコツ

プロミスでのキャッシングをしようと思っています。そのときプロミスATMとコンビニATMとの使い分けに何かコツみたいなものがありますか。同じように使えば大丈夫なのでしょうか。

同じではありません。コンビニを使う場合手数料が必要です

キャッシングが可能なのは、全国のサービス窓口、店頭のプロミスATM、プロミスコール等の指定銀行口座振込による融資や提携ATMである三井住友銀行本支店ATM、コンビニなどに設置されている、九州地区以外の@バンクのATM、Eネット、ローソンATM、セブン銀行ATM、指定銀行口座振込融資などです。プロミスの場合に気を付けたいことは、提携ATMでの取引が無料ではないことでしょう。

提携ATMでの取引きには、1万円以下で105円、一万円を超えていれば210円という手数料がかかります。これはたとえ返済の利用であっても必要になっています。提携ATMで発生した手数料は次回返済時に清算するようになっています。

しかし、せっかくのキャッシングです。たとえ返済であっても余計な手数料等は払いたくないですよね。何かうまい裏ワザのような方法はないものでしょうか。うっかり便利さにつられてコンビニのATMを使用していたら、知らない間に結構な手数料が掛ってしまうことになりかねません。

実はコンビニエンスストアの中でも、ローソンATM、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートなどではキャッシングできないのですが、なんと返済時にはここを使用することで手数料が無料になるのです。返済の際にはこれらを有効の端末を利用するか、インターネット返済、サービスプラザ、プロミスATMでの取引は手数料無料なのでこれらを組み合わせて利用するようにしたいものです。

キャッシングの際にもうっかりすると手数料が掛ります。もちろんプロミスの店頭まで出向けば無料になるのですが、コンビニATMや銀行ATMなどの提携ATMなどを使用すると手数料が掛ってしまうのです。この点は気をつけないとキャッシングを繰り返すだけでいくら借りているのかわからなくなってしまうことになるでしょう。

ではキャッシングに必要な手数料を省く便利な方法はないのでしょうか。実はこれにも方法があるのです。先にも上げた指定銀行口座振込を上手く使いましょう。この融資方法のうま味は融資にかかる振込手数料をプロミス側が負担するところにあります。この申込は電話でも受け付けてくれますし、インターネットからなら24時間365日受け付けてくれますので、手軽、簡単に手続きができます。

さらにプロミスが指定する銀行の口座への振込融資であれば、受付完了後、最短10秒で振込が完了するそうですので、これは使えるのではないでしょうか。このパターンは返済についても当てはまります。プロミスの場合口座振替、あるいはインターネット返済といったインターネットを活用したサービスが用意されていました。

以上のことを踏まえてプロミスでのキャッシングでは、店頭のプロミスATMとコンビニATMとの組み合わせで利用するのではなく、少し変則的になるのですが、プロミスATMとインターネットバンキングとの組み合わせを上手に利用することで相当便利に、そしてお得な使い方が可能になると言えます。

プロミスのキャッシングはコンビニを使っても大丈夫?

キャッシングをするならコンビニ、コンビニのATMこそが一番使えるというようなイメージのあるところも多くなってきてはいますが、消費者金融にしてもコンビニのATMこそがは確かに欠かせないものになっています。駅前に行けば大抵のところには置いてある専用のATMですけれども、専用ATMではなくあえてコンビニのATMを使いたいという人のほうが若い人では多くなっています。

それは駅前まで行くのが面倒であるとか、コンビニのほうが近いとか、コンビニで一緒に買物をしてそのまま借り入れもできて一石二鳥だとか色々なことが考えられます。そういった若者の考え方はそのとおりかもしれませんが、コンビニATMはいつでもどこでもばんのうかというと、そうでもないのです。たとえ有名業者のプロミスであっても、万能とはいえないのです。

どうしてかというとプロミスは誰もが知っている大きな業者ですが、借り入れや返済をすることはコンビニATMでもできます。しかしそのように借り入れや返済をすることになると、手数料がかかってきてしまうのです。キャッシングにおいて手数料は以外にかかってくるもので、大きくなりがちです。できるだけ手数料は少なくしたいと思っている人も多いでしょう。

またコンビニでは営業時間も異なってきます。深夜でも早朝でも基本的にはATM自体は稼働はしているんですけれども、プロミスなどのキャッシングを受け付けている時間帯というのは違うのです。ですから、場合によってはその受付時間外になってしまって、結果的に借入ができない返済ができないということになってしまうわけです。これは大きな影響を及ぼすといえるでしょう。

コンビニは24時間開いていますし、ほんとうに何かと色々なものを使える便利なところなので、ATMを使う時も同じようにいつでも使えるとおもてしまいがちです。しかしプロミスのような大手キャッシング業者ですらも、使えない時間帯があったり手数料がかかったりするので、結果的にそこまで便利に使えるものではありません。

プロミスの場合は専用機が最も便利なので、駅に行く時に使うようにするのがいいのではないかと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.