個人事業主のカードローンの利息は経費?

キャッシングベスト3

個人事業主の場合はカードローンの利息は経費なの?

個人事業主の場合、カードローンの利息は経費になるんでしょうか?もし経費になるなら確定申告して還付金が返ってくることもあるんですか?個人事業主としての仕事は長いのですが、カードローンは初めて使ったのでよく理解できていません…。よければ詳しく教えてください。

カードローンの利息は経費として扱われます

個人的にカードローンを利用してお金を借りた場合においては、その金額が経費として扱われることはありません。ただし、カードローンを利用した目的が個人事業における業務に関わるものであった場合には、経費として申告することができます。何か事業のために購入しなければならなくなり、そのためにカードローンを使った、という場合などですね。個人的な目的か事業用としての目的か、というポイントによって経費になるかどうかが分かれるので注意しておきましょう。

そして質問者さんが気にしてらっしゃるのが、カードローンの利息ですよね。カードローンの利息はどうなるのかというと、実は利息は経費として扱われます。また手数料なども経費として扱われる可能性が高いので、あらかじめ併せて計算しておいた方がいいでしょう。利息や手数料を経費として落とすことができると、かなり節税することができます。

もちろん借り入れ金額などにもよりますが、まずは気になったものは経費として考えておき、後で税務署に相談してみるといいでしょう。経費として扱われるものなら確定申告書に記入してもいいので、漏れがないようしっかり記載しておくようにしてください。

しかし、相談をした結果、経費としては扱えないという場合は仕方がありません。申告をするものではないということなので、節税をしたい場合はまた他の面でやりくりするようにしましょう。また、カードローンは使い道が自由なサービスであるため、どのような目的のためにいくら使ったのか、自分自身でしっかり把握しておくことも大切です。使った金額や使った目的などにしっかり責任を持ってカードローンを利用していきましょう。

【参考ページはこちら】
起業したばかりでも個人事業主向けカードローンは使える?

個人事業主のカードローンの利息は経費として認められます

個人事業主として事業を行っている人の多くは節税にいろいろな工夫をしています。実際には税理士に依頼をして税金の対策を考えることも多いでしょうが、どの場合でも税金を安くするために様々な工夫が行われるのが普通です。税金は、課税される利益に対して税率を乗じて計算するのが基本なのですが、この奇異ほんとなる利益は収益から経費を差し引いて計算されます。

ですから、同じだけの収益があっても、経費がたくさんあれば、それだけ税金を安くすることができるのです。これが節税の基本なのです。同じような費用がかかっても、経費とすることができなければ節税には使うことができませんから、何らかの支出があったとして、それが経費になるのかどうかは非常に重要な問題だと言えるでしょう。

個人事業主がカードローンを利用した場合に支払う利息は経費として認められます。ですから、利息を支払っても、節税できる分だけ有利になるという点に注意しておく必要があります。例えば、税率が40%であるとします。そして、カードローンの利息に合計で10万円を支払った場合を考えてみましょう。

このとき、10万円は経費として認められますから、資金を調達するために10万円かかったと考える事もできるでしょう。しかし、これが経費として認められなかった場合には、10万円に対する税金、つまり4万円を納めなければならないのですが、10万円が経費として認められた結果、この4万円を納めなくて良くなるのです。ですから、実質的には6万円の利息を支払っていることになります。

ですから、節税まで考えた場合には、実質的に支払う利息の金額は、税率に応じただけの節税効果を期待する事ができます。ですから、支払った利息の金額に(1-税率)を乗じただけの金額が実質的な利息の金額になるのです。この点を考えて資金調達コストを計算することは必要です。そう考えれば、税率が高いほど実質的にかかる資金調達コストは安いことに気がつくでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.