厳密に言うと違うんですがよく似ています

キャッシングベスト3

キャッシングとカードローンって同じものではないのですか?

カードローンとキャッシングって言葉が違うんですが、実際は同じものですよね。口コミ情報などを見ていても、その区別がいまいち解らないのですが、カードローンとキャッシングって同じものではないのですか?

厳密に言うと違うんですが混同して使われている事も多いのが実情です

厳密に言うとカードローンとキャッシングは意味が違います。例えばキャッシングというのはお金を引き出すという意味がありますから、自分の預金口座からお金を引き出してもキャッシングです。でもお金を借りる場合に、カードを使って借りても、お金を引き出しているからキャッシングと言って間違いではありません。

もっと細かい意味で言うとクレジットカードの場合は、キャッシング枠や、キャッシング機能の事を指す場合が多いです。これに対して、自分の銀行口座のカードを使って、お金を降ろす事をカードローンとは言いません。つまりカードローンというのは、「お金を借りる」と言う意味になります。

つまり言葉の意味とその使い方だけのお話で実際カードローンの世界では、同じ様な意味合いで使われることも多く、それで大きな混乱はありません。でも自分の預金口座からお金をおろす場合は普通「おろす」という場合が多く。キャッシングと言う人はほとんどいません。

現在は、カードローンやクレジットの場合の用語の一部としてキャッシングが用いられる事が多くなっています。ですから、まとめて簡単に整理すると、カードローンは「借りる」、キャッシングは、お金の出し入れ全てという事になります。つまり、あまり必要以上に、こだわらなくてもいい違いと言えます。

【参考ページはこちら】
カードローンでキャッシングする時のメリット・デメリット

キャッシングとカードローンはどのような点が違うのでしょうか

金融機関でお金を借り入れる場合は、銀行または消費者金融を利用することになります。その場合、銀行では主にカードローン、消費者金融ではキャッシングがメインになります。そもそもこの両者は、前者が借り入れたお金を分割で返済するのに対し、後者は一括で返済するものでしたが、今はどちらも分割で返済するようになっていて、その点での違いはあまりなくなっています。

とはいえ、銀行と諸費者金融とを比較した場合は、審査基準に大きな違いがあります。銀行は基準が厳しく、たとえば正社員や公務員で、安定収入が無いと申込が難しいとか、あるいは、自宅が本人名義でないとお金を借りることができないこともあります。

その代わり金利は低めで、年間15パーセントを超えることはまずありません。その一方で、消費者金融は審査が緩めで、パートやアルバイトであっても借入ができます。(こちらもご参考に→自分の職業でカードローンを利用できるか気になったら)その代わり、金利は銀行よりも高めで、20パーセントが上限になっています。

また、銀行がメインに出しているのがカードローン、消費者金融がキャッシングといわれていますが、もちろん銀行でのキャッシング、消費者金融でのカードローンの利用も可能です。いずれの場合も、申込の時点で用紙に所定事項を記入し、本人確認や収入証明の書類を添えて提出し、審査結果を待ちます。

審査では返済能力を重視されますので、収入や、他のローンで延滞がないかなどをチェックされ、無事通ればお金を借り入れることができます。最近では、PCや携帯からでも申込ができます。

それから、消費者金融を利用する際に気を付けたいことがあります。それは総量規制です。この総量規制は、借り過ぎを防止するために、年収の3分の1以上を金額を借り入れることができないものです。ですから、もし他の消費者金融も利用している場合は、申込の前に借入額を調べて、総量規制に抵触しない金額を借り入れるようにしましょう。また、業者の中には、総量規制外の融資を売り物にしている所もありますので、ネットで調べてみるといいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.