>セールストークの一種だと思いますよ

キャッシングベスト3

カードローンとキャッシングでは危険なのはどちらなんでしょうか

28歳の主婦ですけど、クレジットカードのキャッシングは危険って記事があってドキッとしました。どうして危険なのかなって思って読んでいると具体的には書いていませんでした。それなら、カードローンだって危険ですよね?それともカードローンの方が危険なんですか?ちょっと、その記事が気になって質問して見ました。

セールストークの一種だと思いますよ全然気にしなくていいですよ

クレジットカードが危険ですか?どういう意味なんでしょうか?気になりますよね。おそらく注意をひきつけておいてカードローンや、クレジットカードの説明をしているだけだと思います。つまり関心を持ってもらうために、少しインパクトの強い表現を使っているだけだと思います。

カードローンで危険という言葉で連想するのは、「借り過ぎに注意」それだけです。それはカードローンでも、クレジットでも同じ事です。たとえばクレジットカードのショッピングでも同じです。現金を払っていないから支払った実感がないので、買いすぎてしまうことが無いとは言えません。

そういう意味で、無計画にやれば危険という事で、あえて説明しなくてもたいていの人は知っている事です。だから消費者の関心を呼ぶために、強い表現を使っているだけでしょうね。それ以外に危険だなんて、わざわざ言う理由は見つかりません。正しく利用していれば便利なものですから、ちゃんとした理由を書いてなくて危険という表現は少し乱暴だと思います。

とにかく必要以上に、気にするような内容ではありませんね。それを言うなら、ホームページに、賃貸し業者の登録番号のないページ、業者の連絡先電話番号や会社の住所が記載されてない業者のページは要注意です。という紹介の方が事実ですからずっと誠実な情報ですね。インターネットの情報は単一情報ではなく、総合的に幅広く情報を得て判断しましょう。直ぐに鵜呑みにするのは、それこそ危険です。

【参考ページはこちら】
カードローンでキャッシングする時のメリット・デメリット

カードローンのキャッシングで借金を返す場合、危険なのはどちら

お金がないのにカードローンの返済日を迎えてしまった場合、その急場をしのぐ対応策には二つあります。まず、返済前にカードでお金を借りて、そのお金で返済をするという方法です。つまり、契約しているカードローンの返済額を、そのカードローンで借りて返済するということです。

この方法を使えばまったくお金がないのに返済することが出来ます。デメリットは、返済したにもかかわらず、債務は増えるということです。ただ、増えるのは利息分だけでそれほど大きく増えるわけではないので、次回はちゃんと返せるという場合であれば、いい方法と言えるでしょう。

もう一つの方法は、返済日前に別のカードローンに申し込んで、お金を借りて、そのお金を返済に回すというものです。最初の方法を使うには、持っているカードでキャッシング出来るかどうかというのが重要です。もし既に利用限度額を使い切ってしまっているという場合は、返済しないと借りることが出来ません。そので、その場合は、新たな枠を確保するしかありません。そのために、別の貸金業者に申し込むわけです。
(⇒キャッシングとカードローン、どっちにするか迷ったら

この方法のデメリットはいくつかあります。まず、審査に通らないこともあるということ。カードを作れたとしても、設定された利用限度額が返済金額を下回る可能性があること。そして、債務が一気に増えてしまう可能性があることです。

二つの方法はどちらにもデメリットがありますが、より危険なのはどちらということになると、やはり二番目の方法ということになるでしょう。

もし、二番目の方法を選択するしかない場合は、借り換えてしまう方がいいでしょう。勿論、返済日が来るずっと前から準備をしておいた方がいいです。返済日にお金が足りないということは、普通はだいぶ前にわかることであり、わかった段階から準備をしておくと、うまく借り換えられる確率が高くなります。借り換えをする場合は利率を重視しましょう。借り換えが一社でもおまとめローンを使ってもいいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.