銀行カードローンで、キャッシングすべきかサラ金かで迷います

23才の会社員です。初めてカードローンを作ろうかなと思って銀行系のカードローンにするか、消費者金融会社のカードローンにするかで迷っています。銀行系のカードローンの方が金利が安いという話はよく聞きます。でも実際にカードローンでキャッシングする場合は、どちらが便利なのでしょうか?

個人の置かれている環境によってどちらがいいか変わって来ます

銀行系のカードローンの方が金利が安くて審査が厳しいというのはよく聞かれる言葉です。でも、もし審査に通ったとして、金利だけの要素でカードローンを選んでいるのなら消費者金融会社は、営業が成り立たないはずです。つまり、少し金利が高くなる分を補うサービスを提供しているからで、その幅広いサービス内容で、いろいろなお客様のニーズに対応しているわけです。

ですから、どちらに申し込んでもいい状況だから迷うのではないでしょうか?たとえば銀行系のカードローンに申し込む事が出来ない人、あるいは消費者金融会社のカードローンに申し込む事が出来ない人は迷いません。つまり選択肢が多いという事は、それだけ余裕があるという事ですから金利以外のサービスを丁寧に比較して、どちらにするか決めればいいと思います。

金利以外のサービスというのは、例えば将来、利用限度額をもっと大きくしたい時に、増額がしやすいかどうかという条件を見る。あるいは、利用できる金融機関の数が多い、又は生活環境に利用できるATMが多くある。あるいはコンビニなどで利用しやすいというのも似たような意味で検討したい項目ですね。

そういう利便性をどんどん追求して行って、会社を絞りこんで行けばいいと思います。そして最初にお話しした金利ですが、提携ATMを利用する時に手数料がいる、入らないという事も考慮して手数料が入る場合は、その費用も金利に含めると、もしかしたら会社によっては、消費者金融会社の方が銀行系よりも安くつくかもしれません。

これは、必要経費という考えで行けば借り入れや返済の時に金融機関へのタクシー代などがいる場合も同じです。ですから利便性も馬鹿には出来ません。実際に利用される方の環境は様々ですから、銀行とサラ金とどちらがいいかと、一概には言えません。細かなサービスを見比べて決めるのが一番いいですよ。

【参考ページはこちら】
キャッシングとカードローン、どっちにするか迷ったら

銀行カードローン、キャッシングは利用がしやすい

銀行カードローン、キャッシングなどを利用する人は増えてきています。最近では、日本人の5人に1人の割合で利用をする人がいます。上司からの飲み会の誘いを断れない人や生活費が苦しい人や会社をリストラされて収入が途絶えてしまった人など、利用をする人はさまざまです。全ての問題を解決するためには、現金が必要です。その現金を素早く、希望する金額をそろえることができるのがカードローンやキャッシングと呼ばれるサービスです。

初めて利用をするひとは、不安や期待や疑問が多いはずです。その不安を解消するためには、お金を借りることに対しての知識や経験を身につけることが重要です。

カードローンやキャッシングといってもいろいろな企業があります。消費者金融系、銀行系、信販系といった種類です。消費者金融系は、認知度が高く、おおくの人に利用をされています。最大の特徴は審査スピードが早いことです。銀行系は、金利が低く、安心をして利用ができるところです。信販系は、使い勝手がいいサービスです。どれを選ぶかは利用者次第ですが、安く借り入れをするためには銀行系が無難です。
(⇒カードローンを利用できる会社名を一挙紹介

銀行系であっても、申込みをするときにはいろいろな種類があります。窓口、インターネットが主流となっています。申込者の基本的な情報と書類を企業に提出することによって審査を受けることができます。審査の内容は、申込者に返済能力があるかを判断するものです。職業、年収、他社からの借り入れといった項目がチェックされます。全ての項目に問題がなければ融資を受けることができます。銀行系を利用すれば、他の企業よりも少し低い金利でカードローンが利用できるでしょう。

金利の数値が少しの違いであっても、借り入れ金額が大きくなったり、返済が長期化すると大きな影響が出ます。数年の借り入れともなると、数万円は違ってくることが多いです。申込みをするなら、少しでも安い利息の企業を選ぶことも必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.