働いていても女性はカードローンの審査は厳しいか

女の人って、お金を借りるのが難しいとか聞きますね。働いていても、契約社員とか派遣社員だったら審査は厳しいらしいです。住宅ローンは絶対借りられないし、車もクレジットならいいけど、銀行のローンは通らないとか。カードローンを借りたいと思っているんだけど、やっぱり審査は厳しいですよね。

条件さえ合えば女性も貸してもらえます

今は女性専用とか、女性向けのカードローンがあって、アルバイトやパートの人でも借りられる審査の甘いカードローンが増えているんだって。考えてみたら、非正規雇用の人が男性でも増えているんだから当たり前かも。

で、カードローンはネットやスマホで申込みする人ばっかりだから、電話とか店舗とは違って相手が女性か男性かは書いてないとわかりませんね。だから、審査上で男女の差はあんまりないみたい。働いて定収入のある人は、それだけで審査が甘くなるみたい。

借りる額の上限が50万円までなら、収入証明は要らないから無職でもアルバイト・パートでもOK・・・とは言わないけど、他からの借り入れがなくて、それなりの額を稼いでいたら信用度が高くなるのは当然でしょ。収入証明が必要なほど借りたいときはもっとですよね。女性男性関係ない。最近は男性のフリーターやニートも多いんだし。(こちらもご参考に→自分の職業でカードローンを利用できるか気になったら

でもね、カードローンをいくつも契約してると、あとあとお金を借りるとき不利になる場合があるみたい。住宅ローンや車のローンを借りるとき、複数契約を多重債務とみなされてしまうとか、うっかり残高不足で引き落としされなかったのが延滞履歴になってしまっていたり。自分で管理できないほどのカードローンやクレジットカードはなんにもメリットがないので、本当に使う分だけ2~3枚持っていればいいらしいですよ。

【参考ページはこちら】
女性専用のカードローンは安心なの?

女性はカードローンの審査は厳しいから通りづらいです

女性がカードローンの審査が厳しい理由は、結婚すると苗字が変わって、記録上別人になるからです。つまり苗字が変わると過去の借入記録がどれかわからなくなるからです。実際結婚して自己破産して離婚して、旧姓に戻ったらカードが作れたという話が有ります。

それで厳しいところは、過去の記録が無い人は怪しいということでカードローンが初めてでも落とします。そして結婚している場合は旧姓まで聞かされます。そして旧姓でも信用情報機関に開示請求をして過去の経歴をチェックします。

女性の方でも結婚したらブラックじゃなくなるということで、住所も電話番号も違えば、全くの別人と安心してカードローンを申し込んできます。貸金業者も結婚しても変わらない下の名前や誕生日とかで調べます。それでもわからない場合は、クレジット会社は審査が厳しいから、クレヒスが無いからと落として、消費者金融は年収に合わせて貸して様子を見ます。

そして結婚している場合は、夫を審査して貸しても大丈夫か判断をしています。だから夫の方に問題が有ると貸さない場合が有ります。

だから女性の場合は若いうちからカードローンを借りた方がいいです。年取ってから借りようとすると経歴が真っ白だから、変に疑われて借りられるものも借りられなくなります。そしてさすがに結婚前だと思われる年齢で返済実績を作れば、クレジットカードを作る時カードローンの返済実績が、クレヒスとしてクレジット会社に認められて、クレジットカードが発行されやすくなります。

結婚前にカードを作っといて、結婚したら貸金業者に結婚したから苗字が変わりましたと報告しておけば、今後もカードを問題なく利用出来ますから、報告は怠らないことです。

女性はカードローンの審査は厳しいから、さすがに結婚前だと思われる年齢でカードを作ることです。そしてカードローンの経歴と返済実績を作れば審査の厳しいところでもカードを作れるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.