カードローンとキャッシングは意味が違う

キャッシングベスト3

カードローンとキャッシングと賃貸契約はどう違うんでしょうか?

カードローンとキャッシングの違いが曖昧で意味が良く解りません。保証人が要らないという事で言えば両方とも信用貸しなんですよね。でもアパートなんかの賃貸契約は普通保証人とか連帯保証人が要りますよね。だから、カードローンと賃貸契約の違いは何となく解るんですけど、カードローンとキャッシングってどう違うんでしょうか、教えていただけませんか?

カードローンはお金を借りる事でキャッシングはクレジットカードです

カードローンは、金融会社と個人との信用取引です。アパートなどの賃貸契約は、保証人あるいは連帯保証人が必要ですから、信用貸しではありません。ちなみに有担保ローンも信用貸しではありません。でもカードローンは信用貸しです。カードローンの場合は、「返済能力がある」という見込みでお金を貸してくれるわけで、金利は、段秋的な担保の先取りと考える事も出来ます。

そして、ご質問のカードローンとキャッシングの違いですが、本来この二つは用語の意味が違うだけで、ローンサービスの種類が違うという事ではないのです。簡単に言うと、カードローンは、借りるという意味がはっきりしています。でもキャッシングは、お金を手に入れる。お金を出し入れする事を言います。

つまり、本来のキャッシングは、借りるという意味ではないんです。でも、カードローン業界では、特にクレジットカード会社で、キャッシング枠という表現を使って、キャッシング=「クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる」という使い方をしています。

ですから時として、便宜上キャッシングは借りるという意味にも使われます。それでも大きな混乱はないのは、日本語の奥深い所です。本当の意味での借り入れは、カードローンだという事がお解りになったと思います。

【参考ページはこちら】
カードローン選びに重要な審査基準

キャッシングやカードローンは賃貸の支払に最適の借入サービス

人間が生きていく中では、その時々にあわせて思いがけない出費の必要性が飛び込んでくるものです。そしてそのような緊急性の高いタイミングに限って財布の中身や銀行の残高はゼロに近く、いったいどうしたらいいものか途方に暮れてしまうことでしょう。

たとえば賃貸物件に住んでいる個人および家族においては、その家賃や契約更新費、または引っ越したばかりの時であれば敷金、礼金の支払いも必要となるので実に厄介なもの。しかしこれらは生活に欠かせない大切な支出ですので、逃げ出すわけにはいきません。こんな時には銀行や消費者金融でキャッシングやカードローンといった借り入れサービスを利用することによって大きな利便性を獲得できるでしょう。

キャッシングとカードローンはともに申し込みが簡単で、なおかつ融資が実現するまでのスピード感もなかなかのもの。賃貸の支払いが今日や明日に差し迫っているときでも余裕をもって対応することが出来るでしょう。前者のキャッシングというのは、ネットや電話で融資依頼を行い、それが叶うと銀行の預金残高に融資金を振り込んでもらえるというものです。

一方の後者であるカードローンは、個人専用のカードを発行して持ち歩くことで、もしもお金が必要になれば近場のATMにすぐに駆け込むことで手軽に融資金を受け取ることが可能です。特に最近ではコンビニチェーンとの提携も進んでおり、深夜でも朝方でも店内のATMを使えば簡単にお金を引き出すことができます。気がついた時にすぐに行動に動かすことが出来るこのカードローンは大変使い勝手の良い借り入れ方法と言えるでしょう。

ただし、このようなキャッシングやカードローンを使うにあたっては、金融機関側の審査を受けなければなりません。特に職業や年収といった項目は、借り入れの可否と融資限度額を決定する上で極めて重要な判断要素となります。また他にも信用機関への照会でも特に不審な点がみつからなかったり、 あるいは勤務先への在籍確認においてきちんと本人確認が取れることによって、その後すぐに融資を受けることが可能となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.