新生銀行にレイクの過払い金返還請求する?

キャッシングベスト3

レイクで計算上過払いが出ている?新生銀行で手続きすれば

レイクのキャッシングを利用して数年経ちましたが、支払い利息を計算してみると過払い金が出ているようなので、過払い金返還請求をしようと思います。その際、レイクは新生銀行の傘下ですので、手続きは新生銀行に対してどのようすればよいのですか?

新生銀行ではなく新生フィナンシャル株式会社に対して

2010年に法律上、上限金利の変更が完全施行されたことから、レイクも金利を設定し直しています。これによって過払い金が発生したことになる利用者たちには過払い金請求という機会が生じました。他に借り換えをすることによって金利負担を軽減するなど様々な対応の道が開かれたことも事実です。

レイクは新生グループ傘下の会社ですから、過払い金の請求に強いという評判もあります。ですから過払い金が出ているようであれば、請求を考えることも確かに有効でしょう。数多くの法律事務所、弁護士たちもこの方法を中心に営業努力をしているようです。

ほのぼのレイクはブランド名であり、正式名称は新生フィナンシャル株式会社といいます。2011年10月、事業の一部を新生銀行に譲渡したことから、キャッシングサービスにおいては「新生銀行のレイク」という形で旧レイクとは区別されています。

ですから、レイクへの過払い金請求は、親会社である新生銀行ではなく新生フィナンシャル株式会社に対して行なうことになります。一般的には、取引履歴の開示請求をして、引き直し計算等を行ない過払い状態を確認します。この段階で適法な過払い金返還請求書を作成して新生フィナンシャル株式会社に送ります。過払い金に対応する担当者と返還金額、また返還期日についての交渉が始まることになります。

概略以上のような手続きを経て、和解契約書を取り交わす、あるいは全額返還を目指して訴訟を提起することになります。すべてが適法に順調に捗った場合は、2〜3ヶ月で指定の銀行口座に返還金が振り込まれることになるはずです。

まとめてしまうと簡単な作業で沢山の返還がなされるかのように感じてしまうかもしれませんが、これらの手続きには法的な根拠が必要であり、法律の大前提としての公平性・公正性が求められることを忘れてはならないでしょう。キャッシング利用者の要求が決して一方的に認められることを意味していないことに注意が必要です。

手続きの周辺に専門的な法律判断が必要とされる場合もあります。訴訟を提起する場合は別途手続きが必要になるでしょう。これらに係る手続きと労力は一般のキャッシング利用者にとってかなりの負担となることが考えられます。

また、このような状況をマーケットとして認識している法律関係の事業者がすべて、キャッシング利用者たちの立場で手続きを進めてくれるかどうかは不明です。中には弱みに付け込んだ詐欺まがいの法律相談もまかり通っており、法律の専門家の助力を求める際に細心の注意を払って頂く必要があるでしょう。

数年前のキャッシング利用ということですから、旧利息によってのキャッシングなのか、それとも2011年以降の新しく設定された金利によるキャッシングなのかで判断は異なると思われます。これらにはそれなりに複雑な法律が関わってきていますので、なかなか法律に疎い私たちが自分で判断することは難しいでしょう。

新生フィナンシャル株式会社は比較的誠意を持って過払い金に対応している会社であるということができます。法的に妥当性をもった請求に対しては真摯に受け付けて対応してくれることが期待できるでしょう。ただし、このことが利用者すべてに対して、一方的な恩恵を与えるためにしている慈善事業ではないということを、しっかりと理解しておかなくてはならないのです。

もし新生銀行グループのレイクで過払い請求をするならば

昔から人気でCMなんかもどんどんやっていた消費者金融の一つがレイクです。レイクを使っているという人は今でも多いかと思いますが、この業者の特徴としては銀行系カードローンを初めて行った消費者金融である、ということです。つまりレイクは銀行系カードローンを作った先駆者でもあるのです。

それを主導することになったのが親会社でもある新生銀行です。新生銀行は元々旧長銀と呼ばれていたところが外資に買い取られる形で生まれた会社です。非常に面白いサービスをたくさん行っていて、コンビニATMの手数料が無料だったり、振込手数料も回数は限られていますが一度だけ無料だったりするなど、便利な業者です。

そんな革新的な新生銀行がレイクを取得し、レイクをそのまま消費者金融として使うのではなく、銀行系カードローンに生まれ変わらせたのがきっかけだったのです。それからというもの、世の中には銀行系カードローンがたくさん出てきたのです。ですから、昔からレイクを使っている人も多く、過払い請求もかなり多いというのがレイクの特徴でもあったりします。

この過払い請求をするならば、レイクの特性というものをよく知っていた方がいいでしょう。レイクはすぐに示談をしようとしてきますし、粘って支払わないでいようというような、悪い考えをしません。紳士に過払い請求に対応してくれるのですが、裁判をやると示談金が少し上がるという事も言われています。この辺りは弁護士先生の腕によるところもあるかと思います。

新生銀行グループであるということもあり、レイクが今後過払い請求によって潰れてしまうということもありませんから、急いで行うこともありません。後から過払い請求できる事がわかったら、すぐに弁護士事務所に相談に行って聞いてみるのがいいでしょう。対応も悪く無いですから、すぐにある程度のお金が返ってくると思っていいと思います。

なかなか過払い請求をしてレイクほど対応がいいところも少ないですし、今後のことを考えると新生銀行も親会社で安心できる、レイクのような業者と付き合って行きたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.