細かい所を言うと支払い方法は違うんです

キャッシングベスト3

カードローンの支払いとキャッシングの支払いの違いはある?

カードローンの支払いとキャッシングの支払いの違いはあるんですか?同じものだと思っていました。という事はカードローンとキャッシングは違うという事なのでしょうか、教えていただけますか?

細かい所を言うと支払い方法は実は違うんです

カードローンとキャッシングの違いは、まず言葉の意味が違います。カードローンは、お金を借りる事です。これに比べてキャッシングは、本来借りるという事を指しません。ところが現実には、クレジットカードによるキャッシングというのは、クレジットカードのキャッシング枠を利用しての借り入れを言います。

この部分を整理してみると本来カードローンとキャッシングの違いは、カードローンはお金を借りる。キャッシングは、お金の出し入れです。そして例外的にクレジットカードの場合に限れば、キャッシングというと借り入れを意味します。さらに…キャッシングローンと言う表現をすることもありますが、この場合は、ローンは借りる事ですから、意味を考えれば、消費者金融でお金を借りうという意味になるのでしょう。

そして返済方法ですが、まずカードローンの標準は分割払いが標準で代表的な返済方法はリボ払いです。ただし、カードローンにもサービスによっては一括払いがあります。そして、キャッシングの場合(この場合はクレジットカードでのキャッシングを言います。)は一括払いが基本です。

ともあれ、カードローンは借りるという意味で変わっていませんが、キャッシングは、現在金融機関の間で混在して使われているのが実態で、前後の言葉によっては借りるという意味になったりします。例えばカードローンを利用してキャッシングすると言えばお金を借りるという意味になります。

ただし、本来のキャッシングは借りるという意味ではありません。なぜなら、定期預金を解約して現金を受け取る事もキャッシングと呼べますし、自分の預金を降ろしてもキャッシングだからです。

【参考ページはこちら】
カードローンでキャッシングをする時のメリット・デメリット

キャッシングとカードローンには支払い方に違いがある

キャッシングとカードローンは個人が比較的少額の融資を受けられるサービスであることから一見同じようなサービスに思われがちです。たしかにどちらもそれほど難しくはない手続きをするだけで簡単にお金を借りることができ、手軽にお金を借りることのできるサービスとして利用者は大勢いますが、この両者にはわずかな違いではありますが相違点があります。

キャッシングの場合、クレジットカードや専用のカードを使用してATMなどからお金を引き出すかたちで融資を受ける方法を指しています。カードローンの場合ではキャッシングと同様にカードを使用してATMなどからお金を引き出すかたちで融資を受けられます。また、一定の範囲内であれば何度でも繰り返して融資を受けられるといった特徴があります。また、ある程度のまとまった金額の融資を低金利で受けられるメリットもあります。

両者にはこれらのサービスを規制している法律といった明確な違いがありますが、それは実際に融資を受けられる金額というかたちで現れています。キャッシングの場合、総量規制という年収に応じた貸付制限の対象となってしまい、年収の3分の1までしか融資を受けることができませんが、それに対してカードローンでは年収による貸付制限を受けることはありません。そのため、より高額の融資を受けることも可能となっているのです。

また、両者には融資を受けたお金の支払い方にも違いがあります。キャッシングでは融資を受けたお金の支払方法は基本的には翌月の一括払いとなっており、カードローンでは毎月一定額を支払っていくリボルビング払いとなっています。

カードローンの場合、ある程度まとまった金額の融資を受けることが可能となっているため、返済期間が長期間になることが多いためこのような支払方法となっているのです。ただし、最近では両者とも支払方についてはいくつかのプランが用意されていることもあり、両者の違いはあまりなくなりつつあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.