迷う必要はありませんなぜなら同じものです

キャッシングベスト3

キャッシングかカードローンかどちらにすべきか迷っているんです

22歳のコンビニの店員で女性です。カードローンを使ってキャッシングしたほうが、いいかカードローンにした方がいいのか、どちらにすべきか迷っているんです。

迷う必要はありませんなぜなら同じものなんです

質問者のご質問は、カードローンとキャッシングを別の物と思われているのでしょうか、この違いは用語の違いだけでお金を借りる為にカードローンを申し込むというのがカードローンです。ですからキャッシングを申し込むという言い方は普通しません。でも、もしかしたら、質問者の方はクレジットカードのキャッシング枠の事を言われているのでしたら、それなら話が違って来ます。

その場合を説明を少し致しますと、クレジットカードに申込むと、普通うショッピング枠も一緒についてきます。申し込んで作ったクレジットカードを使って、お金を借りる事の出来るキャッシング枠というものがついてきます。なにも指定しなければ、普通は10万円とか、会社によっては20万、あるいはそれ以上のキャッシング枠がついて来ます。

ですから、クレジットカードを使いながら、その利用限度額で満足できるのでしたらクレジットカードを使われていいと思います。もしそうでなくて、カードローンの申し込みの事を言っておられるのでしたら、キャッシングローンというような用語は存在しません。そもそも、キャッシングというのは、お金を出し入れする時に使う用語で、幅広い意味になるので、カードローンの世界でも、キャッシングという言葉が頻繁に出てきます。

そう言うわけでお金を借りる為に銀行や、消費者金融会社、信販会社もそうですが、申込んだ場合は、カードローンと言います。この中でクレジットカードというのは買い物した商品の代金をクレジットカード会社が支払うという、三者間取引になっているだけで、基本はカードローンです。

【参考ページはこちら】
カードローンでキャッシングする時のメリット・デメリット

キャッシングかカードローンか、どちらの利用が適切か

カードと暗証番号、この2つさえあれば簡単にお金を借りることができる利便性の高い世の中となりました。今日ではコンビニにもATMが設置されており、24時間365日利用できるという便利な商品も多数あります。万が一、に備えて素早くお金を借りることのできるキャッシングやカードローンといった商品の契約をしている人は世の中に数多くいますし、実際に利用したことのある人も大勢います。

カードと暗証番号を使ってATMでお金を借りることのできる代表的な商品として、キャッシングとカードローンを挙げることができます。実際に比較されることも多いこの2つの金融商品ですが、これらの違いはなんなのでしょうか。キャッシングかカードローンか、どちらを利用するのが適切なのか、それを判断するためにそれぞれの違いについて解説をします。

まずキャッシングですが、これには元来「お金を引き出す」という意味合いがあり、少額のお金を一時的に借りてすぐに返す、という使用方法を前提につくられています。返済方法は原則として翌月の指定日に一括で元金プラス利息を返すこととなっています。近年では返済方法がリボ払いとなっている商品も存在するので、利用する際は事前によく確認をしておくと良いでしょう。

一方でカードローンは、お金を貸す「ローン」であり、まとまったお金を借りるのに適しています。返済方法は毎月一定額を指定日に支払うこととなっているので、大金を借りてもその返済に慌てる必要はないのです。また金利の面でもキャッシングよりも優遇されるケースが多く見受けられます。

つまり、キャッシングかカードローンかどちらが良いのかと言いますと、一時的な立替資金として利用するならばキャッシングが適していますし、まとまったお金を借りて少しずつ返していく予定ならばカードローンの利用が適切と言えます。

金融商品は一見利用の仕方が似ていても、その性質によって適切な使用方法が異なります。正しい知識を身につけ、上手に付き合いたいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.