女性向けと一般的なカードローンの違い

キャッシングベスト3

女性向けカードローンは何が違うの

レディースローン、女性専用ローン、女性向けローン、主婦向け、などなど女性が借りやすいカードローンが増えてきましたよね。テレビでもネットでも、女性タレントがにこやかに「安心ですよ」「すぐ借り入れできます」って宣伝してるけど、普通のカードローンと何が違うのでしょう?

安心感が違います

主婦向け、などと書かれていますが、簡単に言えば「パート・アルバイト程度の収入しかない人でも貸します」という条件があること。審査が甘いというよりは、借り入れする人のハードルが低く設定されています。借り入れする人の収入が少ないとわかりきっているので、貸せる金額も少ない。

でもこれは男女関係ありません。最近は男性も非正規雇用者が多く、正社員でない場合は安定しない職業として審査に通りにくいのですが、初めからこういう人が借りられるように枠を設定してあるので、男性でも非正規雇用ならば「パート・アルバイトでもOK」というカードローンを選ぶ方が無難です。
(⇒自分の職業でカードローンが使えるか気になったら

その他に女性向けローンの何が違うのかといえば、受付や案内などのスタッフがすべて女性であるということ。女性がお金を借りるとなると、なんとなく後ろめたくてびくびくしながら借りる人も多いのに、男性の声でアナウンスがあると萎縮してしまうことも多いです。顔が見えるところで、イケメンのスタッフだったらちょっとラッキー!とか思って話も弾みそうですが、電話だったら顔見えないし。

その点、女性の声でアナウンスされたら、なんとなく安心しますよね。なんていうんだろう、同じ立場の人かどうかわからないけど、味方に思えるっていうか、親しみがあるっていうか。

それから、女性が申し込むのを前提としているので、女性だからと差別されないだろうという安心感もありますね。男性と女性が同条件で申し込んだら、男性が優遇されそうなイメージがありません?別に必ず片方を落とさなくちゃいけないわけじゃないので、必ずしもどっちかが落ちるわけじゃないのですが、イメージイメージ。

もし審査が通らなくても、女性だからダメだったんじゃなくて、自分になんか原因があったのだと納得もできますね。ちょっと利用してみる価値は、あるかも。

話題になってる女性向けカードローンってどんなサービス?

雑誌の広告やインターネット広告で話題になっている女性向けカードローンとは、一体どのようなサービスなのかというと、その名の通り、「女性専用のカードローン」です。現在では、多くの消費者金融や銀行が行っており、女性の方でも安心して借りることができるサービスが提供されています。

具体的には、「オペレーターが女性」や「店頭の担当者が女性の担当者である」などです。また、女性向けカードローンでは、金利が優遇されている金融機関もあり、非常に利用しやすくなっています。もちろん、店頭以外でもカードローンを申し込むことができるため、人目が気になるというのであれば、自宅でスマートフォンやPCを使い申し込むことも可能です。

また、女性向けだからと言うことで一般的なカードローンの仕組みとの変わりはありません。即日振込みをしてくれる場所もありますし、利息無料期間を設定しているところもありますし、審査までの時間も最短で30分で行ってくれるところもあります。大手の消費者金融などでは、一般的なローンと女性向けのローンとでの区別はしておらず、「担当者が女性かどうか」のみが異なっています。

女性向けローンのメリットとしては、「担当者が女性だから男性には相談できないような内容を相談することができる」という点があります。従来であれば、ほとんどの場合が男性の担当者で、女性特有の悩みを相談しにくかった場面が多かったのですが、女性専用のローンができたことで、そういった場面も解消されています。

また、大手消費者金融ではないのですが、女性専用のローンのみを扱っている会社も出てきており、まだまだ一般には浸透していないローンが浸透しつつあります。今後、女性専用のローンと言うのは、様々なタイプのものが出てくると予測されています。借りづらかった空気が一変して借りやすくなるため、主婦の方でも保証人なしで借りることができる時代が来ることでしょう。

契約に必要な書類や契約方法は、各社によって異なりますので、申し込みたいと思った会社のホームページで調べてから行動に移すとスムーズに申し込みを行うことができます。

【参考ページはこちら】
女性でも安心のカードローン、オススメはある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.