シングルマザーですが借金したい。カードローン借りられますか?

45歳、シングルマザーです。高校生の子どもがいます。部活や塾でお金がかかるので、生活がきついです。大学は奨学金をもらうので、それまでの辛抱だと思っていますが、あまりにきつきつだと子どもがかわいそうで。できれば少しだけお金を借りて、余裕を持ちたいのです。私でもカードローンで借りられるでしょうか。

条件次第ですが、借りられます

シングルマザーなんですか。一人で子育て、いろいろと大変でしょうね。お仕事はされていますか?お金を借りるには一定の収入が必要ですよ。カードローンの審査は決して甘くありません。元旦那さんから養育費をもらっていたり、亡くなったご主人の遺族年金を受け取っていても、収入とはみなされません。

成人していて、正社員でも非正規雇用でもいいからきちんと働いて給料をもらっていれば、借りたお金を返す能力がある人と判断されてお金を貸してもらえます。働いていなくてもカードローンを借りられるのは、夫や親などそれなりの収入がある人に扶養されている場合だけです。その場合は無収入で借りたい人が審査されているのではなく、収入がある夫や親が審査されています。

定職に就き、一定の収入がある女性なら、夫がいてもいなくても返済能力だけで審査してもらえますので、カードローンを借りることはできます。最近はネットで簡易審査をしてくれるサイトがあります。自分の年齢と年収、他からの借入額を入力するだけで融資可能かどうかを瞬時に判断してくれるのです。

入力するのは数字だけですから個人情報が流れることもないし、だいたいいくらくらい借りられるかの目安金額も表示されますから、自分が必要とする金額が借りられるのかどうか確認しましょう。

希望金額が借りられるとわかったら、今度は比較サイトを使って自分が借りられる金融機関を探しましょう。勤務年数1年以上とか、前年度年収200万円以上とか、パート・アルバイト可能などの条件をよく見て条件に合っているところを選びます。その中から、自分が借りたい金額を融資してくれる会社を選びます。

最後に、条件が合うところから金利が一番安いところ、自分でここなら借りたいと思う会社を選んで審査の申し込みをします。

自分が希望した会社で貸してくれるとは限りません。でも、条件が合う候補は他にも残っているはずですから、一つの会社で審査に落ちても、他の審査が甘い会社なら貸してくれるかもしれません。ただ、あまりたくさん審査に落ちた履歴を残してはだんだん借りにくくなります。

審査は銀行系のカードローンの方が厳しく、信販系やクレジット系の会社は甘い傾向にありますから、銀行系で落ちたら次は信販かクレジット系にしてみましょう。銀行の名前がついていても信販系である場合がありますから、よく読んで確認してください。
(⇒カードローン選びに重要な審査基準

そうそう、給料を振込してもらっている口座がある銀行でも、カードローンやキャッシングができることが多いですよ。ATMのまわりにパンフレットが置いてあることが多いですから、一度もらって見てみましょう。融資条件がOKなら、案外お付き合いのある銀行であっさり借りられる場合もありますよ。

借金を返済するシングルマザーはカードローン会社の信用を得る

カードローンの審査では、申込者に返済能力があるかどうかという部分が一番重要視されます。返済能力のない人にお金を貸したとしても、返ってこないわけですから、そうなると貸金業者は丸損ということになってしまいます。たとえ、その人が今まで社会的なトラブルを起こしていなかったとしても、同じです。いい人だからお金もちゃんと返してくれるだろうという考え方を貸金業者はしません。逆にちゃんと返済してくれる収入のある人なら、どういう人でもお金を貸すと考えています。

たとえば、高校を卒業してからずっとフリーターで独身で親と同居しているという人がいたとします。社会的には一人前とは見られないかもしれませんが、アルバイトとしてずっと安定した収入があり、また、高校卒業後に作ったクレジットカードの返済を遅れることなくしているということであれば、貸金業者が考える信用はかなりあるということになります。

貸金業者は、クレジットカードの利用は借金しているのと同じなので、それはマイナスという風には考えません。借りたお金をちゃんと返済しているのは信用出来ると考えるのです。なので、カードローンの審査に申し込んでも通る可能性があるでしょう。

シングルマザーも同じことです。たとえば、夫と離婚して、その後、実家に子供と一緒に戻って働きながら育てている人がいたとします。親と同居しているフリーターと同じく、社会的には一人前ではないかもしれませんが、安定した仕事に就いていて、安定した収入を得られているのであれば、貸金業者からすればカードを発行するに足る人ということになります。

逆に、実家を出て暮らしていて、友人や知人には迷惑をかけず、食事をおごってあげたりするような人であっても、カードの返済をしないという人であれば、貸金業者は信用出来ない人だと考えます。つまり、一般人が考える信用出来る人と、貸金業者が考える信用出来る人は違う場合もあるということです。

【参考ページはこちら】
女性にオススメのカードローンがあるキャッシング会社

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.