キャッシングの申込はカードローンの事です

キャッシングベスト3

カードローンとキャッシングどっちが審査が厳しいのでしょうか?

25歳の会社員です。口コミ情報を見ていると、カードローンの審査に落ちたとか、キャッシングしようとして申し込んだけど、審査に落ちたという内容を見かけて実は、頭が混乱しています。一番の疑問は、カードローンの申し込みとキャッシングの申し込みは違うのでしょうか?もし、違うのでしたらカードローンとキャッシングとは、どちらが審査に通りやすいですか教えて下さい。

クレジットカードのキャッシング枠を指す場合だけです

カードローンの業界で、キャッシングを申し込むというのは厳密に言うとありません。これはある意味言葉の使い方のマジックで消費者が勘違いされているだけです。まずキャッシングはお金の出し入れに関する事をいいますから、自分のキャッシュカードで、自分のお金を降ろす事もキャッシングと言っていいんです。

これに比べて、カードローン会社から、お金を借りる為の契約をする為に申し込んだ場合のカードローンは、純粋に借りるとう意味になります。ですから、本来のキャッシングという意味は「借りる」という事も含めた。お金の出し入れに関する事を言うのです。

ですから、キャッシングの申し込みというものは、言葉の意味からは無いのですが、ひとつだけ、ややこしいのは、クレジットカード会社の発行するクレジットカードの場合、ショッピング枠と区別するという意味でキャッシング枠という物があります。ですからクレジットカードの場合に限り、キャッシングというのは、クレジットカードの中のお金を借りる事が出来る利用枠を指します。

つまり、クレジットカードの便宜上、キャッシングを借りるという意味に使っている事になります。でも本来のキャッシングは、お金の出し入れで、カードローンは借りるという事です。ですからカードローン業界全体で、キャッシングの申し込みというのは、実際はカードローンの申し込みの事なのです。

【参考ページはこちら】
カードローンに関するオススメQ&A

カードローンとキャッシングではどっちが審査が楽で早いか

カードローンとキャッシングには、どっちが審査に通りやすいか気になる人も多いでしょう。もしどちらかの審査が通りやすければ、そちらを通りやすい方を受けたくなるはずです。しかし、カードローンとキャッシングのどっちが審査に通りやすいという差は、実際にはありません。この2つは名前が違うだけでほとんど内容は同じなので、審査の内容には差がないのです。

しかし、銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングという比較をしたら、審査には差があります。ですから、審査に不安があるからカードローンとキャッシングのどちらかを選ぶのではありません。審査に不安があるなら、銀行か消費者金融かを比べて選ぶべきです。

審査に通りやすいのは、消費者金融のキャッシングです。銀行のカードローンなら正社員以外だと難しくなりますが、消費者金融のキャッシングなら派遣社員やアルバイト、パートでも審査に通ることができます。(こちらもご参考に→女性は働いていてもカードローン審査は厳しい?)しかし、審査に通りやすくなっているために、金利は銀行よりも高いです。負担が大きくなりますから、銀行よりもしっかりとした返済計画が必要になります。

銀行のカードローンは、消費者金融のキャッシングよりも審査に通りにくくなっています。しかし消費者金融のキャッシングよりも金利が低いので、余裕を持って返済することが可能です。カードローンとキャッシングのどちらかで迷ったときに、審査に対して不安がないなら、銀行のカードローンを選ぶべきでしょう。

どっちが審査に通りやすいかという比較だけではなく、どっちが審査のスピードが速いかという比較の仕方もあるでしょう。銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングなら、消費者金融の方が早いです。即日融資で借入をすることができて、早いときには1時間も必要ありません。急いでいるときにカードローンとキャッシングで迷ったら、消費者金融のキャッシングを選びましょう。借入までが素早いので、急なピンチも乗り切れます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.