カードローンを借りるのは問題ないか

キャッシングベスト3

女ですがカードローンを勧められました。借りても大丈夫?

27歳の女性です。カードローンを借りたらどうかと勧められたのですが、考えたこともなかったので心配です。借りても大丈夫なものですか?

借りることは怖くないけど、借りる必要はあるか

カードローンを勧められたというのは、どういう場面でしょうか。銀行など自分が利用している金融機関で言われましたか?それとも、生活費に困っている話を誰かとしていて勧められたのでしょうか。

給与口座のある銀行などで勧められた場合は、あなたに信用があるので貸してもいいと判断されたのかもしれませんから、心配はいりません。窓口などでは積極的にカードローンを勧めることもありますが、ビジネストークですからあまり気にすることはないのです。どうしても生活上お金を借りたいと思っているのなら、勧めてきた銀行で借りるのがよさそうです。利用履歴があって延滞などなければ、きっと審査も甘いでしょう。

一方、知人から「生活費に困っているならカードローンが便利でいいよ」というような話をされたのなら、ちょっとした情報をもらったくらいに留めておいたらいいでしょう。カードローンを利用するかしないかはあなたが決めることですが、お金を借りる手段はカードローンに限らず、自分の定期預金を担保に借りるとか、生命保険の契約者貸し付けを利用するなど、他にもたくさんあるからです。どういう商品を利用するのかは人それぞれですし、いくら必要か、いつ返せるのかによってはカードローンがあっていることもそうでないこともあります。

ただ、単純に「カードローンは怖くないのか?」という意味なら、心配は無用です。お金を貸す業者を取り締まる法律ができたので、返しきれないほど借りることはできなくなっていますし、借りる条件、返す方法などがインターネットにきちんと明記されていますから、借りる前によく吟味して商品を比べることができます。納得のいかない契約をしないよう、じっくり調べることが大事です。

【参考ページはこちら】
カードローン審査は男女で差があるの?

男女差別のないカードローンを探してみました

カードローンは女性には厳しいと言われてきました。女性がカードローンを利用しづらいのは主婦の方が多いことや月収制の会社員でも給与の面で厳しいことがおおかったり、また、あってはならないのですが、女性というだけで審査が通らないカードローンも少なくなかったようです。

しかし、現在ではバリバリに働いている女性も増えていますし、主婦でも利用できるカードローンも生まれています。女性だからといって審査が厳しいということはありません。最近のカードローンのトレンドは差別の撤廃です。差別とまでは言わずとも通りづらかった理由をとにかく減らしていると考えていいようです。

通りづらいと言われていた事はいくつかありました。1つは性別。2つ目は職業、3つ目は年齢でです。性別については逆に専用のカードを作ってポイントアップなど優遇しているローンも登場しており、差別ではなく、優遇していることが多いようです。

職業についてはこれまでのローン審査が月収ベースでの審査だったこともあり、サラリーマンやOLに有利だとされてきましたが現在では月収ではなく、年収での審査が一般的になったことで職業での差別はほぼありません。また、通りづらいといわれてきたアルバイト・パート、個人事業主や年金生活者まである一定の年収があれば職業に関係なくローンが利用できるようになっています。

3つ目の年齢については65歳を超えるとローンはほぼ通らないと言われていましたが、退職後も年金生活である程度の年収が期待される場合や第二の人生で働いている方も多いため、年令に関係なく収入によって審査を行う体制ができています。(こちらもご参考に→年収とカードローン借入金額の関係

ローンサービスは時代とともに改善、改良されてきています。これまでは確実に返してもらえると勝手に決めた方にだけのサービスでしたが、広く利用者を募り、確実にかえしてくれる方の認定を増やす異傾向があります。また、利用者には特典を増やして顧客満足度を上げるように日々努力しているようです

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.