カードローンで主婦が借金をすること

キャッシングベスト3

カードローンで主婦が借金をすることは周りからどう思われる?

私はカードローンで借金し、返済中の主婦です。私自身パートで働いていますから、カードローンを使うことはできました。ただ心配なのが周りの目です。いつもATMで借り入れをして返済をしていますが、周りにカードローンを使っていることがバレているんじゃないか?と心配になります。実際にバレていたとして、カードローンで主婦が借金することは周りからどう思われるんでしょうか?あまり良くないことなのでしょうか?

最近ではカードローンを利用する主婦も増えてきています

カードローンは男性が使うイメージ、借金は悪いイメージ、といったように偏った見方をしている人も少なくありません。しかし、近年では女性向けのカードローンも増えてきていますし、主婦でも利用できるカードローンも多くなってきています。実際にカードローンを利用している主婦もみなさんも増加傾向にありますしね。

借金に関してはやはり悪いイメージは付きまといますが、正しくカードローンを利用していればトラブルが起きることもありませんし、むしろ金銭面が助かることもあるのです。要するにカードローンは、利用するサービスの特徴や利用者自身の使い方次第でイメージとは真逆のものにもなるというわけです。なので、質問者さんもカードローンを利用していることを良くないことだと決め付けてしまうことはやめましょう。

もちろんカードローンで借りたお金を返していないとか、いつもお金を借り過ぎているとか、返済をしていないのにまたたくさん借りてしまったとか、問題のある使い方をしている場合はその借金は「悪いこと」になります。使い方に問題がなければ、カードローンはいくら利用しても構いません。基本的に使い道が自由となっているのがカードローンのメリットですので、そのメリットを上手く活かしながらカードローンと付き合っていくようにしましょう。

あとはカードローンの利用が周囲にバレてしまうことですが、カードローンでの借り入れを銀行口座への振込にする、カードローンの返済を銀行口座からの引き落としにするなど、使い方次第で利用していることをバレにくくすることはできます。

ATMなどを使うとカードローンを利用していることがバレやすくなるのですが、自分の銀行口座を使えばその口座内で全ての取り引きが行われるので、周囲にはバレにくいのです。主婦のみなさんは特に気にするポイントなので、質問者さんもぜひ銀行口座を利用して借り入れや返済をしてみてくださいね。

主婦でも借金ができるカードローンについて

カードローンは日割り計算で利息の算出をしていますし、少額からの借り入れができますので、利息が高いとはいっても計画的に利用すれば少ない負担で必要なときに必要な金額を補うことができて便利です。そのため、主婦で借り入れを使用とする人は多いですが、これらの需要を見込んで金融機関側も、継続して安定した収入がある人であればある程度利用できるようになっています。しかし、中には専業でまったく収入がない人もいますが、こういった場合には別の方法で借り入れができるようなところもあります。

元々、カードローンやキャッシングといった借金については、貸金業規制法という法律で、銀行系以外からの借り入れについては利用者の年収の3分の一以下と制限が課せられています。逆に言えば、無収入の人に関しては審査に通っても全く融資ができないと言うことになりますが、専業主婦の場合には、配偶者が合意すれば配偶者の収入と合算して審査を受けることができます。

この場合には、配偶者の合意書や収入を証明する書類などが別途必要になりますし、配偶者の勤務先に在籍確認の駄目の電話もかかってきます。しかし、無収入の主婦であっても借り入れをすることができますので、生活費が不足したときなどのために利用している家庭は少なくありません。

この場合、当然配偶者が借り入れをするときには既に借入をしている金額を考慮した限度額が設定されますが、主に生活費などで妻の方が借り入れをすることが多いという家庭では、夫婦揃って借り入れをすることはそれほどありませんので特に問題にはなりません。消費者金融系だけでなく、金利の低い銀行系でもこういった方法で無収入の専業主婦が借入をできるところがありますので、探してみると良いでしょう。

申し込みはインターネットや郵便などで完結できるところもたくさんありますので、外出するのが難しいという人でも自宅から簡単に手続きを済ませることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.