消費者金融の方が銀行より早い所が多いです

キャッシングベスト3

カードローンでサラ金でキャッシングするのと銀行はどちらが早い

25歳の会社員です。急な出費が予定されていて、近々、カードローンで即日融資を受けようと思っているんですが消費者金融会社と銀行とでは、どちらが早くキャッシング出来るのでしょうか?

全般的には消費者金融会社の方が銀行より早い所が多いです

全体的に見て平均すれば消費者金融会社の方が融資までの時間は早いですね。そして即日融資は銀行系のカードローンでも消費者金融系のカードローンでも両方の会社でやっているサービスです。そのサービスをやっている会社の数は、銀行系の会社の方が少ないです。

そして銀行系のカードローン会社の方が審査からカードを利用できるようになるまで日数が掛かる銀行が多いです。でも、即日融資サービスをやっている会社同士で比べると、申込んでから審査・銀行振り込み・即日のカード発行まで、銀行と消費者金融との間の融資速度に大きな差はありません。

差があるのは銀行系と消費者金融系の審査の厳しさだけですが、この審査だけは会社毎に違いますから何とも言えません。ただし銀行系の方が、少し審査は厳しいと思っていれば間違いはないでしょうね。ですから金融業界全体を見れば消費者金融系の会社の方が銀行系の会社よりは平均に融資までの速度は早いです。そして、即日サービスのある個々の銀行と、個々の消費者金融会社との間では融資までの時間に大きな差はありません。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる会社名を一挙に紹介

カードローンとサラ金のキャッシングの違いを理解すべき理由とは

厳密には、カードローンとサラ金のキャッシングは違います。カードローンとは、主に銀行の個人向け融資といった意味合いが強く、返済方法は分割、リボ払いが一般的です。借り入れ額はサラ金のキャッシングと比べて多く、小口融資以上の融資も可能です。

キャッシングは、サラ金の個人向け小口融資です。返済方法はリボ払いがメインです。借り入れ額は、銀行と比べ、少額であり、総量規制の対象であるため、年収の3分の1までしか借り入れできません。ちなみにサラ金を外した本来のキャッシングでは、借り入れ後、次の月に一括完済する短期の借り入れを指します。

カードローンとサラ金のキャッシングの違いを理解するとわかる事があります。総量規制です。銀行は総量規制の影響を受けず、多くの借り入れが可能です。消費者金融は総量規制の影響を受けるため、年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。

多くの融資を受けたい場合、銀行のカードローンのほうがより最適な選択肢とわかるはずです。ただし、ハードルとなる点があり、それが審査です。銀行の審査は、消費者金融の審査と比べ、厳しいため、簡単に大口の融資を受けられません。

消費者金融は銀行と比べ、審査が甘い傾向にあります。小口融資を検討されている方にとって最適な借り入れ先とはっきりします。少額借りて、すぐに返済する用途であれば、消費者金融がベストでしょう。

各サービスの違いを理解していれば、無理をして銀行に申し込む必要が無くなるわけです。貸し手と借り手のミスマッチが減れば、スムーズな借り入れが可能となります。

例えば、少額融資が希望なら返済時の利息も少額となると考えられます。ですので、消費者金融を利用しても利便性は損なわれないと理解できます。

2つのサービスですが大きな違いはありません。しかし、違いを理解しておく事で、自分に合ったサービスを選択しやすくなり、審査で落とされるリスクを間違いなく軽減できます。

借り入れを検討中の方は、一応頭の中に入れておいてください。ベストな借り入れ先を見つける時の知識として役に立つはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.