カードローンでの資金繰りで開業をしたい

キャッシングベスト3

カードローンでの資金繰りで開業をしようと思っています

カードローンでの資金繰りで開業しようと思っています。しかし、開業資金を全てカードローンで借りられるか心配です。もちろん自分で準備できるお金は準備しますが、カードローンでは資金繰りのためにどのくらいまで借り入れできるようになっているのでしょうか?

まずはカードローンの限度額をチェックしてみましょう

カードローンで資金繰りをして開業をするということなので、借り入れする金額も高額になることでしょう。資金繰りのためにカードローンを利用する場合は、やはり高額の借り入れが可能でなければなりませんから、まずはカードローンの限度額をチェックしてみましょう。カードローンはそれぞれ利用限度額が決められています。限度を超える借り入れはできませんし、限度額内であっても返済に無理がかかる金額は借りない方が身のためです。

質問者さんは借り入れしたい金額はおおよそ決まっているでしょうか?もし決まっているなら、その金額に合った限度額のカードローンを契約しなくてはならないので、銀行や消費者金融といった様々な金融機関のカードローンにおける限度額を一つ一つチェックしてみてください。どちらかというと消費者金融よりも銀行のカードローンの方が最大限度額は高めになっていますので、銀行のカードローンを中心に資金繰りに利用するサービスを探してみるといいでしょう。

銀行カードローンなら比較的低金利なので返済の負担もあまりかかりません。もちろん返済負担は借りた分だけかかることになるので、高額を借りる際にはどのくらいの利息がつくのかしっかり計算してから借り入れをするようにしましょう。

また、資金繰りをするならカードローンではなくフリーローンなど利用することもできますよ。銀行では使い道が自由なフリーローンというサービスも提供されていますから、カードローンとフリーローンどちらを利用した方がお得か、よく考えてからサービスを選ぶようにしましょう。

ちなみサービスによっては事業用にカードローンを利用できない、フリーローンを利用できない、というケースもあります。資金繰りのためにサービスを利用できないこともあるので、あらかじめ禁止されている使い道についてもよく調べておいた方がいいでしょう。

【参考ページはこちら】
一番安全なカードローンは消費者金融よりも銀行?

カードローンでの開業にはリスクがあります

カードローンでの開業をするためにはリスクがあることを知っておく必要があります。開業するときには何かとお金が必要となりますから、そのときには銀行などから借り入れをするのが普通です。しかし、銀行から借りるためには信用力が必要となります。すでに事業を行っていて信用力があるのなら借りることができるでしょうが、これから開業しようと思っている人にとっては難しいです。

そのために、たとえば政府系金融機関から借り入れをしたり、あるは政府系金融機関に債務保証を付けてもらったりして、何とか資金調達をしようと考える人は多くいます。こちらのほうが審査は緩いですから、どうしても必要だという人にとってのメリットは大きいでしょう。

それでも借りることができない場合に限ってカードローンで資金調達をするべきです。なぜなら、カードローンは相対的に金利が高いからです。金利が高いですから、支払う利息の負担も大きくなりがちです。10%を超える金利で借り入れをして、それを支払っていくことができるだけの事業なら良いのですが、そうではないのなら借りるべきではないでしょう。

ですから、賢い使い方としては、一時的な資金や、あるいは少額の資金に使うべきです。カードローンは金利が高い傾向にあるのですが、借り入れる期間を短くすれば利息の金額を安くすることは可能です。また、少額であれば利息を小さくすることもできます。ですから、このような使い方であれば非常に便利なものだと考えられるのです。

開業となれば事業目的の資金用途となります。個人向けのカードローンでは、事業資金としての利用を禁じていることもありますから注意しなければなりません。利用用途として認められているのかどうかを確認することは必要ですし、見つからなければビジネスローンなど、ビジネス向けの提供されているカードローンを選んでおいたほうがよいでしょう。個人事業者でも借りられるカードローンを選ぶのが良いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.