銀行でも女性向けカードローンはあるか

キャッシングベスト3

女性向けのカードローン、銀行でもありますか?

女性向けとか女性専用のカードローンて、消費者金融かクレジット会社がやってるんですよね。ああいうところで借りると、金利がすごく高いって聞くんですが、銀行だったらそんなに金利高くないですよね。できれば銀行で借りたいんだけど、銀行でもカードローン扱ってるんですか?

銀行にも女性向け商品はありますよ

カードローンと言えば消費者金融かクレジット会社というイメージが大きいようですね。テレビやネットで大きく宣伝しているのがそういう会社ばかりなので、そんなイメージがついてしまうようです。

実は、カードローンはたいていの金融機関で取り扱っています。大手銀行はもちろん、地元の銀行や信用金庫、JAバンクでもカードローンを取り扱っています。女性向けと謳っている商品も結構多くて、ネットで検索するとびっくりするほどヒットします。

女性向けと一般のカードローンは何が違うのか?一番大きな違いは、非正規雇用で年収が少ない人でも借りられるかどうかということ。(こちらもご参考に→年収で決まるの?カードローンの限度額)一般的なカードローンは職業が安定していて、収入が一定以上ある人を対象にしています。しかし非正規雇用で働く人が男女問わず増えている現在、収入が少ないからこそお金を借りて給料日までしのぎたい人も多いはず。急な医療費や冠婚葬祭のために借り入れしたい人も少なくないですよね。そんな非正規雇用で働く人のために、入り口を低く設定したカードローンが「女性向け」と謳われているようです。

女性向けとあっても、審査が甘いわけではありません。お金は借りたら返すもの、返すあてのない人や、今までも返さないでトラブルを起こしてきた人に貸したい人はいません。そういう意味で審査はとっても大事。だから、今給料振込を設定している銀行は、あなたとの取引があることをプラスに考えてくれるから審査が少し甘くなると考えられます。いつも利用する銀行なら、ATMに行く機会も多いし、借りるのも返すのも都合がいいですよね。身近だから気軽だし、カードローンを賢く利用してみましょう。

銀行カードローンが用意している女性向けのサービス

個人向けのカードローンの中で銀行本体が提供してる商品の事は、銀行カードローンと呼ばれています。単なる呼び方だけの問題ではなく、消費者金融やクレジットカード会社の商品とは基準となる法律に違いがあります。消費者金融やクレジットカード会社は貸金業に分類されている業者であり、提供している商品は貸金業法という法律により規制されています。

これに対して銀行カードローンは銀行法という別の法律の規定に従って行われており、貸金業法による規則の対象外となっています。このために、消費者金融やクレジットカード会社の商品とは内容に違いがあります。特に大きく異なっているのが、女性向けのサービス内容です。

個人向けのカードローンの申し込み条件は、20歳以上で安定した収入がある人というのが一般的です。安定した収入には、アルバイトやパートタイムも含まれているので、これらで収入を得ている主婦も対象に含まれています。しかし、収入を得ていない専業主婦の場合は貸金業者の商品のほとんどは対象からは外れています。

銀行のカードローンは、専業主婦も申し込み対象に含まれているケースが少なくはありません。配偶者を審査対象とするケースと専業主婦本人が単独で申し込めるケースとがあります。配偶者を審査対象とする場合は、配偶者の同意書と共に、給与明細書や源泉徴収票等の収入証明書の提出が必要となります。また、配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかけられる事になります。

専業主婦本人の単独での申し込みを認めている商品の場合は、これらの書類の提出は不要であり配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかけられる事もありません。誰にも知られずに利用したいという女性の希望にそった商品内容となっています。一般の申込者よりも利用額が制限されているのがこのような商品の特徴であり、短期的な利用に限定するのが有効となります。

女性が安心して利用出来る様な環境を提供しているのが、サービスの特徴です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.