本来は違いますが実際は混同されています

キャッシングベスト3

キャッシングとカードローンとは同じような意味でつかわれてます

23歳の独身OLです。カードローンでキャッシングって言うフレーズをよく見かけます。そうかと思うとクレジットカードでのキャッシングは、お金を借りる意味になっていたりして、実際は同じように使われていると思うのですが違うんですか?

言葉の意味は本来は違いますが実際は混同されて使われています

カードローンとキャッシングの言葉の意味は、本来は違います。最も簡単に区別するのでしたらカードローンはお金を借りる。キャッシングは、お金を出し入れするという事です。キャッシングという言葉の中にカードローンというお金を借りる状態を表す言葉があるという所です。

だから、銀行の普通預金口座からキャッシュカードでお金を引き出すのもキャッシングなんです。もちろん、自分のお金を降ろしていますから借りてはいないですよね。でも、キャッシングしたと言うとカードローンの業界では、時としてお金を借りたという意味で通用する事もあります。その部分は、あいまいな使われ方をしているとも言えますね。

特に、クレジットカードの場合、ショッピングはショッピング枠、キャッシングはキャッシング枠を利用するという意味になるので、クレジットカードでのキャッシングはお金を借りるという意味になります。ですからカードローンは借りるなんですけど、実際はキャッシングを応用して、時として借りるという意味に、「意訳」されます。

だから、カードローンでキャッシングした。と言うと誰でもお金を借りたという意味に受け取りますなります。つまり混同して使われているのが実情です。でも混同していても大きな混乱はないようです。それはキャッシングの意味がお金を取り扱うという事だからです。

厳密に言うと違うんですが、本質的にお金という意味合いでは大きな違いはないからです。ただしクレジットカードの場合に限り、キャッシングという言葉の使い方は、実用上は借りるという意味になります。

【参考ページはこちら】
キャッシングとカードローンの違いは何?

キャッシングそしてカードローンとはどのようなサービスか

キャッシング、そしてカードローン、様々な所で聞くサービスですが、どのようなサービスなのかと言いますと、一言で表すとお金を借りる事が出来るサービスとなっています。急にお金が必要になってしまったが、今すぐに用意出来ない、そんな時に便利なものです。

友人、知人からお金を借りる方法もあるのですが、金銭トラブルに発展してしまう可能性もありますので、それだけは避けていきたい人もいるでしょう。また、そもそもお金に関する事を人に相談しにくい人もいます。ですが、キャッシング、カードローンでしたら手軽にお金を借りられるわけです。キャッシング、カードローンとはこのようなサービスです。
(⇒初心者には安心・安全なカードローン情報を

しかし、これらのサービスを利用する際には金利に気を付けなければいけません。金利とはお金を借りた際に発生するものです。お金を借りた場合には、お金を借りた分だけ返済すればいいのですが、キャッシングやカードローンサービスでお金を借りた場合、借りたお金に金利を上乗せした分を返済しなければいけないのです。なので、5万円借りたとしましても、そのまま5万円返済すればいいというわけではないのです。

そして、この金利の高さは会社によって大きく変わります。例えばA社、B社では金利に差があり、A社では5万円借りても最終的な返済額は7万円だったのに、B社で返済した場合は最終的に10万円にもなったりするのです。だからこそ、利用する際には金利が低い会社を選んだ方がいいのです。

いつでもお金を借りられる便利なサービス、キャッシングとカードローンですが、一歩使い方を誤ると辛い返済生活が待っています。きちんと収入に見合った使い方をすると本当に便利なものとなりますので、利用をするのでしたら自分の収入と返済をしていく計画をきちんと練ってから利用する方が賢いと言えます。最低でも毎月の収入、そしてそこから返済する金額を考えておき、生活が出来るのかを判断しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.