中断した場合でも一連の取引とされています

キャッシングベスト3

キャッシングカードローンの過払い金は一体計算するのですか

キャッシングカードを利用していて、一度完済して同じ会社のカードローンを利用していた場合、過払い金が発生したらこの両方の取引は一体計算できるのですか?別々にやると過払い金が少なくなると思うのですが?どうなのでしょうか?

過去に中断した取引でも一連の取引として扱う判決が出ています

過払い金返還請求に係わる過去の裁判の判例は沢山あって、圧倒的に消費者に有利な判決が多いです。そして、ご質問の場合の判例についても同様でクレジットカードの場合でも、カードローンの場合でも、一度中断して再開した取引の場合、一緒に引き直し計算する事を認めた判例が多いです。

もちろん取引の中断と言っても、期間の長短もあって、いろいろなケースがありますから、その全部を一緒にする事は出来ませんが、中断前と後の取引を、一連の取引として過払い金の引き直し計算を認める判決が過去に出ています。この過払い金返還訴訟の内容は、膨大で素人の方にはものすごく難しいように感じますが、実は元は単純なんです。

過去には、カード会社は出資法と利息制限法の間の違法なゾーンの金利で営業をしている会社が多かったのです。ところが違法なのに罰則がなかったわけです。だから、消費者はどうしようもない。ところが、違法行為という事で訴訟が起きた結果、最高裁判決で消費者の主張を認める判決が出たことにより、続々と返還訴訟で勝訴した人が出て来たのです。

カードローン会社の主張は、カード利用者は、グレーゾーン金利に同意して契約したから悪意ではなく違法ではないと主張しました。でも、消費者は、出資法や利息制限法の違いまで判らずにお金を借りている。その部分を裁判所は、カード会社に悪意があると判断したわけです。

それ以降、カード会社は、利息制限法に基づいて営業している会社が多くなりました。ともあれ過払い金の返還訴訟に関しては、圧倒的に消費者保護の観点から消費者有利の判例が多い事は知っておいて損はありません。

【参考ページはこちら】
カードローンに関するオススメQ&A

カードローンやキャッシングは利息と一体計算して支払いを行う

欲しいものがあるときにお金が足らない場合でも、手軽にキャッシングを使ってお金を借り入れることができる便利な世の中になっています。

パソコンやスマートフォンがあればインターネット上から借り入れの申し込みを済ませることができて、近くの自動契約機やATMを使えばすぐに現金を受け取ることが可能となっています。

消費者金融業者からカードローンやキャッシングでお金を借り入れる場合には、返済するときに借りたお金と利息分を一体計算して支払う必要があります。ですので、カードローンやキャッシングを利用するときには、できるだけ安い金利のものを選ぶと賢い使い方と言えるでしょう。

オンライン上で契約をスムーズに行える点や、金利の低さを考えると楽天銀行スーパーローンがおすすめです。楽天銀行スーパーローンの金利は4.9%~14.5%で、利用限度額の最大は500万円までとなっていますので、大変使いやすいカードローンと言って良いと思います。

楽天銀行スーパーローンの申し込みは、年齢が20才から60才の方がすることができる条件となっていて、パートやアルバイト、自営業者や外国人、専業主婦の方でも利用することができます。

プロミスも低金利のサービスが行われていますので、利息と一体計算した場合に他の消費者金融業者から借り入れたときよりも、安く借り入れることができます。プロミスの金利は実質年率で4.5%~17.8%で、利用できる限度額は最大500万円までです。

プロミスは三井住友銀行グループに所属していますので、高い信頼性を持って利用することができるキャッシングと言えます。

初めてプロミスを利用する方であれば、会員登録を行うことで30日間の利息分が無しになるサービスが行われていて、大変お得に借り入れることができます。女性専用のレディースキャッシングも行われていますので、OLや専業主婦の方にとっても借り入れやすくなっているのでおすすめです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.