言葉の用い方が違うというだけの話です

キャッシングベスト3

キャッシングとカードローンの違いはどこが違うんでしょうか?

カードローンを組む場合に、カードローンとキャッシングでは、システムが違うとか契約方法が違う、あるいはサービスが違うっていう事なのでしょうか?以前から気になっていたんですが、どこが、どう違うんでしょうか?

言葉の用い方の違いだけで大きな意味の違いではありません

実際にカードローンの世界では、似たような言葉なのに呼び方が違う事に違和感を持っている方がたまにおられます。その違いも、ちょっとした契約や返済方法の違いの様に説明されている事もありますが、でも、今、現実的にカードローンの世界で使われているキャッシングという言葉は、カードローンでお金を借りる場合もキャッシングと言ったりしています。そしてクレジットカードの場合はキャッシング機能の事を指すという意味になります。

でも、本来キャッシングというのはお金の出し入れに係わる事はキャッシングで、借りるという意味ではありません。という事は、友達にお金を借りた(友達からキャッシングした。)。自分の貯金を下ろした。(預金口座からキャッシングした。)でいいわけです。でも、友達からカードローンを借りたとは言いません。

でも、カードローンは、借りるという意味になりますから友達から借りた場合は、カードローンでも良いようなものですが、契約書はかわしませんから、キャッシングの方が良いですね。つまり、用語の意味の違いであって、契約や返済方法がガラッと変わる様な大きな問題ではないのです。

そして、カードローンは、はっきりとお金を借りるという意味になります。あるいはお金を借りる為の契約を組むという意味になります。クレジットカードは、商品の購入に使うカードで、カードローンのカードは、お金を借りる為に使うカードです。キャッシュカードは、自分の銀行の預金を降ろす時に使うカードもキャッシュカードです。

ただ、実際はカードローンの世界でお金を出し入れする時にキャッシングという使い方をする事が多いので、キャッシング=お金を借りるという風に使われていますが、お金の出し入れはキャッシングですから間違いではありません。つまり、頭を抱えて悩むほどの大きな問題ではないという事です。

【参考ページはこちら】
カードローンとキャッシング、審査が厳しいのはどっち?

キャッシングとカードローンの違いはどこなのか

お金を借りる事が出来るサービスと言えばキャッシング、もしくはカードローンです。どちらのサービスを利用してもお金を借りられますので、お好きな方を利用するといいのです。しかし、ここで気になるのはキャッシングとカードローンにはお金を借りられるという点以外でどこに違いがあるのかです。

この2つの違いですが、現在ではそこまで違いはありません。どちらもカードを使ってATM、キャッシュディスペンサーからお金を借りられるものとなっています。お金を借りる方法にはほとんど違いがありませんので、どちらでも同じ様に借りられるのです。

昔はカードローンは分割払い、いわゆるリボ払いが主流、そしてキャッシングは一括払いが主流、この違いがあったのですが、現在ではキャッシングも分割払いが可能になっていますので、どちらもあまり変わらないものとなっています。強いて違う所を挙げると、金利の高さです。基本的にキャッシングの方が金利が高いので、金利を少しでも抑えていきたいのでしたら、カードローンの方をおすすめします。

ですが、高い金利だけど一括で返済するのと、低い金利で毎月少しずつ返済する場合、最終的に支払う金額は同程度、もしくは低金利で分割払いする方が高くなる可能性もありますので、借りる前にしっかりと調べて自分に合っている方を選びましょう。

どちらでもお金を借りる事が可能なのですが、細かい所に違いがあります。自分にとって一括で支払う方がいいのか、それとも分割で少しずつ払う方がいいのか、一体どちらの方が安全に返済を終わらせる事が出来るのか、それを自分の収入とよく相談しましょう。
(⇒カードローンの借り入れ金額と年収との関係

と言いましても、最近ではカードローンでも一括払いが可能な業者もありますので、そこを利用するのでしたら、実の所どちらを利用しても金利以外はあまり変わりません。なので、お金を借りる前にはしっかりと金利と支払い方法を調べて自分に合っている業者からお金を借りる事が重要になってきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.